白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

キヤノンの単焦点レンズEF50mm F1.8にSTM対応の新作5月発売

デジタル一眼レフカメラを昨年末から研究中で駆け出しの私ですが、以前からちょっと欲しかったレンズシリーズの新作が出るらしいという情報をキャッチ。財布の中身と相談しなければ・・・

買いましたw

昨日5月11日キヤノンは5月下旬にデジタル一眼レフカメラ用交換レンズ「EF50mm F1.8 STM」を発売すると発表しました。
d0262326_6172132.png

☆「キヤノン ニュースリリース ロングセラーの単焦点レンズをリニューアル“EF50mm F1.8 STM”を発売

今手元にキヤノンの交換レンズのカタログも持っているのですが、このEF50mm F1.8というレンズはお値段が一番安いモデルです。家電量販店に行っても1万円程度で買える、「入門者用レンズ」として私も購入を検討していました。先に広角レンズを買ってしまったので、広角撮影に飽きてきたら買おうと思っていのですが、新製品の方が従来品よりも性能が上がっているっぽいので食指が動きますね~(´∀`)

↓ 今買える旧モデルがこれですね。とてもリーズナブルですが、新作はちょっと値上がりしてます。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

新品価格
¥9,380から
(2015/5/12 06:21時点)


旧モデルが12000円(税別)がカタログに載っている定価ですが、STM版は19500円ですね。発売直後の市場価格は・・・やっぱり安くても18000円くらいですかね。

F○という数値(絞り値)は小さいほど暗い場所でも明るい写真が撮れるようになる基準です。私が年始に購入したキヤノンのKiss X7だと標準でF3.5-5.6というレンズが付いてくるのですが、それよりも明るくボケの大きな写真が撮れる・・・ということのはずです(まだ俄なので、詳しくどんなふうに変わるのかは経験が乏しいのです^^; 旧モデルも店頭での試し撮りぐらいはしたことがありますが)

絞りの構造が変わっており、5枚羽根から円形絞りの7枚羽に変更されて丸みのあるボケになるそうです。ステッピングモーター(STM)を搭載することによってピント合わせの音も静かになると。

う~ん、良いですな~。

カメラのレンズって時間が経っても全然安くならないので、何時買っても大差が無いということは広角レンズのEF-S10-18mmを買うときに理解しました。

そもそも旧モデルのEF50 F1.8だって25年前のモデルです。それが定価12000円→今でも9000円程度なので、カメラレンズは欲しい時に買えばいいものなのですね。スマホのように発売からちょっと待てば半額、7~8割引も当たり前、なんてわけにはいかないようです。

っと思ったらもう予約出来るようになってますね。思ったより安いですが、やっぱり旧レンズより値上がりはしてますね。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

新品価格
¥16,090から
(2015/5/12 06:25時点)



現時点の価格で定価から24%OFFですね。もうベストセラーになってるw

どうしようかな・・・。とりあえずどこかのサイトで発売前の使用レポートが出るのを見てから考えようかなと思ってます。よく知らないですが、品薄になるほど売れる・・・ことはないですよね?どうなのでしょうか。このくらいの値段ならとりあえずで買ってもいいかな。
by ke-onblog | 2015-05-12 06:40 | デジイチ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン