白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

低価格なSurface3 日本発売日はいつか? 旧モデルの値下げも期待

昨年夏に発売されたWindowsタブレットPCの最高峰 Windows Surface Pro3の発売から約1年が経過して、今年2015年5月から海外では新型モデルの無印「Surface 3」が発売されます。

Surfaceの初登場はこのブログが始まったの同時期の2012年6月です。当時は「RT」というWindowsOS自体の廉価版と言われたシステムを搭載しており、ハード面はまだしもソフト面・そして価格面が割高過ぎてイマイチな人気でした。

その後Surface2が2013年10月に発売され、上位モデルとなるSurface Pro2, Pro3といった後継機が出ています。

昨年登場したSurface Pro3では一番安いCore i3搭載のモデルでも約10万円の販売価格でした。オフィス入りのウルトラブック・高性能モバイルPCのとしてはそこまで高いわけではないですが、あまり手の出しやすい価格とは言いづらいところでした。

そして今回登場するSurface3。この機種ではディスプレイを10.8インチと旧モデルのSurface2よりわずかに大きくなりながら676グラム→622グラムへと軽量化されています。

CPUがNVIDIA Tegra 4からAtom x7-Z8700 1.6GHzというものに変わっており、パフォーマンスが大きく向上したということです。

OSは「RT」のような廉価版ではなく、Pro3と同じ64bitのWindows 8.1 PRO UpdateかWindows 8.1 Updateを利用できると。CPUが落ちているのでPro3よりは動きが鈍いかもしれませんが、一般用途での操作ならばほとんどおなじ感覚でWindowsタブレットを体感出来そうです。

公式サイトにはまた「Surface 3 vs iPad Air 2」という比較表がありますね(笑) 挑発的です。

アメリカでは5月5日から発売されるそうですが、日本での発売日はまだ決まっていないそうです。でも発売自体は準備中というようなニュースがありましたので、近いうちに出そうですね。

USのMicrosoftに行くともう予約が始まっており、お値段は499ドル~。ラインナップは4種類あって、

RAM 2GB,SSD 64GB, Wi-Fi → 499ドル
RAM 4GB,SSD 128GB, Wi-Fi → 599ドル
RAM 2GB,SSD 64GB, Wi-Fi+4G LTE → coming soon
RAM 4GB,SSD 128GB, Wi-Fi+4G LTE  → coming soo
n

だそうですよ(4月13日時点)。今1ドル=120円くらいですから、エントリーモデルでちょうど6万円くらいになります。LTEをつけると多分+100~150ドル位。こちらは発売日はアメリカでもまだ決まっていないようですね。

LTEモデルも良いですね。値段はちょっと張るかもですが、モバイルルーター等を併用しなくてもMVNOのSIMを突っ込んで外でも快適インターネットが出来そう。対応周波数についてはまだグローバルサイトにも情報が無いようです。

新機種も楽しみですが、新しいものが出れば当然古い機種が追いやられます。Microsoft storeでも旧モデルのセール・値下げが行われることがあるので、ちょっと気になりますね。

現在の価格はSurface 2 32GBモデルで46,080円、64GBモデルは56,366円で在庫切れ。Pro 3はCore i3,RAM4GB, SSD 64GBの最安値モデルで99,144円(すべて税込み)~。

今は在庫が不足しているようですが、少し前まで1万円くらいするタイプカバーが無料で貰えるキャンペーンをやっていましたよね。そんな感じで旧モデルの割引が出てきても不思議ではありません。ディスプレイのサイズが変わるので他のモデルのタイプカバーは使えないはずですし。

薄いながらもそこそこのパワーを持つWindowsタブレットPCが欲しい方は国内の販売を待ってみるのも良さそうです。


by ke-onblog | 2015-04-13 19:21 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。