白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

SIMフリーの4Gルーター 海外輸入転売は出来る?

私が購入した富士ソフトのWM340、先週イオシスで入荷を確認したNI-760Sなど、SIMフリーでLTE対応のモバイルルーターが人気っぽいので、海外から安く買い付けられないかと画策しています。

WM340もNI-760Sも、現在(2月25日)はイオシス通販用の在庫は欠品中。NI-760Sの再入荷を私が確認したのは5日前でしたが、昨日も売り切れていたので3~4日で30台以上の在庫が捌けてしまいました。

→2月20日:激安LTE SIMフリールーターNI-760S再々入荷 MVNO需要で人気?
→2月2日:DMM mobileをWM340で使う 1年16764円で始める格安スマホ

docomo系のMVNOで使えるLTEルーターが1万円切りというまさに「格安」だったことが人気のポイントだと思いますが、なかなかこの価格帯を個人輸入で実現するのは厳しいっス。

米アマゾンやebayではたくさんのSIMロックフリーのLTEルーター自体は見つかります。価格もそこそこ安いのですが、輸出入の手間・利益まで確保することを考えるとビジネスとしては成り立ちそうにない感じ。

いくつか私が検討したモデルを記録用にピックアップしてみましょう。転売はともかく、自分で使う用としてならコスパの良さそうなモデルも混じってるかと思います。

*バンドはチェックしていますが、日本のSIMで使える保証はありませんのでご注意を。

☆「Sierra Wireless 763S Mobile Broadband Route 

チェック時の価格は約57ドル(6,776円)。日本への送料・手数料で+15ドル掛かります。交渉して送料を安く、大量輸入が出来ればなかなか?
対応バンド:LTE 1700 Mhz (AWS Band IV) / AWS/2600 MHz (Band VII)
•HSPA+/HSPA 850/1900/2100 MHz

メーカーHPでは2100MHz(Band1)にも対応しているモデルがあったはずですが、販売元によるのでしょうか。1700/2600MHzだけだと国内のLTEは接続でき無さそう。

☆「ZTE MF90 Pocket LTE

国内ショップでこの機種の旧モデルであるMF60というのがあったので調べてみましたが、LTEは国内では怪しいです。3Gは繋がりそうなので、そちら専用だと思えば・・・。いや、高いか。

現在の価格は約61ドル(7,251円)+送料手数料が8ドル。
requency (4G) LTE FDD 800/18002600 MHz
Frequency (3G) UMTS 900/2100 MHz
Frequency (2G) GSM 900/1800 MHz
MF60でも1万円以上で国内で売られているようなので、海外で使いたいユーザー向けなら有りかも?

☆「AT&T Sierra Wireless 754S

これもLTEは国内では使え無さそうですが、アマ○ンでは9千円前後で輸入品が出ています。国内のSIMで3Gなら繋がるみたいですね。

現在価格は約49ドル(5,825円)で送料手数料は掛からないようです。この価格なら3G用として使えなくもなさそう。もちろん使える地域に旅行に行って現地SIMで活用することも出来るはずですね。
対応バンド:LTE 700/1700 MHz (AWS), UMTS 850/1900/2100 MHz, EDGE/GPRS/GSM 850/900/1800/1900 MHz

☆「Alcatel One Touch Y855 4G Router

これは多分まだ日本には入ってきていないモデル。2014年のLTEルーターで、対応バンドが多いです。
4G BAND: B1/B3/B7/B8/B20 (2100/1800/2600/900/800mhz)
3G BAND: B1/B2/B5/B8 (2100/1900/850/900mhz)
2G BAND: GSM/GPRS/ED​​​​GE 850/900/1800/1900mhz
Band1,3,8あたりは日本でも使われているので、利用できそうな感じ。

価格は80.13ドル(9,527円)に送料手数料で約10ドル(1,172)が掛かります。仕入れとしては1万円ちょっとと上記の機種たちと比べると高いですが、たぶん国内LTEで使えるならまぁまぁでしょうか。

バッテリー容量は1800mAh, 本体重量は138グラムです。連続利用時間は約6時間になっています。

ただ、このクラスとなるとやはり1万円台半ばくらいで国内で取り扱われているモデルと性能も値段も近いので、輸入ビジネスとして成り立つとはちょっと思えません。もっと安く仕入れられれば機種仕様は悪く無さそうなのですけども。


こんな感じで、国内ですでに取り扱われているモデルは個人では太刀打ち出来ないくらいの価格で売られていますし、未発売のマイナー機種だと既存の利用確認情報が見つからず、そもそもバンドの違いで使え無さそうなモデルもいっぱいあり、機種選定が難しいですねぇ。

趣味で輸入モデルを楽しむなら良いですが、なかなかビジネス商材としては取り扱いの難易度は高めでした。ただSIMフリーのLTEを使いたいだけならイオシスでの再入荷を待った方が楽そうでした(笑)




by ke-onblog | 2015-02-25 11:11 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。