白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Kindleの電子出版 英語で海外マーケットを狙えば大儲け?

昨晩からこのブログの電子書籍版を無料配布しておりますが、モノ好きな方が多いようで(笑)、たくさんダウンロードして頂いております。

この無料配布期間が終わったらKindleストアから削除しようかなとも思っています。もう情報が古すぎて役に立たないことばかりで、それを知らずに買ってしまう方がいらっしゃると心苦しいですので。

今後このブログのまとめは先日お伝えした作成中の新サイトを使って見やすく整理しますので、もうあのKindle本の役目は終わりだと思っています。あとはKindleの電子書籍ってどんなもんよ?と体験したい人は今のうちにDLしておいて下さい(笑)


さて、そんなKindleでは今回の私のように無料で販売していては一円の収入にもなりませんが、海外では「Kindle Unlimited」という月額定額の読み放題サービスがあり、そのプログラムで読まれると素人でも大儲け出来るんじゃないの?というようなレポートがAmazonから来ていました。

Kindle Unlimitedでは、Kindle上のすべての本が読めるというわけではないようですが、アメリカやイギリス、ブラジルなど北南欧米の9カ国で利用できるそうです。

Kindle Unlimitedでは「KDPセレクト」というkindle上での独占販売条件を飲むと登録できるのですが、これは個人の電子出版でも登録が可能です。

そしてこの読み放題サービスで本が読まれると、読まれた回数に応じてKDPセレクトグローバル基金というところからお金が支払われるのだそうです。

2015年5月では、この基金に13億2600万円もの資金が割り当てられており、これをUnlimitedで読まれた本の回数に応じて分配されます。

これまでは「本が購入された回数」を基準にしていたそうですが、7月からは「読まれたページ数」に応じて支払いがされるように変更されます。つまり今後は1冊のダウンロードでも、ページ数が多いほど報酬がいっぱい貰えるということですね。


ではどれくらい読まれればいくら位貰えるのか、って話になるわけですが、amazonから来たメールに記載されている例では、「100ページの本を100回ダウンロード(100ページ完読)→1000ドル」となっていますね。

これはただの例で実際の報酬額というわけではないのでしょうけれど、たぶん桁違いの例ってわけでもないと思うのですよね。

もしこのブログの電子書籍版がKindle Unlimited上にあって、昨晩からDLして頂いた皆さんがすべて読んでくれたとして、1冊200ページくらいあったはずですから・・・数十万円くらい貰えるという計算になりますw

私の本で稼げるというのは冗談にしても、ちゃんとした内容の本を英語で出版し、海外のKindleストアで販売すればすごく儲かってしまうのでは?と思うわけです。

個別でお金を払うほどじゃないけど読み放題なら読んでみるか、というレベルの本なら個人でも十分狙えるのではないか、とですね。

日本でもUnlimitedサービスが始まれば、とも思いますが、日本の出版業界の反発が強そうなので難しいのですかね。

海外でKindle本を売る設定自体はとても簡単です。販売時にチェックを入れるだけなので、転売ブログの電子書籍版も海外のKindleストアでも買えるようになっているはずです(売れたことはないですが)。

もし皆さんがKindle本を売りたいと考えているなら、海外で勝負できる内容を検討してみると良いかもですね。

最新2014年調査Kindle自己出版~KDPの優しい手引き~



by ke-onblog | 2015-06-16 15:35 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。