白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

SIMフリーとして発売のSurface3 auやdocomo回線でも使える模様

先月日本でも発売開始されたマイクロソフトのタブレットPC「Surface3」はSIMフリーとして登場しながら、基本はY!mobileとのセット扱いでしたが、他社のSIMでも動作確認が出来ているようですね~

公式としてはあくまでSB/Yモバだけでしか検証はいていないとしていますが、バンドと通信方式が同じであれば使えるであろうとは事前から言われていましたしね。

こちらがSurfaceの対応バンドです。
[4G LTE] バンド 1 (2.1 GHz) / 3 (1.7 GHz) / 8 (900 MHz) 対応
[3G] バンド 1 (2.1 GHz) / 8 (900 MHz) 対応

バンド数は少ないですが、LTEのBand1はドコモでもauでも使われているので、繋がるエリアに持っていけばちゃんと利用が可能とのこと。

利用レポートは週刊アスキーとITmediaに書かれています。

Surface 3にドコモとauのSIMを挿したら速度が段違いだった/← docomo系MVNOのSo-net SIMと、au系のmineo SIMで速度テストをしています。さすがにMVNOの回線程度ではワイモバイル本回線の敵では無いようです。

ワイモバイルのLTE版『Surface 3』に格安SIMを挿してみた結果/← docomo系MVNOのIIJmioのSIMを挿しています

☆「SIMロックフリーな「Surface 3」が、Y!mobile“以外”のSIMカードと出会ったら……?」/← docomoのnanoSIMと、auのVoLTE用SIMで動作確認がとれたようです。

ドコモのBand1は全国的にかなり広く使われている周波数帯らしいので、最大は75Mbpsになると思いますが通常利用には支障が無さそうですね。

auのBand1はどうなのでしょう・・・auのメインはBand18?ドコモは3Gも掴めるはずですが、auの3Gは方式が違うので使えないでしょうね(上記のレポートにもそう書いてあるはずです)。

Surface3はワイモバイル回線とセットで買うと3ヶ月分の基本料金が無料、スマホと同時購入ならシェアプランに入れることも出来ます。

ドコモ系MVNOで使うなら本体だけあれば良いでしょうからマイクロソフト本家から買えばOKです(ただし一括支払いになるようです)。価格はワイモバでの本体価格と同じで,64GBモデルが88,344円、RAM 4GB/SSD 128GB版が99,144円。

☆「Microsoft Surface 3 (4G LTE)

ワイモバの回線を新規で契約すると最低でも毎月Sプランの1,058円が2年契約で掛かりますので、サブ回線運用ならドコモ系MVNOで十分です。千円あればどこのMVNOでも3GBは使える時代ですので。


by ke-onblog | 2015-07-02 16:48 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。