白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

LINEスタンプの完成品が買えるサイトが登場 1セット7万8千円から

新たなビジネスの予感。

以前このブログでは英語版・タイ語版などのLINEスタンプを作成する代行業者として紹介したA-Link(アーリンク)が新しい商品を出してきました(アーリンクに関する過去記事はこちら→英語のLINEスタンプが作れる作成代行 A-Link タイ語にも対応)。

☆「世界230カ国に販売!オリジナルLINEスタンプ制作-A-link

以前の20万円~でスタンプ作成をするプランに加えて、「LINEスタンプ超速ハーフプラン」という物ができてますね。

これはアーリンク側がすでに作ったスタンプに共同出資し、売上の50%(今だとスタンプ価格の実質17.5%ですが・・・)をシェアするという方式です。

スタンプ自体はすでに完成しているので、あとは登録して売るだけというお手軽すぎるプラン。

ぶっちゃけて言えば自社でこのスタンプを出さないのは自信が無いからでしょうか?だって売れる自信があるなら自分で登録して売れば良いのですから。

販売されているスタンプの質は悪くないものもあるようですが、企業としては確定した利益が先に欲しいといったところなのでしょう。

でもこの価格は安いですね。スタンプ1セットで78000円(税別)。

以前私が別の業者に発注したものでは10万円が掛かりました(詳しくは過去記事を御覧ください)。私の作ったスタンプではスタンプ全体のアイデア・キャラクター設定・各スタンプのイラストに関する詳細な指示をこちらからオーダーしています。完成まで1ヶ月ほど掛かりましたし、アイデアもそれなりに頑張って考えました。手間とお金が掛かっている分だけ販売権利・著作権も完全にこちらのものですが、約8万ですぐに完成したスタンプを手に入れられるのも悪くはないビジネスに見えます。

っていうか本当に面白いですね。このビジネスモデルを真似したいくらいです。安く働いてくれるクリエイターをたくさん抱えれば、LINEスタンプの売上関係無しにリスクが小さいですね(顧客へのスタンプ販売や広告にはもちろんリスクはあるわけですけど)。

LINEスタンプ超速ハーフプランで販売されるスタンプは当然ながら全て1点ものになるため、良いデザイン・アイデアのものがあれば早い者勝ちになります。

78000円をペイするには・・・1スタンプ約100円として、30%がグーグル・35%がLINEに持って行かれますので、約4500個で元が取れます。

芸能人とか影響力のある人が自演で広告したらボロ儲け?


☆「体験記:98000円でLINEスタンプが作れる代行業者「スタンプファクトリー」に発注してみた
by ke-onblog | 2015-03-21 09:45 | LINEスタンプ | Comments(2)
Commented by ゆん at 2015-03-21 17:47 x
お久しぶりです!
だいぶ前にコメントしたのですが覚えていますでしょうか。。。
結局1月中に10個という目標をクリアできました。
けれど上手くいったと思うのは3つだけです(笑)

リンク先を見ましたが、こんな企画があるとはびっくりでした。ラインスタンプの話題は尽きませんね。
そして上位500は460万以上稼いでいる………く、くやじい……

ブログ主さんもまだスタンプ審査中でしょうか?
はやく審査通って稼ぎたいですね。
気長に待ちましょう(>__<)/

Commented by ke-onblog at 2015-03-21 21:20
>ゆんさん、こんばんわ~

もちろん覚えていますよ!1月の途中で2つが申請中とおっしゃっておられましたが、残り8個も作成できるとは素晴らしい有言実行ですね!ご自身でスタンプを作れるのは本当に羨ましいです(´∀`)

ゆんさんの場合はすでに販売中のスタンプもおありでしたよね?1つでも過去にスタンプを販売していると2回目以降の審査が早いと聞きますので、そろそろ承認ラッシュが来ても良さそうです。私は初スタンプなのでまだ時間が掛かりそう・・・(゚Д゚)

報酬率は下がってしまいましたが、まだまだLINEスタンプは作り手としても楽しめそうですね。スタンプ長者を目指して是非頑張ってください^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。