白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

端末購入サポートで投げ売りのNote Edge SC-01G ヤフオクでも白ロムが相場下落

まだ下がりそうです・・・

先月からドコモで安売りされているサムスン製スマホ2機種、GALAXY Note Edge SC-01GおよびGALAXY S5 Active SC-02Gの白ロムが予想通り大幅に値下がりしてきました。

買取店の査定も一気に厳しくなるわけですね(´∀`;)

2週間前の6月23日時点では、下記のように相場を日記に書いています(詳しくは 6月23日版 注目機種白ロムのヤフオク価格相場を御覧ください)。
・Note Edge SC-01G 55000円~60000円 
・S5 Active SC-02G 45000円前後 

で、今の落札相場はSC-01Gが5万円前後、一部は4万円台に突っ込み始めています。

もう5万円オーバーはきつそうですね。初期価格はSIMフリー化でもしていない限り、4万円台から始めたほうが良いです。新品未使用、制限○の万全の状態で5万円ジャストくらいが相場です。

一方のS5 Activeはあまり変わっていません。

出ている台数自体がNote Edgeの1/3と少ないこともあるのか、4万円台後半~5万円前後で安定した取引が続いている感じです。

SC-02Gは高耐久スマホ。ちょっとゴツいので万人向けするデザインではないこともあり、皆さん避けているのでしょう。私もSC-01Gと02Gが同じ条件で売っていたら01を選びますし。

でも白ロム価格相場は市場流通量にも影響されますので、このあたりからはどちらを狙っていくのか判断力が求められます。

現在はどちらの機種も在庫はそこそこあるようですし、このままの傾向で在庫が増えるとNoteのほうが安くなりかねません。ポテンシャル的にはNoteの方が継続的な人気・需要はあると思うのですが、Activeの方を上手く高値で売り抜けられれば美味しいのかも、とかです。

新品では売らずしばらく使ってから中古でいつか売ろう、と考えるならNoteが良さそう。Noteはミニタブレットとしての需要もあるので、高く売れる期間が長めの傾向があります。

在庫が少ないという意味でActiveの方が買取額の高いショップというのも出てくるのかもしれません。

購入サポート機種を買うなら回線の維持期間も1年以上と長くなりますので、どう勝負するのかよく考えて動いたほうが良さそうです。



by ke-onblog | 2015-07-04 23:08 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。