白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Antutuベンチ結果 304SH,SHL24,HTL21,203SHで比較

先日手に入れた中古スマホ達のベンチマークを測定してみました。アプリはAntutuバージョン5.7(記事執筆時点の最新版)ですべて揃えています。

ちょっと古めの機種の白ロムで安く機種変更したいな~と思っている方の参考にどうぞ。

【テスト結果:2015/5/6実施】

Nexus7(2012/Android 5.1):18765 (Tegra 3 T30L 1.3GHz 4core)
F-10D:18972 (Tegra3 AP33 1.5GHz 4core)
HTL21:24588 (スナドラS4 Pro APQ8064 1.5GHz 4core)
203SH:27239 (同上)
SHL24:38906 (スナドラ800 MSM8974 2.2GHz 4core)
304SH:42078 (スナドラ801 MSM8974AB 2.3GHz 4core)

Nexus7がいよいよキツくなってまいりました・・・。最近タブレットをほとんど使わなくなってしまったので、買い替えどきを逸しています(´Д`)

F-10D(白ロム4千円)にSHL24(赤ロム2千円)がダブルスコアですw

やっぱり新しいスマホほど性能が高いですね~。2015年モデルのハイエンド機種だとスコアは4万後半まで伸びていますので、もっと快適なはずですが3万を超えていれば多少重たいゲームでもサクサク動くレベルです。

304SHは2014年5月23日、SHL24は2014年2月22日、203SHは2013年3月8日、HTL21は2012年12月9日の発売です。

最近の機種だとXperiaZ3が45000くらい、GALAXY S6 edgeだと60000近いそうです。Zenfone2の2.3GHzクアッドコアモデルで47000ほど。すさまじい進化っぷりですね~

ベンチスコアが全てではありませんが(ベンチマーク用にズルをしているメーカーもいるそうですし)、私の主観では「ある程度アプリを快適に使いたいならAntutuでスコア3万前後」以上が良いと思います。OSが古いことも影響しているかもですが、F-10Dレベルでは私は常用スマホとしては耐えられません。ツイッターレベルのアプリでもフリーズしますからね・・・。

*ベンチ測定に使った各機種は初期状態ではなく、アプリを追加したりカスタマイズもしてあります。測定のタイミングでスコアがばらつくこともあります。304SHの初回測定時には3万くらいしか出ず、おかしいなと思って再起動・再測定したら4万を超えました。その程度の誤差があると思って参考にして下さいね。




by ke-onblog | 2015-05-06 13:01 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。