白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ファーウェイ Mate7の小さい版?honor6 Plusを6月から日本で発売

どこかで見たことのある名前、デザイン~というツッコミはひとまずおいて、モデルとしてはなかなか面白そうですね。

Huaweiのスマホはソフトバンクやワイモバでも取り扱いがありますが、SIMフリー機種としてもMVNOが「格安スマホ」として売っているのでHuawei製のスマホはマニアでなくても見たことがある方が多いはずです。量販店にも普通においてありますよね。

そんなHuaweiですが、楽天ショップを経由して公式の通販サイトが出来たらしいです。そこで、6月中旬から発売する新機種として「honor6 Plus」という林檎のアレに似た機種を目玉にしているようです。

【ファーウェイ公式限定・予約販売】LTE対応SIMフリースマホ!honor6 Plus ゴールド【送料無料】【6月中旬より順次発送予定】

価格:49,464円
(2015/5/20 17:49時点)
感想(0件)



honorは英語で「名誉」といった意味ですね。6という数字はシリーズの6作目というわけではなく、本体サイズが5.5インチだからでしょう。

価格は本体だけで税抜き45800円、楽天モバイルのSIMセットで+3000円の設定です。この価格、丁度ASUS Zenfone2の4GBメモリ/32GBモデルと同じですね~

このタイミングで出してZenfone2に勝てるのか?とちょっと疑問に思いましたが、スペックを見ると悪く無いですね。

ディスプレイはこれまたZenfoneと同じ5.5インチのフルHD。色合いなどは実機を見て比較したいところですが、JDIが作ったIPS-NEOというパネル・・・どこかで聞いたことがあると思ったら同じくAscendのMate7と同じなんですね。ならば話は早いです。Mate7の液晶は輝度を下げていると私は少し暗く感じるのですが、精細さ・視覚野の広さは十分です。

CPUはKirin925 1.8GHz+1.3GHzのオクタコア。これもどこかで・・・と思えばやっぱりMate7と同じですね。細かいチューニングで変わるかもですが、ならばこちらも十分なパフォーマンスを期待していいはず。RAMは3GBなのでMate7より上ですか。ストレージも32GBです。

2015年夏モデルのハイエンド機種に勝るとも劣らない程度の実力があると思われます。

バッテリーサイズはZenfoneを上回る3600mAh。これはMate7(4100mAh)より流石に小さいですね(笑)

本体デザインは良く言えばスッキリ、悪く言えば特徴に欠けて安っぽく見えますが、厚み7.5mmと薄型です。とてもHuaweiっぽいですね。重さは165gでこれも5.5インチクラスとしては標準レベルです。

honor6 Plusはカメラに特徴があり、フロントカメラが8メガピクセルと流行りのセルフィー仕様。バックは2つのカメラを使ってピントをわざとずらしたり、あとから補正したりできるダブルレンズ。どの程度使えるのかはわかりませんが、ユニーク。

楽天モバイルで使えるのでドコモ系のLTEには対応しているはずですが、対応バンドの記載がHPに見当たりません?発表イベントではFDD-LTEがBand 1,3,7、TDD-LTEはBand 38,39,40,41に対応となっていたようです。

SIMサイズはmicroとnanoサイズのデュアル対応というのも面白いです。同時には通信出来ませんが手動で切り替えることが可能なので、2回線分で通信制限が掛からないようにデータ容量を使い分けることが可能ですね。

Zenfone2と同じ土俵(サイズと価格)で勝負してきていますが、こんな感じでなかなか面白いですよね。格安スマホというにはちょっと高いですが、需要はどうかな?

Mate7が定価の49800円で売っていますが、過去には他の楽天ショップでポイント込なら4万円台前半くらいまで下がったことがあるので、このオナー6プラスももうちょっと実売価格は下がるかも知れません。

4万円ジャストくらいまで下がれば、Ascend Mate7の小型版という立ち位置で売れそうかな~と思いますが、どうでしょうか。とりあえず実機を見てみたい程度には面白そうに感じました。



by ke-onblog | 2015-05-20 18:20 | スマホニュース | Comments(2)
Commented by にぱいあーる at 2015-05-20 18:55 x
先日、上海のファーウェイのショールームで実物見てきました。
質感は良いです。背面に継ぎ目がない分Mate7よりカッコいい。
(でも新型のP8はもっとカッコ良かったです。)

個人的には見た目で選べばZenfoneと同じ金額なら断然こっちです。
CPUの実力がよくわからないのはZenfoneと五分五分として(笑)後の判断基準は対応周波数ですかね。
Commented by ke-onblog at 2015-05-20 20:06
>にぱいあーるさん

おぉ!もう実機をチェック済みでしたか~。この価格で質感が高いとはヤバイですね!!(゚д゚) 

日本で発売するhonorは「PE-TL10」というモデルっぽいですが対応バンドはちょっと少なめなのでしょうか。ドコモ回線だけで使うならとりあえず問題無さそうですが、いろんな国で使いたい場合にはちょっと弱いと感じるのかもですね。

P8もイベントレポートを読んだ限り、iPhone追撃に本気を出しているな~という感じがヒシヒシと伝わってくる高性能・高級感がありましたが、やっぱり良さそうですね。今年もアジアメーカー勢は目が離せませんね(´∀`)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン