白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

docomo SH-02E白ロムをOCNの格安SIMで使う APN設定方法

MVNO設定第4弾はシャープのAQUOS PHONE ZETA SH-02Eです。2015年の今でも十分使える高性能モデルなのでなかなかオススメです。

ヤフオクでの価格相場は傷の多い中古品で1万円弱、美品レベルは15000円程度、新品クラスは2万円くらいですね。

☆「ヤフオク SH-02E 本体出品一覧

この前ノジマの中古品に8千円くらいで白ロムが入ってたので買おうかと迷っている間に売り切れていたということもありました(笑)

d0262326_2245788.jpg

この実機は前回と同じく「Pure mobile one 春日部店」さん提供です。販売用に仕入れた白ロムだそうですが、動作も快適そうなので自分用にしようかな?と店長さんもお気に入りのようでした。お店では白ロムの買取もされていますので、SH-02Eなら高く買い取ってくれるかもしれません(笑)

SH-02Eは2012年11月のAQUOS ZETAシリーズの前身ですね。え~と、SH-09D, SH-02E, SH-06E, SH-01F, SH-04F, SH-01Gの順番かな?SH-02Eは2世代目、現行機種のSH-01Gが6世代目のはずです。

4世代も前のモデルで一見古そうですが、Snapdragon S4 ProのCPUは1.5GHzクアッドコア・RAM 2GBのハイスペック機種です。それこそ最近の2~3万円前後の格安SIMフリー機種と比べればSH-02Eの方が高性能です。

4.9インチIGZO HDディスプレイ、約1630万画素カメラ、ワンセグ、防水防塵性能、2,320mAhバッテリー搭載です。Androidは4.1へアップデートして終わっています。

ドコモのLTEはBand 1,19,21に対応していますので、ドコモ系MVNOとの相性も十分です。今回はOCNのSIMを使って設定していきます。

SIMをまだ持っていない方は下記公式サイト等で先に手に入れて下さい。

☆「OCN モバイル ONE

SIMカードはmicroSIMサイズです。本体の右上側にmicroSDと一緒に入れる場所がありますので、方向と指す場所を間違えないように気をつけて下さい。ICチップの金色の基板がある方がディスプレイ側(表)です。
d0262326_2383656.jpg


APNの設定方法は他のAndroid端末の場合とほとんど同じですので、Androidスマホで一度でもやったことがある方は簡単に出来ると思います。

まずはロック画面を解除してホーム画面を表示して下さい。左下にある四角が4つあるアイコンをタップしてメニュー画面を開きます。(一番下にある右から2つ目の【≡】みたいなメニューから開くことも可能です)
d0262326_2424468.jpg

メニューリストが出てきたら下側に移動し、【基本機能/設定】の中にある「設定」のアイコンをタッチします。
d0262326_244456.jpg

続いて「ネットワーク設定」の項目に移動しましょう。
d0262326_2465877.jpg

さらに一番したの「モバイルネットワーク」をタップしてください。
d0262326_2475472.jpg

モバイルネットワークの設定の中で、まずは一番上の「データ通信を有効にする」という項目にチェックが入っていることを確認して下さい。このチェックがないとSIM設定をちゃんと行ってもアンテナが立ちません。それから「アクセスポイント名」をタップして次に進んで下さい。
d0262326_2482386.jpg

APN(アクセスポイント ネーム)のページに移動したら、下に出ているメニュー画面で「≡」をタッチして出てくる「新しいAPN」という項目を選んでください。
d0262326_2501069.jpg

表示された各種項目を設定していきます。

OCNの場合は以下の5個の情報を入れてくださいね。それ以外は入れなくてもOKです。

名前:OCN(なんでもいいですが、OCNにしておけば判りやすいです)
ユーザー名:mobileid@ocnなど(OCNから送られてくる用紙に書かれています)
APN:lte-d.ocn.ne.jp (LTE端末用)
パスワード:OCNから送られてくる用紙に書かれています
認証タイプ:CHAP(推奨) / PAP

5項目を入れ終わったらもう一度【≡】メニューをタッチして、「保存」をタップします。あと少しで設定は終わりです。
d0262326_2581652.jpg

一つ前の画面に戻ると先ほど設定した名前(OCN)のアクセスポイントが増えていますので、これにチェックを入れれば、SIMを認識してネットワーク接続が開始されます。
d0262326_305369.jpg


設定が終わったらアプリやインターネットブラウザを開いて画面が表示されるか確かめてください。

OCNモバイルONEではスマホやタブレットとのセット販売も行われていますが、テザリングをさせないならドコモの白ロムで上記の様に設定をしてやれば結構簡単にネットが楽しめます。料金はデータ通信だけなら月額900円~、音声通話付だと1600円~です。

SH-02Eは防水機能付きなので屋外でスマホを使ったり、お風呂場でもネットを楽しみたい方にはオススメですよ~




by ke-onblog | 2015-03-17 03:04 | 格安SIM(MVNO) | Comments(6)
Commented at 2015-03-17 08:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2015-03-17 09:36
>ちいさん、おはようございます^^

OCNの手数料無料キャンペーンはなかなか良いですね!3240円だと2ヶ月分の維持費と同じですものね(笑)

他のMVNOに比べて圧倒的に大規模なOCNはやっぱりサポート力は高いのですね。小さな企業がやっているMVNOだとどうしても対応がショボくなりがちですね・・・。

MVNOは料金争いが続いていますが、行き着くところまで行ったら最後に生き残るのはサービス力のあるところかもしれませんね。
Commented at 2015-03-17 19:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2015-03-17 20:13
>ちいさん、こんばんわ~

短期理由でBLに入るとソフトバンクでは180日が一つの基準と言われています。120日はたぶんauの話題かと思われますね~(SBでもあるのかもしれませんが)。ただ、短期解約も回線数が多くなると1年以上経ってもブラックのままとい方もいるみたいですので、未払が無かったとしても重めのBL入りとなる可能性もあるようです。

SBではBL判定されたときに喪明けの時期を伝えられることはまず無いようです。理由も「総合的」と言われるだけで教えてくれないですからね・・・
Commented at 2015-03-17 21:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2015-03-17 21:45
>ちいさん

未払い等が出来てしまって預託金発生くらいまでなら聞いたことがありますが、最近のドコモのBL期間については私はほとんど事例を知りません。一旦ドコモBLになってしまうとかなり長め(年単位)とは聞いたことがあります。喪明け後も委託金は1台につき5万円くらいになりますので、複数台は厳しいですね・・・

キッズ携帯の押し売りに負けてしまったのはイタかったですね>< そういうお店は多少条件が良くてもスルーした方が良いです。隙を見せるとコンテンツや付属アクセサリーなども売り込んできますから。

MNP相場も将来どうなるか分かりませんのでもう少しゆったりと構えて、6ヶ月以上維持を心がけて回したほうが良いですね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。