白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[朗報]次期iPhone ドコモ版はSIMロック解除可能

auとSBは回答を濁したようですが、ドコモ版は大丈夫らしいですね!

iPhoneシリーズは毎年9~10月頃に新モデルが投入されるのが恒例となっており、おそらく今年も2015年9月頃にはiPhone6, iPhone 6 Plusの後継モデルが登場するはずです。

そして昨日から話題になっているSIMロックの解除義務化に伴い、AndroidスマホはともかくiPhoneはどうなるのかちょっと気がかりでした。

というのは、知っている方は知っているかと思いますがドコモではすでに2012~13年頃?くらいから発売されているほとんどのスマートフォンは手数料さえ支払えばSIMロック解除が出来ました。しかし、2013年からドコモでも取り扱いが始まったiPhone5s, iPhone5c,そして6/6Plusのアップル製品だけはロックに応じてきませんでした。

国内で販売されてきたキャリアロックの掛かったiPhoneは、同じく国内のアップルで買えたSIMフリーモデルのiPhoneより若干安く、購入時の毎月適用される割引サービスによって実質的な負担を減らすことが出来るというものです。

もしこれでSIMロックの解除が出来てしまうと、アップルストアで売っているSIMロックフリー版の存在意義がなくなってしまうという配慮?なのかどうか知りませんが、auやSBはもちろん、ドコモでもロック解除が出来ず、白ロムのiPhoneを買う際には必ず使いたい回線と販売元キャリアの端末をあわせなくてはなりませんでした。

今後はその垣根がなくなりそうですので、これまでキャリア毎で若干のばらつきもあったiPhoneの白ロムの価値が均一化されることになるのでしょう。iPhone5sや6は割りとどのキャリアも変わらない値段ですが、例えばiPhone5cはドコモ版だけ他社より1万円以上高かったりします。

ドコモはiPhoneについてもロック解除対応、他社はコメントを控えるという対応をしているそうです。

これで待望のiPhone全SIMフリー時代がやってきそうですね!


ですが、問題はまた別に発生しています。

昨日のブログでもお伝えしましたが、キャリアはSIM制限の「解除に制限」をつけるというアクロバティックな対応でSIMロック解除化による顧客流出を防ぎに来ました。

☆「SIMロック解除義務化に対するキャリアの回答、決まる 店頭有料&縛りあり

iPhoneのSIMロック解除自体は可能なようですが、実際に解除できるのは購入してから180日以上が経過したものしかロック解除できず、すぐに他所で使いたい場合は該当キャリアで買い直せ、というク○みたいな仕様にしてきました。

短期回線解約・プラン変更に制限を掛け、端末制限にも条件を付ける。ある意味では今までどおりのキャッシュバック・割引販売が継続されそうな条件は残りましたが、何のためのSIMロック解除義務化だったのか、という話ですね。。。

「端末を他キャリアで使える」ということはもちろんそうなのですが、今のキャッシュバックによる不公平感をなくし、利用者にとって不平等な販売戦略による囲い込みを減らすのがそもそもの始まりではなかったのでしょうか。


あ~、真面目に書いていたら疲れてきました(笑)

どんなふうに制限を掛けても利用者としては従うだけなので、もうどうでも良くなってきました(´Д`) 縛りが嫌な人はMVNOに行けばよいですし、そんなの関係ないと感じるなら使い続ければ良いだけの話ですね。

実際SIMロック解除が必要な人なんてそうそういないでしょう。移動先でも端末が使える事自体は良いですが、持ち込みで契約するだけなら毎月の割引がありませんし、CBもたかが知れています(今ワイモバのSIM契約のみMNP2万円CBとかもありますけど)。移動先のキャリアで一括0円、実質0円で買えるなら、一般の方はどうせ新端末しか使いませんって(´∀`)

海外に流すためにロック解除済み端末の買取額はアップすると思いますので、中古端末は解除してから売り飛ばすという手順が加わるくらいで、一部の人間を除き多くの方にはあまり影響は無いと見ます。

買取業者は仕入れたiPhoneを海外に高く売りたがるかもしれませんので、国内のiPhone含むスマホ白ロム流通量が減ったりするかも?というくらいです。

白ロム転売ラインスタンプ


参考☆「ITmedia 次期iPhoneはSIMロック解除できる? au、ドコモ、ソフトバンクに聞いてみた
by ke-onblog | 2015-04-23 03:49 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。