白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

DMMモバイルの格安SIM 3月になって下り速度が速くなった気がする

私だけでしょうか。

普段全く使っていないのでいつからなのかはよく判りませんが、ドコモ系MVNOのDMM mobileの回線速度が以前(2015年2月頃)より良くなった気がします。

2月19日のDMM Mobileスピードテスト結果

以前はせいぜい下りで15Mbps、平均的な実測としては3~5Mbpsだったのですが、一昨日~今朝方にかけて再び速度テストを繰り返していると(スピードテストだけで300MB以上(月1GBプラン)使ってしまいました)、最高で46Mbps(夜中の3時頃測定)まで出るように。

速度テストに使った端末は富士ソフトのSIMルーター WM340と ARROWS X F-10D。以前測定に使っていたWM340の端末のせいで遅かったのか?と思って両方で2015年3月11日午前6時半頃にスピードテストをやってみるとどちらの端末でも22Mbpsくらいでした。

WM340もF-10DもLTEはBand1しか掴まないはずなので、規格的には速度は同じで当然なのでしょうか。

お昼時のピーク時は相変わらずゴミみたいな速度しか出ませんし、昨日夜に人混みの中で測定したら0.3Mbpsという燦々たる結果ではあったのでやっぱり常用はきっついな~という感じはしますが、それさえ外せばかなり快適。

ちなみにこの30~40Mbpsという速度はネット上にある他の方のスピードテストの結果でもそのくらいなので、むしろこれまでの私の測定結果3Mbps前後というのが遅すぎただけかもしれません。

スピードが出すぎると1GBなんてあっという間に使いきってしまいそうで逆に怖い。20Mbpsで通信したとして、理論的には7分足らずで1GB使い切れますから(DMMは高速通信が残っている間はたしか速度規制は入りません)。

MVNOだとサービス開始から時間が経ってユーザーが増えるとどんどん遅くなるものかと思いましたが、そこそこ頑張っているようです。あとはこれでピーク時にもう少し速度が出たらさらに快適度が上がるのですが・・・。惜しいです。


by ke-onblog | 2015-03-11 07:22 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。