白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

機種変一括0円でも「1年縛り」ワイモバがのりかえサポート機種を拡張

普通に使いたいという用途ならば別に構わないのですが、この流れはちょっと気になります。

ワイモバイルのオンラインショップでは先日からDIGNO T 302KCのアウトレット在庫へ機種変更が一括0円で出来るようになっているのですね。だれでも買えるウェブショップの案件で機種変更一括0円というのは新しいですよね~

302KC自体は性能は高くなく、もともとの定価が3万円台、新規やMNPでもワイモバイル店舗で一括0円で当たり前のように買える機種だったはずです(興味がなかったので実際にはどの程度だったか記憶にはありませんが)。

しかしこの機種変更、契約後1年縛りの条件があります。

ワイモバイルの1年縛りは「のりかえサポート」という名称でNexus5などにも適用されていました。「のりかえサポート」という名前だと「MNP」っぽいのですが、機種変でも確かに「(機種の)乗り換え」には違いありませんよね(苦笑)

プラン自体にも2年縛りがあるのですが、もともとスマホ用のプランに加入していた場合は契約月数はリセットはされないと思いますが・・・。

のりかえサポートの違約金は2万円になりますので、機種変で端末を手に入れてすぐに解約、という選択はありえません。2万円あれば普通に新品の白ロムが買えるはずです。


ところで、ウェブショップ上での機種変更の安売りといえば、思い浮かぶのはドコモのご愛顧・開店周期記念セールです。シーズンごとに新規や機種変で数千円~1・2万円程度でで型落ちのスマホやガラケー、タブレットが安くなって話題になります。

かつてはミクスペリ(SO-04E)や屏風スマホ(W-05E)といった面白端末が安く買えてお得な機種には注文が殺到したものです。

しかし、この流れでは・・・

最近のドコモはSBグループのシステムに近づいているとよく言われますよね。つい最近も株主総会でひと騒動ありましたし。

ドコモではすでに1年縛りの「端末購入サポート」がMNPを中心に適用されています。「端末購入サポート」という名称は結構前からドコモにもあったのですが、現在のシステムはSBの「一括購入割引」をそのままコピーしたような内容になって展開中です。

前々から次の機種変セールがあるときにはこの「端末購入サポート」が条件になるのでは、と思っていた方も多いと思いますが、Yモバがその危惧された状況と全く同じことをやっていることになるので、やっぱりドコモでも・・・。

しっかり使っている回線でそのまま継続利用予定がある名義なら問題なさそうですが、機種変での安売りを想定して回線をキープしていた方はちょっと気をつけた方が良さそうです。


by ke-onblog | 2015-06-25 10:43 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。