白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

大学生におすすめノートパソコン 6~8万円くらいで大体なんでも出来る機種

もうすぐ進学・入学シーズンですが、この機会にパソコンを入手・新調しようという方も多いと思いますので、今日はそんなネタでいきます。

パソコンに詳しい方は好きなもの自由に探すなりカスタマイズするなり出来ますが、初めてパソコンを購入する場合はなかなか何を、どう選んでいいのかすら判らない方もいると思います。

量販店でそれなりに高いパソコンを買えばほぼなんでも出来る、というのはまぁ正しいのですが、パソコンに
10万円も20万円も出すことは出来ないという方(主に学生)向けに、とりあえず安めでひと通りなんでも出来るノートパソコンをピックアップして紹介してみましょう。

VAIO Fit 15E/69,800円~(税別)

icon
icon

先日「VAIO Z」という20万円もするモンスターパソコンを発表したりしましたが、ソニーのスタンダードノートパソコンで最も安いシリーズは10万円以下で十分新品が購入可能です。

15.5インチのワイド画面でタッチパネル対応可能(+5000円)、DVDスーパーマルチドライブ搭載でDVDを見たり作ったり出来ます。ワードやエクセルを使いたいならオプションでOffice Personal 2013(+18,000円)を追加して下さい。オフィスソフトを追加するだけならまだ87,800円。

ソニーストアの保証期間は3年です。

CPU:Core i3-4030U(1.90GHz)
メモリ:4GB
ストレージ:500GB HDD
本体重さ:2.5~2.7 kg


HP Pavilion 15-p200icon/ 49,800円~(税抜)

日本HPの15.6インチスタンダードノートシリーズ春モデルです。14インチのパソコンもありますが、一般向けならこちらの15インチ版のほうが性能が高めで万能。
icon
icon

上記のソニーVAIO Fitに比べて劣るのはディスプレイ。解像度が「1366×768」となりますが、普通に使う分には画面が荒くて気になるということは無いと思います。

オフィスソフトの追加は「Office Home&Business Premium」が通常+28000円ですが、キャンペーンで+20000円で合計69800円~で付けられます。

CPU:Core i3-5010U
メモリ:4GB
ストレージ:500GB HDD
本体重さ:2.27 kg


パソコン工房 15P1220-C-FXBicon:61,980円~(税別)

今回のイチオシ。この6万2千円のデフォルトの状態で240GBのSSD搭載です。パソコン工房はかつてはもう少し安かったような気がするのですが、今は円安の影響を受けてちょっと値上がりしてますかね~。

SSDを搭載している反面、CPUがCeleronなので激しい計算処理をさせるのにはちょっと重くなるかもですが、日常利用ではたぶん問題無いです。

ストレージがSSDなので起動の速さが期待できます。SSDではないモデルを選べばもっと安くは出来ますが、SSDを買ったことが無い人は騙されたと思ってSSD搭載機種を一度使ってみましょう。SSDの快適さからきっと抜け出せなくなります。
オフィスオプションはちょっと高めでOffice Personal Premiumで+19000円~。

CPU:Celeron 3205U プロセッサー
メモリ:8GB
ストレージ:240GB SSD
本体重さ:約2.1 kg


レノボ Lenovo B40:クーポン価格 39463円~(税込)

セールで25%OFFになってます(レノボのセールはかなり短いスパンで入れ替わるので、クーポンがある時期を狙うのがおすすめ)。通常は7万円弱のモデル。


ディスプレイが14インチで今回のピックアップ機種の中では一回り小さいですが、とにかく安い。CPUも他の6~7万円クラスと同程度のCore i3。

ただ、レノボの直販サイトではオフィスの後付が出来ませんので、自分で用意しなければいけないようです(オフィス入りモデルは最初から使えます)

CPU:Core i3-4005U
メモリ:4GB
ストレージ:500GB HDD
本体重さ:約1.98kg


マウスコンピューター LB-F512Bicon/64800円~(税別)

Celeronモデルはもう1万円位安いですが、ここはCorei3モデルで。マウスはオフィスオプションがちょっと安くてOffice Personal Premiumで+17900円。

SSD(128GB)に変更すると+9,900円です。ご予算があれば是非。

CPU:Core i3-4100M
メモリ:4GB
ストレージ:500GB HDD
本体重さ:約2.4kg


ドスパラ  Critea DX4/ 59980円(税別)~

マウスPCに比べてRAMが小さい2GBから選べます。2GBでも問題ないかも知れませんが、、、最近のエントリーモデルでも4GBが標準です。



BTO系メーカーはほとんど横並びです(笑)ドスパラも細かくカスタマイズできるので、最低限で安く済ませたいならこのくらいです。

CPU:Core i3-4100M
メモリ:2GB
ストレージ:500GB HDD
本体重さ:約2.4kg


いろんなメーカーのエントリースタンダードノートパソコンを紹介してみましたが、どれもこれも似たようなお金を出せば似たようなモデルが出てきますね(笑)

オフィスソフト無しなら6万円前後出せば15インチクラスの「ほどほどに安く、ひとまず使えるパソコン」が買えます。マイクロソフト純正オフィスソフトをつけると+20000円~25000円です(自分でインストール出来るなら、パッケージだけ通販で買えば15000円くらいでも買えますけども、よくわからない方はやっぱり最初から入ったもの・オプションで追加出来るパソコンが良いでしょうね)。

もしもっと安くしたいなら11インチ~14インチのエントリーモバイルノートパソコンがあります。値段は4万円前後が相場です。

モバイル機種になると画面が小さく、DVDドライブが付いていないものがほとんど。CPUはCeleronやATOMの低価格モデルとなってきますが、それでもネットサーフィン用位ならこなせるはずです。

3万円でも高いという人は中古パソコンです。例えば昨日紹介したような「TOSHIBA 定価14万超のビジネスノートPCが中古で19800円」はビジネス用ですがもともと10万円以上する高価な機種も2万円という破格で買えるものもあります。

もっと安いもの、あるいはもっと高いものというのはパソコンにそれなりに詳しくなってから買い換えるのが安全ですね。




*上記で参考にした販売価格は2015年3月17日時点のキャンペーンで安くなっているものが多くあります。春頃はどのショップもセールが豊富ですが、終了後は通常価格に戻る可能性があるのでご注意下さい。
by ke-onblog | 2015-03-17 09:27 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。