白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

一眼レフ用にclass10のSDカード HDSDX64GCL10UIJP2を買って評価してみる

比較的新しい感じの製品みたいですので、レビューしてみます。

私は今までデジタル一眼レフカメラ(Canon Kiss X7)用に「Class4」というコスト優先で安いSDカードを使っていたのですが、三脚を使わずに夜景を撮る「手持ち夜景モード」撮影を行うとデータの書き込みが遅くてちょっと不快でした。

SDカードのClass○という数値は大きければ大きいほどデータの書き込み・読み込み速度が速くなるのですが、今回はHIDISCというメーカーのClass10 UHS-I規格のSDカードを買って試すことにしました。

↓これですね。型番は「HDSDX64GCL10UIJP2」です。

HIDISC SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-I HDSDX64GCL10UIJP2

新品価格
¥3,780から
(2015/6/2 16:44時点)




「64GBのClass 10」というだけならもう少し安いSDカード、microSDカードもあったのですが、読み込み速度が最大80MB/sと速そうだったのでこれにしました。メーカーのHIDISCというのは「株式会社磁気研究所」という会社なのか研究所なのかよく判らない不思議なとこです。 いや、会社なんでしょうけども(笑)

届いたのがこちら。当たり前ですがアマゾンのパッケージそのままですね。
d0262326_16475528.png

ブリスターパックに入った、良くあるSDカードで見た目は普通です。
d0262326_1649138.png

「UHS-I」というのはウルトラ・ハイスピードの1型、という意味だそうで、Class10の中でも上位のモデルです。もっと早いII,IIIというタイプもあるそうですが、一般的なのはUHS-Iまでのようですね。

さて、まだ買ったばかりなので耐久度は不明ですが、とりあえずPCに突っ込めば普通に表示されました。SDカードの評価といえば「Crystal Disk Mark」のベンチマークが有名ですね。ってことで早速書き込み・読み込み速度のテストをしてみました。

まずはclass4のSDカード。
d0262326_16552234.png

シーケンシャルテスト(連続した1つのファイルのデータ転送)は書き込み4.4MB/s。これがクラス「4」ってことでしょうか。今はスマホでも4K動画が撮影できますが、この4.4MB/sでは足りませんね。4K動画を撮ると大体6-7MB/sくらいのデータ保存をしていかないと計算上追いつかないはずです

では本題のHIDISCの結果は次のようになりました。
d0262326_16583138.png

シーケンシャルの読み込みが81MB/sになり、パッケージに書かれている最高転送速度80MBというのは伊達じゃないことが判りました(笑)

書き込みも23.1MB/sほど出ており、class4の5倍以上です。やっぱり段違いですね~。ちなみにClass4の方は数年前に32GBを2千円くらいで買ったものです。メーカーは・・・書いてません(笑)

カメラに突っ込むと、一番データが大きくなる「RAW」ファイルでの保存でも2364枚撮影出来ると表示されました。
d0262326_171291.png

使用可能な容量は58GBくらい、RAW撮影だと1枚20数MBくらいになるので、そんなところでしょう。ちょうどRAMファイルの書き込みで1秒くらいになります。

これならRAWで連写も出来そうです。デジイチでは書き込みが遅延するとデータが破損したりするので、なるべくスピードの速いカードを用意したほうが良いということは知っていたのですが、使ってないSDカードもいっぱいあったのでついつい低速のものを使ってきました(苦笑) でもやっぱり速いカードは快適です。

ちなみに、パソコンに入っているSSDも測ってみると、書き込みが130MB/s,読み込みは560MB/sでした。結構古いSSDですが、やっぱりSDカードとは次元が違う速さなのですね~。

d0262326_1751380.jpg

これは引き出しに入っていたSDカードたち。一番左、今はもう骨董品レベルの8MB。確かボーダフォン(ソフトバンクではない)のMP3再生機能のある携帯に同梱されていたやつかな?

左から2番めは多分私が初めて自分で買ったSDカード。64MBで5千円くらいした記憶があります。今回買ったのが1000倍の容量になって、価格は安くなってますねw

とりあえず普通に使えそうなので、Class10でこのくらいの速度が欲しかった方はHDSDX64GCL10UIJP2を試してみるのも良いと思います(耐久度が知りたい方は、公開日からある程度日にちが経過してからコメント下さい(笑)。

まだまだかっこいい写真が撮れるほどの腕はついてきませんが、これで快適にガンガン撮影できそうです。

☆「Amazon HIDISC SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-I HDSDX64GCL10UIJP2
by ke-onblog | 2015-06-02 17:18 | デジイチ | Comments(4)
Commented by くろちゃん at 2015-06-02 20:38 x
安くても高性能ですね!
カメラは詳しくないのですがKiss7はUHS1に対応しているって事なんですね。
デジモノは新しいに限りますね
Commented by ke-onblog at 2015-06-02 22:09
>くろちゃんさん、こんばんわ~

このカードは価格もお手ごろで良い感じでした^^ Kiss X7は公式にUHS-Iに対応していると記載されてますね。

class4と比べてそこまで高いわけではないのにこれほど性能が変わるとはちょっと驚きでした^^; SDカードやハードディスク類の進化は凄いですよね。性能もですが、昔に比べて価格の割安感がハンパじゃないです(笑)
Commented by ももも at 2015-06-03 01:06 x
6/2のアキバの白ロム買取店「モバイルヘッド」のブログでこんな文面が・・・


「状況がどんどん変わってきているようですネェ~
既に当方の取引業者も数社、日本版の白ロムの取扱いを中止することが決定しました
韓国とかアメリカの業者は副業的に白ロムの取扱いをするようになっており、メインからは外れているようです
日本国内で中華系とよばれている買取所も別な動きに突入していっております
そろそろ的なオーラも出てきておりますが、
当方はとにかく買取り進めさせていただきますっ
けっこう買取所の進出が激しくなって活気が出てきているようですが、実際は淘汰もかなり進んでおります」


との事・・・・・。
ke-onblog様的にはどうとらえますか?
Commented by ke-onblog at 2015-06-03 02:34
>もももさん

わ~、これは不穏な内容ですねェ(´∀`;) 私もこの買取店は存じ上げてますが、どうなんでしょうね・・・。このタイミングで日本版の白ロムを扱わなくなる理由はイマイチわからないので(むしろ海外から見れば買いたくなるはず)、「試しに参入してみたけど儲からなかった」という業者が多いってことですかね(淘汰された、というのがまさにソレですよね)?

ツイッターで悲鳴を上げながら買取されている様子をよく見かけますが(笑)、たぶん買取と販売のバランスをギリギリにしないと白ロム売買専業者はキツイのかもしれません。この場合ライバルとなっているのは我々のような個人で仕入れたり売ったりするユーザーも多いため、「業者としては厳しい」というように感じます。

そろそろ的なオーラってなんですかね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。