白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

広電の激安除湿機「KSJ-112」を買ってみた

梅雨のシーズンには早いですが、我が家に「KSJ-112」という除湿乾燥機を導入しました。まだ梅雨でもないのにエアコンの無い物置用の部屋に結露によるカビっぽいものが出たからです。。。(;゚Д゚)

製造メーカーは広電というところでちょっと聞いたことないですが(電気毛布やカーペットなどのシェアが高いそうです)、ちゃんと動いてくれれば質はどうでもいいやと思って某ショッピングサイトで安売りされていたので買ってみました。アマ○ンの1/3くらいの値段で転売すら出来そうなほど安かったです(笑)

こちらがその除湿機。高級な製品のように加湿や冷却・空気清浄機能などは一切なく、「除湿」のみに特化したシンプルな商品です。価格は激安、たったの5千円でした(価格.comに載ってますので欲しい方は探してみてください)。
d0262326_26391.jpg

何か大きさの比較となるものを入れて撮ればよかったですが、かなりデカイです。本体重量は約10キロもあります。

高さ49センチ、横幅34センチ、奥行き25センチ。ちょうど3日間旅行用のキャリーバックと同じくらいですね。飛行機にの手荷物として持ち込めるギリギリのサイズのやつくらいだと思って下さい。

本体下にローラーが付いていますので移動は楽ですが、横にしか動きません。あまり動かすことを前提とした商品じゃないのでわたし的にはどうでもいいです。

商品のデザインもとても安っぽいです(実際安いので仕方がないですが)。作りが雑ということは特にないのですが、全体がプラスチック素材なので強くぶつけると割れそう。
d0262326_265283.jpg

制御パネルもおもちゃみたいなシンプルさ。2つのランプは電源と満水用。水がいっぱいになると自動でストップしてくれるのは良いですが、タイマー機能はありません。除湿の強弱は選べますが、どの程度に調整してくれるのかはこのツマミでは全く判りません。
d0262326_27166.jpg

正面から。上のメッシュ部分から空気を吸い込み、内部で冷やして水分を取り出します。この下半分にある水色の部分が貯水タンクで最大3.3リットルも入ります。

この水色のパーツがガバッと全面に引き出せます。まっすぐ移動させないとはまり辛い。
d0262326_292091.jpg

「除湿乾燥機」をアマゾンで探すと2~3万円程度の商品だと3~5リットルくらいの除湿能力があるおしゃれ家電もあるのですが、1万円以下の安い製品になるとサイズが小さく、「卓上除湿機」みたいなおもちゃになってしまいます。それでは私の目的に合わなかったので、除湿能力が高くて安いこのKSJ-112はぴったりでした。このタンク容量の大きさが気に入って購入したと言っても過言ではないです。

除湿機には大きく3種類の方式があるらしく、この機種は「コンプレッサー式」です。このタイプは音がうるさい反面除湿力が高く、消費電力が少ないのだそうです。この他に「デシカント方式」というものがあり、そちらは吸水剤を使って水を集め、ヒーターで加熱して吸水剤から水を取り除き・集めるというもの。こちらは静かでコンパクトなのですが、ランニングコストが高いそうな。

あとはこの2者のハイブリッドタイプがあり、状況に合わせて除湿方法を変えられるというものがあるらしいです。

除湿乾燥機の代表格はシャープのプラズマクラスターシリーズでしょう。空気清浄機として有名ですが、乾燥機能をもったものがあります。例えば「CV-DF100」は空気清浄機付きなのですが、お値段は3~4万円が相場。私は平時は無人部屋に設置するつもりなので、こんな高級なものは手が出ません(笑)

この機種の除湿能力は最大5.6リットル/1日で、用途は木造なら8畳、鉄筋物件で14畳くらいまで。これは常に湿度を高く保ち続けるような条件で運転させた場合なので閉めきった部屋で1日5リットルも水が出ることは多分無いです。

消費電力は50Hzで200W(/h)。24時間付けたとして約5kW、東京電力の単価が1kWが19円~25円くらい(月間の料金によって段階的に決まる)ので、中間の23円として1日あたり115円くらいですね。

1ヶ月つけっぱなしにすると3千円以上かかってしまいますが、そういう使い方で運転するものではないのでしょう(苦笑)

私の場合、閉めきった8畳ほどのフローリング部屋において2時間運転させて70%→50%くらいまで下げています。2時間だと15~20円くらいですね。

2時間運転させると能力的には最大460mLくらいの水が取れるという計算ですが、そんなには溜まりません。湿度が下がれば除湿できる水分がなくなっていきますので。それでも200mLくらいは水がタンクに貯まっており、「お~除湿できてる~」と実感できます。

乾燥剤と言えば4~500mlくらいの水を貯められる除湿商品がドラッグズトアに1個100円くらいで売っていますが、コスパはそれよりも安いはず(4時間運転させても50円もしないので)。除湿速度は圧倒的にコンプレッサー式の方が上で、買い換える手間が無いので楽ちんです。

本体の裏側に連続排水用のキャップもあります。
d0262326_2172440.jpg

これを外してホースを付けておくと電源をつけっぱなしでも連続運転出来るという仕組みですね。常時動かしたいならタンク容量も関係なく、配管をして乾燥状態を保つ目的にも使えます。

利用場所はマンションの一室ですがエアコンが付いてなく、もともと結露しやすい密閉された部屋なので一度除湿させてしまえばしばらくは乾燥状態を保てるようです。梅雨のシーズンには洗濯物の乾燥にも使えそうですね~。

稼動音は結構うるさい。振動はそれほどありませんが、仕様書には騒音は50dBくらいとあります。50dBがどれくらか?とググってみると「クーラーの室外機くらい」とありましたが、まさにそれくらいです。だってシステム的にはクーラーの冷却方式そのままですし。

この機種をリビングや寝室に置いて常時使用するのはオススメしません。ブーンとコンプレッサーが動き続ける音がしますので、煩わしいです。部屋を空ける時間帯につけて除湿をしてから、部屋に戻ってオフにするという使い方が良いと思います。満水で自動ストップしますので、溢れる心配はありません。

排熱は多少ありますが、数時間付けた程度では春先の部屋が温まるほどではないですね。運転後の本体を触るとほんのり暖かいくらいです。結露防止なら多少温度が上がったほうが良いでしょうから、温度上昇は仕様だと思って受け入れましょう。熱くなるのがダメな場合は電気を使わない乾燥剤を置くしかありません。


たかだか5千円の除湿機を購入するのにいっぱい勉強しましたが、私は湿度が高いのが嫌い(髪の毛がぶわってなる)なので満足です(´∀`) 音はうるさいし安っぽいですが、転売用商品の保管部屋・倉庫、ちょっとした事務所などに置くなら安くて良いと思います。
by ke-onblog | 2015-04-15 02:18 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Commented by まろ at 2015-04-15 17:40 x
非常に良い製品レビューありがとうございます。
広電いいと思います。
自分の今年のナイス買い物賞である電気掛け毛布も広電でした(笑)。
なかなか注目のメーカーかもしれませんね。
Commented by ke-onblog at 2015-04-15 18:45
>まろさん、こんにちわ~

部屋用の乾燥機は人生初購入だったのでいろいろ調べて買ったのですが、「広電」というと「広島電鉄」が出てきてしまって(笑) 若干不安はありましたが買ってよかったです。

広電製の電気家具はコスパが高くていいですね。電気毛布、私もチェックしてみようと思います^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。