白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ローエンドのLTE対応スマホ Xperia E4g E2003 国内入荷

日本では取り扱われたことのないローエンドシリーズのXperia 「E」の新機種がExpansys経由で国内在庫が入ってきています。SIMフリーの安いXperiaではあるのですが、どうでしょうか。。。

☆「エクスパンシス Sony Xperia E4g E2003icon」/26080円(税別・送料別)

E2003はLTEモデルで、3G版の話は2月にブログで紹介しましたね(輸入転売のチャンス?日本では発売され無さそうなXperia E4)。この時の妄想はイマイチ実現はしてませんが^^;

icon
icon


CPUは1.5GHzクアッドコア、RAM1GB,RAM8GB, ディスプレイ4.7インチ(960 x540),バッテリー容量は2300mAhと少し大きめですが、これで2.6万はちょっとお高いですかね~。2月の記事で予想した価格はぴったり当たっていますが、これなら5インチ版のZenfone2 ZE500CLや他のXperia旧モデルの方がお得感があります。

SIMフリーで防水に対応したXperia M2 Aqua D2403は同じくエクスパンシスで3.8万ほどで売られていましたが、今は22,235円まで値下げされました。CPUは1.2GHzで少し性能が落ちますが、ディスプレイは4.8インチ(qHD)なので似たサイズです。M2はフロントカメラが5MピクセルとセルフィースマホとしてもPRされていたはず。4万弱だと高い気がしますが、防水SIMフリースマホで2万円半ばならまずまずです。

Zenfone2の低価格版ZE500CLは24,540円。ディスプレイは5インチ(HD)、CPUはIntel Atom Z2560の1.6GHzクアッドコア、RAMも2GB。バッテリー容量も大きく2500mAh。

低価格のXperiaは今も海外で人気はあるのですかね~?SONYブランドであることを重視するなら良いのですが、同じくらいの価格で1~2世代分くらい性能の高い中華スマホが買え、デザインも昔の野暮ったい感じから脱却して洗練されたものになっているので、Xperia E4のようないかにもローエンドなモデルの存在感が希薄です(だからこそ日本には直接投入しないのでしょうけれど)。

円安の影響もあるのかもしれませんが、Xperiaの逆輸入モデルはちょっと手が出しづらいですね。上記のM2 Aquaみたいに古くなって安くなり始めたものならまだしも、ほぼ定価状態の新機種は魅力が少なめに見えました。

☆「Sony Xperia M2 Aqua D2403(LTE版)icon」/22235円~
☆「ASUS ZenFone 2 ZE500CL icon」/24540円
by ke-onblog | 2015-05-21 21:12 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。