白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2015年4月からは「3GB1000円時代」格安スマホ 値下げサービス一覧

MVNO各社がプランを4月から変更して容量アップ・実質的な値下げに踏み切ってきましたね。

「値下げサービス一覧」なんて書きましたが、ちゃんと全て網羅出来ているかどうか怪しいです^^;
MVNO系の情報を追い続けるとそれだけでお腹いっぱいになってしまい、普段の携帯情報を考えられなくなるので私はほどほどにしています。

2014年初頭には1GBで1000円以下というのが主流、昨年中頃からは2GBで1000円のサービスが一気に増えましたが、これからの時代は「3GB1000円」みたいですね。

値下げを発表しているサービスは以下のとおりです。

IIJmio


「ミニマムスタートプラン/900円」がこれまでの2GBから3GBへ。その他プランも増量。IIJmio系列のイオン・ビックカメラ・ELSONIC SIMもすべて増量されます。



NifMo(ニフモ)

2GBプラン900円が3GBへ、 4GBプラン1600円が5GBへ、7GBプラン2800円が10GBへアップします。

「hiho」

ミニマムスタートプラン 2GB 933円が3GBへ。hihoはIIJmio系なので内容はほぼ同じです。

「楽天モバイル」

2.1GB 900円(データのみ、SMS無し)が3.1GBなど、各プランへ増量。

OCN モバイル ONE

70MB/day→ 100MB/dayへ、2GB→3GB、4GB→5GBへ、 500kbpsの低速7GB→15GBへ大増量。


あれ?我がDMM Mobileはどこですか?DMMもIIJmio系列なのでてっきり増量来るかと期待していたのに・・・(私は1GBプランすら使い切ってませんけど)。

これまでに値下げを発表した全?5社のサービスを見比べても価格面ではやっぱりまた横並びですね。増量していないサービスを突き放すことには成功していますが、それぞれライバルと熾烈な争いになっています。

今年になってようやくau系MVNOが2GB1000円クラスのドコモ系MVNOに追い付いてきたのに、また置いて行かれそうですね~

まぁ、どの格安SIMサービスを選ぶかは人によってそれぞれポイントがあるかと思います。今回値下げした中ならIIJmioが一番安定しているようですが、ぷららの無制限プランの方がまだ使い勝手が良いという人もいるはず。

料金は似たり寄ったりですが、サービス面・速度面で洗練さに欠けるMVNOもあるみたいなので、評判は結構大事にした方が良いです。参考にするのは出来るだけ最新のデータが良いですね。

例えばですが、私はDMM以外は使ったことが無いので他社のことはよく知りませんが購入直後の2月初め頃には実測度は何故か3Mbpsくらいしか出ていませんでした。しかし、3月に入ってから混雑時以外は10Mbps以上は当たり前、空いている時間帯なら40Mbpsを超えることもあります。

試しに今測ってみましょう。F-10D起動!(普段電源切りっぱなしなのです)

2015年3月21日13時30分の結果、上り7.77Mbps/下り6.45Mbps ですね。休日のこの時間帯はこんなものでしょう。12時台がダメなんですよね・・・

こんな感じで先月と今月というだけの違いでも、速度の体感が物凄く変わりました。時期によって遅かったり速かったりしますので、どのデータを信じるのかはよく考えたほうが良いです。

私はDMMの月額660円という価格にも満足しています。下手にデータ増量しないで今の快適性を保ってくれるのならそれもいいかな、なんて(笑)

☆「DMM mobile データSIMプラン 1GB
by ke-onblog | 2015-03-21 13:35 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン