白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Zenfone2,日本版発売・価格確定 発売日は5月16日

国内版の発売が決定したタイミングで以前紹介したグローバル版の在庫が無くなりました(笑)

本日4月20日、かねてから噂されていたZenfone2の国内販売が正式に発表されました。日本では3つのモデルでカラバリあわせて12種類がすでにASUSショップ内のZenfoneショップに並んでいます。

☆「ASUS公式 ZenFone shop

アクセスが集中しているのか、商品ページに繋がりません(笑)

発売日は今日では無かったですね。日本では約1月後の5月16日以降の出荷となるようです。

日本用のモデルはエントリーモデルのZE550ML(ディスプレイ解像度がHDのやつ)は無く、すべてフルHDの551MLです。価格は以下のとおり(税込み)。

・RAM 2GB/ CPU 1.8GHz / ROM 32GB版 →38,664円
・RAM 4GB/ CPU 2.3GHz / ROM 32GB版 →49,464円
・RAM 4GB/ CPU 2.3GHz / ROM 64GB版 →54,864円

ASUSショップではキャンペーンでIIJmioのプリペイドSIMが付いてくるようです。また、専用のカバーを同時購入すると「Zenpower」というモバイルバッテリーが貰えるという特典もあります。


ふむ。妥当といえば妥当な価格ですが、グローバル版の価格を見てしまっているとちょっとだけ高く感じないこともない、ってところですねぇ。

グローバル版を扱う「EXPANSYS(エクスパンシス) icon」ではエントリーモデルのZE550MLが24475円(送料・税別)であることを考えると、入門機用として1万円の差があります。価格重視の550も日本に入れて欲しかったですね~

最上位モデルでも41355円(先日よりちょっぴり値上がり)でしたので、1万円弱国内版の方が高い。今詳細が見れないのですが、iijmio SIMカードは3千円~4千円(プリペイドタイプのやつだと思います)くらいの価値でしょう。

昨日入荷していたエクスパンシスの最上位モデルは今見たら売り切れていましたね(笑) そしてASUSショップ上でも上位モデルがすでに完売。人気は集中しているようです。

国内版もDual SIMのままだったので物理的な仕様は全く同じように見えます(bandの2600MHzが無い?)。あとは技適マークの有無くらいでしょう(ホントはこれも大事なんですけど、実用上は・・・)。

サポートの問題等もあるかと思いますが、発売日も遅いのでグローバル版で買ったほうが手っ取り早くて安いですかね。

あとはMVNOからの販売に期待しましょう。


by ke-onblog | 2015-04-20 17:32 | キャンペーン情報 | Comments(4)
Commented at 2015-04-20 20:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 一括 at 2015-04-20 20:24 x
こんばんは。忙しい一日でしたね。Z4の方はZ3を見飽きたので魅力はあまり感じませんね。あくまで商売用です。(笑) zen2は売り切れですか?皆さんすごいパワフルですね、まあゆっくり行きますわ。バンド的にauのプラチナバンドも対応との事。キャリアを選ばない素晴らしい端末が出たものです!一家に一台あるといいですね。
Commented by ke-onblog at 2015-04-20 20:37
>ちいさん、こんばんわ^^

ワイモバイル版期待したいですね~。Nexus6は元が高すぎて値下げまでたどり着いていませんが、Zenfone2の定価ならNexus5並みの投げ売りも期待できそうです。

デザインはあまり変わっていないので新鮮味はイマイチでしたがZ4の薄さはいいですね!私も実機を早く触ってみたいと思いました^^
Commented by ke-onblog at 2015-04-20 20:44
>一括さん、こんばんわ~

今日は仕事中に何度スマホをチラ見したことか(笑)
Z4はお値段次第ですよね。薄く・軽くなったというのは素晴らしいですが、実際に触ってみないと実感できない微妙な変化ってかんじですね。

Zenfone2はやっぱり2015年のヒット作になりそうですよね。多くのMVNOが取り扱うそうなので、安くなったら私も自分用に一台メインとして採用したいですw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。