白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ドコモの2015年夏モデル、投げ売られそうな機種予想

ドコモの2015年夏季商戦向けの端末がいっぱい発表されましたね。もう実機が一部のショップでは先行展示されているとのことですが、今シーズンはオクタコアプロセッサ搭載モデルが登場したのでどの程度差があるのか早めに体感してみたいです。

新機能や性能はメディアサイトを見れば詳しく解説があると思いますのでそちらをチェックするとして、やっぱり気になるのは実際の販売価格やキャンペーンです。いくら性能が高くても安売りされない機種にはすぐに手を出せない体質になっている方も多いと思いますので(笑)

今回発表されたモデルで安売りがされそうかな~と私が考える機種は3種類です。

1つはXperiaZ4。これはもう鉄板です。言うまでもなく、Z3の前例がありますからね。
d0262326_6353517.jpg

ソフトバンクからもほぼ間違いなく発売されますので、三つ巴の投げ売り戦が夏に向けて行われることでしょう。スペックはZ3より多少上がっているようですが、すでに価格は8万、9万と高額になっていましたのでZ3と同じ価格帯での発売になるのも確実でしょう。

Z4ではSmartWatch3の本皮バンドモデルが3000人に当たる予約キャンペーンというのも出してきましたね。事前予約分と6月の購入分だけが応募対象になるので投げ売りには間に合わないと思いますが、多少のお金を投資してでもZ4を売ろうとしているドコモの意気込みは伝わってきますね。

2機種目はXperia A4 SO-04Gです。
d0262326_6382392.jpg

どうしてまた「A」シリーズに戻したのか知りませんが、Xperia Z3 compact SO-02Gの後継機ですね。SO-02Gは今も絶賛一括0円セール中ですが、A4も同じ道を辿ることでしょう。

compactシリーズは価格もサイズもお手頃感があって実利用向けには良い機種だとは思うのですが、毎度毎度ほとんど同じデザイン・性能のままリニューアルさせてきますね・・・。OSはAndroid5.0になりましたが、あとは何が変わったのかさっぱり(´Д`) 

OSのソフトウェア更新させる技術(あるいはd社に対する発言力)が無いから新しい機種を買わせようという魂胆ですかね?いつまでもこんなことやっているからAppleの足元にも及ばないのでは・・・。まぁ良いです。A4自体はきっと完成度の高いものになっているとは思うので。

投げ売り予想のもう1つは6月中旬発売予定のAQUOS EVER SH-04Gです。
d0262326_645109.png

新しいアクオスシリーズで、ドコモではシャープ製では久しぶりの「ミドルレンジスマホ」ということになりました。SBのアクオスクリスタル 305SHのようにCPUやRAM性能を最新モデルから大きく下げた珍しい仕様です。最近のドコモはどの機種を選んでも同じ高性能CPUを積んだ大画面モデルばかりでしたが、ちょっと毛色の違う端末を混ぜてきましたね~。

シャープ製に絞って見てもAQUOS ZETAシリーズのハイスペック機種がメインになっていましたが、少し前はAQUOS Phone siとかsvとかちょっとスペックの低いモデルがありましたよね。アレとも少し違うのかもしれませんが、ディスプレイは5インチでもフルHDではなく「HD TFT液晶」です。IGZOじゃないのですね。

CPUは1.2GHzクアッドコア、RAM 2GB, ROM 16GB、ワンセグ無し・ハイレゾ無しとMVNOの格安スマホみたいな性能です。でもVoLTE対応、防水対応、おさいふ機能付きと低価格なSIMフリー機種よりは国内での利用には便利になっていますので、コンセプトの「ちょうどいい」モデルに仕上がっている印象です。

このAQUOS EVERが成功するかどうかは価格次第だと思います。ドコモの定価はいくらでもいい(その分月サポが付くから。多分5万5千円くらいだと予想します)のですが、これがSIMフリー機種ならせいぜい3万~4万円程度のモデルです。これはもう、発売日から実質0円を前提にした販売戦略で来ると思われます。一括0円もすぐに出るでしょう。

