白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2015年7月格安SIM事情 コスパが良いのはDMM 10GBプラン

昨晩DMMに新プランとして15GBプランや20GBプランが追加された~という日記を書いていて、何故か新しいプランのほうが旧プランよりコスパが悪化していたのが気になりました。

そこで現時点で出ているMVNOのデータプランの料金比較データベースも作って比べてみることに。

昔このブログ内でも各プランの月額料金を1GBあたりで割ったデータを出したことがありますが、新サイトでは現在66プラン分のデータを打ち込んで並び替えが出来るようになりました。現存するすべてのプランとは行きませんが、主要な格安SIMサービスは網羅できていると思います。

で、1GBあたりの月額料金に並べた結果がこちら。
d0262326_9385455.png

トップはDMMの10GBプランで、1GBあたりは225円。やっぱり安いですね~。2位の楽天モバイルもたった月額10円の差ですけど。

DMMの新プランであるところの15GBプラン(305円/GB)だと、私が入力した66個のプランでは27位です。やっぱり単価だけ見れば大したことないです。

大容量を使いたい方にとってはSIM入れ替えの手間の無さはもちろんメリットですし、そもそもファミリー向けで複数枚のSIMを契約して分け合うことを前提にしているのでしょうけれど、もう少し割安にしてくれると嬉しかった人も多いのではないかと。

まぁ、あまり大容量プランを安くして回線を占有されるのも既存ユーザーとしては面白く無いので良いですけどね!(゚∀゚)アハハ

むしろ大容量プランで安すぎるのは格安SIMサービスにとっては危険なのかもしれませんね。特にDMMでは高速通信分が残っている利用状況に短期制限を設けていないので、例えば月末に余ったデータをガンガン使う人が集中すると回線が不安定になるでしょうから。

う~ん、なるほど、15GB以上の価格設定が高い理由に自己納得です。本当にDMMがそう考えているかどうかは知りませんけど。


データテーブルの続きは新サイトで確認して下さい。各プランの短期通信制限情報を追加したテーブルも用意しています。

☆「モバイルびより MVNO最安値比較-1GBあたりの単価編




by ke-onblog | 2015-07-03 09:41 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。