白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

SBの格安SIM開始に備えて  ソフトバンクの割安な白ロム相場チェック

SIMロック解除義務化スタートよりも白ロム業界にとっては大きなインパクトになりそうなニュースが今日は出ましたね。

夕方に第一報をお伝えしましたが、ソフトバンクモバイル(明日からソフトバンクに統一)がMVNO用に子会社を設立し、ニーズに合わせた回線提供を行っていくつもり、ということです。

このスタイルはKDDIがUQモバイルを作るのにKDDIバリューイネイブラーという子会社を作ったのと全く同じですね。au回線は今のところ一般向けにMVNOを取り扱っているのはmineoとUQ mobileの2社だけのようですが、SB回線はどうなるか気になります。

SBは代理店販売とか好きだと思いますので、積極的にMVNO事業者を募集しそうなようにも思います。

格安スマホサービスをSBが本格的に始めるとワイモバイルの立場は無くなりそうですけどね(´∀`) ワイモバイル自体が「SB」ですから結局はどこかで儲かればいいので関係無いですかね。

それともワイモバイルは通話向け、MVNOでデータ通信向けの顧客に売っていくという戦略でしょうか。


それはともかく、「白ロム転売」ブログとしては、これは外せないイベントです。昨年のmineo発表時の経験を活かさねば!

今でこそSB版のスマホも将来SIMロック解除をすれば他社の回線でも使えるようになりますが、これまでソフトバンクで販売されているスマートフォンでは殆どの機種にレベル1ロックが掛かっており、解除は不可能でした。

そのためソフトバンク用の白ロムはソフトバンクで使うしか無く、機種変更用のユーザーには一定数の需要はあるものの、同型モデルのスマホがあれば、ドコモのものより安くなることが通常でした(au版は投げ売られすぎてSB版より安いこともいありますけど)。

これはauの2014年前半までの状況と同じです。そこからmineoがauのMVNOとしてデビューし、それまでは価値が低かったau用のLTE対応機種の価格が一気に跳ね上がりました。安いものであれば1万円前後で変えていた古めのLTEモデルが最低でも15000円~20000円くらいになっていたはずです。

SBの場合は販売されている機種自体は少ないので、狙い目となるモデルはあまり多くありません。特に投げ売りされた機種とそうでない機種の白ロム価格に大きな差があるので、現状で白ロムが高い機種はMVNOが始まってもそれ以上高騰するようなことにはならないでしょう。

それを踏まえて今後人気が出そうな端末を、ヤフオクの最近の新品落札価格とセットで書きだしてみましょう。

・iPhone6/6Plus / 55000円~
・iPhone5s 16GB / 38000円~
・Xperia Z3 401SO / 38000円前後
・AQUOS CRYSTAL 305SH / 17000円前後
・ARROWS A 301F / 25000円前後
・DIGNO K 202K / 12000円前後
・Blade Q+ / 12000円前後
・DIGNO U/ 10000円前後
・AQUOS PHONE Xx 303SH/ 18000円前後

他にもAQUOS PHONEシリーズだと203SH,205SH,206SH,302SH,304SHがあります。アローズは201F,202Fが4G機種。

安売りが終わっている機種はあまり未使用品や安くないですが、状態が良いものなら中古でも需要が出るはずです。買い集めるならネットワーク制限が○のものを。

☆「ヤフオク SB iPhone6本体出品一覧

シンプルスタイル用として発売されたBlade Q+にも注目です。普通に使うならプリペイドよりもMVNOの方が割安でしょうから、使い道が増えます。ライバルはDIGNO U 404KC。

ルーター機種も4Gに対応したものが値上がりする可能性ありです。

iPhone 5sは白ロムがそこまで安いわけではないですが、激安店ではキャッシュバック特盛りで一括0円購入が続いていますので、手に入れたらすぐには手放さない方が良いでしょう。ドコモ版の5sでも買取店の最高が16GBで4万円半ばくらいだと思いますので、それを超えないにしてももう少し回復する可能性があります。

ノジマには5s,5cの安い白ロムの入荷が多いです。au版はiOSのせいでMVNO需要が増えませんでしたが、SB版が使えるようなら今後の値上がりが期待できます。対応しなかった時は残念ですが、どう出るでしょうか?

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧

予算があり、SBのMVNOがiOSでも問題なく使えれば5sの高騰が期待できますので買い集めてみるのもいいかもしれません。中古のSB用5s 32GBゴールドが今は26000円で買えますが、中古でも4万くらいまで上がるかも?

すぐにMVNOが始まるのかどうかは今日のニュースリリースでは判りませんでしたが、白ロム争奪戦はもうすぐにでも始まりそうです。どう動くのか、いろいろと考えてみると良いでしょう。


by ke-onblog | 2015-07-01 00:23 | スマホニュース | Comments(4)
Commented by にぱいあーる at 2015-07-01 19:11 x
こんばんは。
いいニュースなのは間違いないですが、禿バンクは白ロムでも罠多いですから、手を出すのは怖いですね…。
現状、フィーチャーフォン、3Gスマホ、iPhone、アンドロイド4GスマホそれぞれのSIMに互換性がないですし、MVNOが出てきてもどのSIMと互換性があるかわからないですから。
まあ常識的にはiPhoneか4Gアンドロイドのどちらかとは互換性があるものになると思うのですが、SIMロック解除義務化された今だと、ロック解除されていれば問題ないとか言って、どれとも互換性のないSIMにしてくる可能性も否定出来ませんし。
iPhoneかアンドロイドかどちらかに賭けるのもリスクありますからねえ…。
Commented by ke-onblog at 2015-07-01 21:03
>にぱいあーるさん、こんばんわ~

SIMの互換性は大問題ですね!本当にどんな仕様でサービスを開始してくるかによって展開は変わりそうです。まだSBの白ロムが使えるMVNOになるとは決まったわけではないですよね(´∀`;)

iPhoneが使えないのではmineoの二の舞いですし(別に失敗しているとは言いませんけどもw)、かと言って本家回線でiPhoneを使ってくれなくなるのもSBとしては防ぎたいとも考えそうですよね。

狩りのチャンス到来か!と思いましたが、そう考えると先手を打つのは難しいですね。どんな仕様のサービスになるのか正式に出てきた時が勝負になりそうです。
Commented by ももも at 2015-07-01 23:27 x
乞食対策に余念のないSBのことですから
利用期間や解約金は設けないかもしれませんが
MNP手数料はいきなり20000円とか言い出すかもしれませんねw
Commented by ke-onblog at 2015-07-02 01:02
>もももさん

本当にそれが実現しそうで怖いですよねw すでに一括購入割引で違約金4万だの5万だのを普通に提示していますので、いまさら2万円くらいでは驚きもしませんね(´∀`;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。