低スペックでもいいから安いのが良い、というユーザー層を獲得するために機種変更でも安いかもですね。

発売直後に安くなるのはこのSH-04Gくらいでしょう。あとは発売日からある程度の時間が経ってからの値下げ(端末購入サポート・ご愛顧・MNP割など)入りを待つのが良いかと思います。

また、今回の夏モデル登場によって型落ちモデルの値下げもあるでしょうね。そちらにも今後期待したいところです。時期としてはやはり夏だとおもいますので、その頃に機種変で安いモデルが出ると良いですね。

☆「SONY ニュース&トピックス




by ke-onblog | 2015-05-14 06:48 | 白ロム転売法 | Comments(6)
Commented by tk at 2015-05-14 08:03 x
今後はご愛顧割の変わりにすべての安売り機種に端末購入サポートを適用させるつもりではないでしょうか?
そうなると古事記としては非常に動きにくくなりますね。
Commented by ke-onblog at 2015-05-14 09:17
>tkさん、おはようございます

ありえますよね~、機種変にも1年縛り導入。維持期間が延びて短期解約には大幅な違約金の上乗せをされてしまうと機種変でお得な思いをするのはかなり難しい状況になりそうですね><
Commented by にぱいあーる at 2015-05-14 10:05 x
docomoのXperiaは、意外に春夏モデルのフラッグシップは安売りされ辛いです。
一昨年の春Z、夏A、昨年の春夏Z2とほとんど次のモデル出るまで安売りされてません。
まあこれらは他社から同一モデルが出なかったという事情はありますがから、今回の三社競合とは違いますが。
A4の方が安売り担当という可能性も捨てきれません。

あとXperiaは、海外版ZRはOSアップデートされてるのに同型でむしろオリジナルのAがされてないという例があります。
なので私は、キャリアの意向だと思っています。
全く日本のキャリアはユーザーに不便を強いるばかりでしょうがない。
Commented by 仮名 at 2015-05-14 10:30 x
3月はガラケー純新規一括0とか10Kの案件がありましたがガラホはしばらくやすくならないでしょうかね。 購入サポートは勘弁して欲しいですよね。

メイン回線にSPモードとi-modeを同時契約中なので、あれば便利そうですが、LTEが使えない→もっさりが心配です。

動画もサクサクで白ロムが普通のガラケーくらいの価格ならポチりたいです。
Commented by ke-onblog at 2015-05-14 12:12
>にぱいあーるさん、こんにちわ~

初代ZやZ1は確かに決して安くはありませんでしたね^^; 今回の予想は三つ巴戦だからこその値下げを期待して、ということで(笑)A4も今のZ3Cの投げ売りっぷりを鑑みれば期待大ですね。

Xperiaに限りませんが、本当に国内モデルのアップデート問題は残念ですね・・・。キャリアアプリとの兼ね合いが~というのも最初の頃なら「あぁ、そういう事情なのか」とスルーしたところですが、この問題はこれからもずっと付き纏うものなのに対処・改善しようという気が全く見られませんよね(´Д`) iPhoneなんて2011モデルの4sですらまだ更新可能だというのに。
Commented by ke-onblog at 2015-05-14 12:17
>仮名さん

ガラホが安く買えるようになったら面白いですよね!確かに購入サポありだと買いづらいですが(苦笑)

最近3Gで利用することが日常でめったになくなりましたが、高画質な動画再生はやっぱりFOMAではカクつくかもしれません。携帯用に画質を落としたものが自動再生されるならある程度見れるかも知れませんね。

au版はLTE可、テザリングも可でしたが、ドコモ版は本当にOSだけがAndroidで機能面はFOMAガラケー仕様みたいですね。まだ詳しく勉強していないので、もう少しどんなことが出来るのか知りたいです。強引にGoogle playを入れてアプリを追加できるかとかw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。