白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

スタンプ作成代行業者を使ったスタンプ開発秘話

スタンプのアイデアはあるけど、実際にどんなふうに代行業者とやりとりをして作っていくのかが知りたいという人向けです。

私は代行業者の中でも値段が安く、契約条件が良いところを探しまくった結果として「スタンプファクトリー」さんにお願いしました。

業者選びにはいろんなポイントがあるのですが、私がスタンプファクトリーさんを選んだ理由は以下の4点。

・料金が全部込みで98000円と業界でもかなりの安さだったから
・リジェクト時の修正が無制限で無料
・スタンプが通らなかった場合は全額返金(私がオーダーした頃にはこの保証はまだ無かった)
・スタンプの著作権を譲渡してもらえるから

いずれのポイントも重要なのですが、特に私が重視したのは2つ目「修正無料」と4つ目「著作権」です。

修正について、他社では1回の手直しは無料というところは多いのですが、それ以上は数千円~数万円くらいの有料オプションになってしまいました。私の場合は今回が初のスタンプ作成で勝手も判らなかったため、何度でも修正できるという安心感が嬉しかったです。

4つ目の著作権も重要です。私の場合はブログぐらいしか宣伝方法はないのですが、キャラクターを何かの商品に使ったりするには著作権が無いと何も出来ません。

このブログにも広告用バナーや記事中にスタンプを使ったりしていますが、こういうことも著作権があってこそ。

スタンプの代行作成はちゃんとした契約条件が明らかになっている業者を選びましょう。中には流行に乗っただけの怪しい業者もありましたので、値段だけで飛びつかないように気をつけてくださいね。


さて、実際のスタンプ作成段階のお話ですが、スタンプファクトリーさんの場合は事前に取引の流れを解説したマニュアルを送ってもらえます。基本的にはそれに従って作業を進めていくだけで販売までこじつけられます。

LINEのスタンプ登録作業などは決まった手順を行うだけなのでだれでも調べれば出来ます。一番気になるのは「スタンプのイラスト化」あたりだと思いますので、そのあたりを重点的に解説してみます。

スタンプファクトリのホームページでは「特定の人物」を元にスタンプを作ります、といったキャッチコピーが出ていますがこれは人物じゃなくてもOKです。

オリジナルのキャラクターの場合は「作品の雰囲気」を伝えるだけでイラスト化をしてくれます。

下記が実際に私が発注した案件→出来上がったキャラの「ビジネコ」です。

私の注文した内容は以下のとおりです(オーダーした原文そのまま)。
ネコをモチーフとした、ビジネス情報・セール情報・お得な節約情報をやりとりする際に使いやすいスタンプにしたいです。
利用者ターゲットは男女問わず、子供よりはビジネスマンや企業アカウントでも使える汎用性の高いものを希望します。
ビジネコのデザインイメージは、ネコ自体のカラーは白。
スーツ着用(紺か青で、白いネコに映える色でお願いします)
ネクタイの代わりに赤い首輪(黄色の鈴、デザイン的に難しければネクタイでも良いです)。
スタンプの種類によって四角いメガネ(インテリ風)を付けてほしいです。
楽しい雰囲気のスタンプにはポップでカラフルな文字を、暗い・硬い雰囲気のスタンプには明朝フォントなどの利用をお願いします。
文字は大きめで読みやすいものを設定して下さい。


これは「アンケートフォーム」としてスタンプファクトリーにメールに添付して送りました。フォームに文字数制限は無いので、アイデアを出来るだけ細かく伝えたほうが希望のものが出来上がってくるはずです。
d0262326_16422751.png

このオーダーで3種類のキャラクターを提案してもらいました。本来はここから1つを選んだりするのでしょうけれど、私の場合はスタンプによって性格の異なる「3匹のネコ」として、全部を採用しました。この場合も追加料金などはなく、引き受けてもらえました。

3匹には特に名前は付けていませんが、シチュエーションによって「A/B/C」と3種類を使い分けるように追加注文を出し、本スタンプの作成をお任せしました。

スタンプ作成発注から完成まで私の場合は1ヶ月ちょっとが掛かりました。年末年始を挟んだのですが、予め案内されていた程度の日程でした。納期はクリエイターの忙しさにも依るでしょうから、あまり急かしすぎない方が良いでしょう(笑) どの業者でも大体1~2ヶ月くらいになっているはずです。短い納期のやっつけ仕事で手抜きな作品を収められるより多少待ち時間があっても良いスタンプを作ってもらう方がずっとマシです。

スタンプファクトリーのスタッフさんとのメールのやり取りは10往復も無かったはずです。

・初オーダー時
・前金の支払い時
・アンケートフォームの送受信
・ラフイラストの確認
・半金残高の支払い時
・本スタンプ納品時

この6回位ですね。私のスタンプは一度もリジェクト(審査による却下)なく通過しましたので、結局修正を依頼することもなくスムーズな取引でした。

承認率100%は伊達じゃないってことですね~

クリエイターに直接の伝手がなくて、どんな業者に頼もうか悩んでいるならスタンプファクトリーはオススメです。売れるかどうはかさておき、販売までは私もトラブルなくちゃんと到達出来ましたので(笑)

☆「LINEスタンプ作成代行業者 スタンプファクトリーHP
by ke-onblog | 2015-04-18 16:43 | LINEスタンプ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。