白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

プリスマBladeQ+の初期チャージ 1万円分で何が出来る?

以前プリモバのチャージでは計算したこともあった気がしますが、BladeQ+のサマーキャンペーンが出たついでに考察してみましょう。

昨日からMNPだと実質0円以下(本体11400円-1万円無料チャージ-4000円ギフト券という計算)という格安で買えるBlade Q+は、上級者にもサブスマホとしてなら使いどころがありそうですが、むしろ「初心者向けの格安スマホ」としてのメリットが大きいはずです。

☆「ソフトバンク BladeQ+ サマーキャンペーン


MVNOの格安スマホ販売とは違い、あくまでSBが取り扱っているものですので、初期不良や修理、サポート対応はキャリアのそれです。トラブルがあった時にどうしていいのかわからない、対応窓口がどこにあるのかすらわからないといった小さな事業者とは別格ですので、「安心して使える初心者向け格安スマホ」としてみることが出来ます。巷で言われる格安スマホはプラン・機種選びに幅があるため、初・中級者どころか上級者向けですからね(´∀`;)


さてさて、ソフトバンクのプリペイド携帯・スアートフォン(あわせて今はシンプルスタイルと呼ばれています)では、オンライン経由で買う場合には必ず初期チャージが本体価格に含まれているため、購入直後にプリペイドカードを追加購入しなくてもOKです。

むしろ、必要に応じて最低限分だけでカードを買えるのがプリペイドのメリットなので、無駄にたくさん買ってしまうのは勿体無いだけです。チャージには有効期限もあるため、使い切れなければ一定期間後に消えてしまいますので。
d0262326_1131159.png

(これは去年私がセブンで購入した追加チャージ用コードが記載された券です)

購入時にチャージされている額には機種ごと・購入のタイミング毎に違うこともあるのですが、今は「3000円」「5000円」の2タイプの機種が発売されています。

シンプルスタイルで最も安いガラケーである301Zは販売価格6458円のうち4000円分、中古スマホ機種のHONEY BEER 101Kなら8100円のうち5000円分のチャージが含まれます。

Blade Q+の場合は22140円のうち、10000円分の無料チャージが付いています。しかし、この「10000円分」を丸ごと通信料や通話料に充てることが出来るわけでもありません。購入直後の時点で、手数料が引かれているからです。

現在だと契約事務手数料に相当する3240円と、ユニバーサル料金14円分が差し引かれて、実質残っているのは「10000-3240-14=6746円分」ということになりますね。

ではこの6746円分で何が出来るのか、考えてみましょう。

シンプルスタイルではMNPで乗り換えをすると料金が下がるプランもあるのですが、今回は新規の通常料金で計算してみます。

まず、現在スマホ機種を購入した場合、利用開始日とその翌日の24時まで無料で使えるパケット期間が用意されています。この2日間で初期設定や必要なアプリをインストールしておくのも良いですね(プリスマの場合は普通にGoogle Playが使えますが、大容量のアプリやムービーをダウンロードしまうと短期通信制限に引っかかる可能性があるので、大きなファイルの転送はWi-Fi環境でやりましょう)。

シンプルスタイル用のパケットプランは以下の3種類です。
d0262326_11325752.png

どのプランも初期チャージで追加で利用可能ですが、最長になるパターンは「30日プラン」×1回+「2日プラン」×1回=6350円(初期チャージ分残りは約400円)です。

必要なときだけ単発で使うなら「2日プラン」×6回(5832円分)です。7回目は追加しないとちょっとだけ足りません^^;

次に通話に料金を使った場合の計算をします。

シンプルスタイルの通話料は「全国一律8.58円/6秒」で3Gケータイもスマホ機種も同額です。

6746円分だと、約4717秒→約78分=1時間18分くらい通話が可能です。結構電話できますね~。

この他プリペイドカード残高確認用の「1400」やカスタマーサービス「157」、警察「110」消防「119」、海上保安本部「118」への通報は無料で、チャージ有効期間終了後も利用可能です(電話番号有効期間終了後は使えません)。


シンプルスタイルでは4000円と5000円のチャージは有効期間が60日間なのですが、Blade Q+の10000円チャージ時は「120日間」と2ヶ月分長いのです。番号有効期間は+360日分なので、初期チャージのみの場合は利用開始後約480日(およそ1年4ヶ月)後まで番号が生きています。

今日(2015年7月11日)から480日後は・・・2016年11月2日ですかね。その頃にはさらに次世代iPhoneが出ている頃ですかね。格安のプリスマでスマホに慣れた後、そのままの番号で通常契約に変更したりMNPすることもできるので、使いどころを考えて手に入れてみましょう。

*今回の試算は2015年7月10日時点での料金プラン・契約条件を参照しています。条件は変更になることもあるので、詳しくはSBの公式HPでチェックして下さい。結構条件はコロコロ変わります。


by ke-onblog | 2015-07-11 11:35 | 白ロム転売法 | Comments(2)
Commented by ルカタン at 2015-10-21 15:59 x
私もこのスマホを使わせてもらってます。結構速度も早いし安いのでいいですね!無駄な課金も防げますし。あとはプランでデザリングがあってほしいでふ!
Commented by ke-onblog at 2015-10-21 18:00
>ルカタンさん

お~、Bladeをお持ちですか!この機種はこの価格でSBの4Gと4GLTE、プラチナバンドまで対応してくれているので、接続は十分ですよね(山間部ではSBはそもそも弱めですけどw)。

そういえばプリスマではテザリングオプションが無いですね。今はテザリングが出来る機種もアウトレットで追加されていますし、サービスの拡充をして欲しいですね。普通のスマホでも2年は無料ですし、1年くらいはオプション無料で使えるなどやってくれたらもっと便利になりますよね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。