白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

UQモバイルで10000円キャッシュバックの新キャンペーン開始

au用のMVNOとして登場したUQ mobileですが、スタート後イマイチ料金面での安さにメリットを感じられないな~と正直思っていました。が、3月6日から4月末までの期間で大幅な割引キャンペーンを打ってきました。

☆「UQ mobile

MVNO系列として1万円のキャッシュバックは金額的には大きい(しかも郵便為替発行なので現金で受け取れる)のですが、ちょっと条件が。。。

キャッシュバック対象になるには以下の条件をすべて満たす必要があります。

・申し込み対象が音声付きのプランであること
・UQショップで端末をセット購入すること
・端末補償サービスへ加入必須(有料オプション)


条件1個め、音声付きのプランはまぁ良いでしょう。UQ mobileでは2GBプラン/980円または低速無制限プラン/1980円に+700円で音声付きプランになるわけですが、これは他社でも似たような相場です。UQの場合は音声通話プランにすると最低利用期間が12ヶ月になる点も注意です。

2GBプランのほうは同じくauの格安SIMであるmineoでもあまり変わらないので、UQを使いたい人なら無制限プランの方を選ぶ人が多いでしょうか。

条件2個め、これが厳しい。auのMVNOを利用する大きなメリットとしてauで販売された(ドコモ端末に比べて)割安な白ロムが利用できるということがあるのです。UQの端末が悪いとは言いませんが、わざわざセットで買わなくてももっと高性能だったり安い端末がいくらでも白ロムショップやヤフオクで買えますので・・・

セットになる端末はKC-01(29,760円)かLG G3 Beat(34,800円)。このスマホはau仕様になっているのでSIMロックが掛かっているそうです。G3 Beat自体は海外のSIMフリーモデルを買っても2万数千円です。それがau限定になって3万円超ではね・・・。

条件3個め、端末補償サービスは月額380円のコストが掛かります。キャッシュバックの判定が行われる「申し込みの翌月末」を超えれば解除しても大丈夫です。なので実質コストは3ヶ月分の1140円分で良さそうです。

端末が要らない場合は売却するとして、定価マイナス5000円くらいで売れてくれればCB1万円でカバー出来ますが、それ以下にしかならないようなら最初からCBなど無しで端末を他所から仕入れたほうが便利に使えるのではないかな~と思います。

まだヤフオクにはどちらの機種も白ロムとして販売がほとんどされていないみたいですから、先発優位性を獲得出来れば安く契約出来そうとも言えます。

普通にセット機種が使いたい・他の白ロムを自分で準備するのが面倒だ~という人には便利なキャンペーンではあります。キャンペーンは4月30日末までの申し込み分なので、よく自分に合うプランかどうか検討してみたほうが良いです
by ke-onblog | 2015-03-07 08:42 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。