白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンクエアー 最近の利用制限や速度、コスパ考察

8月に入った夏休みは引越しシーズンの一つですね。子供の1学期が終了するタイミングなので、ファミリーの引っ越しが増えるのだそうです。

その影響か、このブログに訪問される方でソフトバンクエアー関連の情報を求めてやってこられる方が多いようですね。

以前に私が調べたデータは2015年2月下旬だったので、ちょっと情報が古くなり始めています。なので今日は最近の情報をガッツリと再チェックしてきました。

*実体験というわけではないのでご注意下さい。我が家は普通に安いマンションタイプの光が契約できたのでSB Airの出番はなさそうです^^;

2月23日時点のまとめ記事と重複する部分は今回省略していますので、SB Airについて詳しく学びたい方は先に読んでみて下さい→固定回線に替われる?ソフトバンクエアーの実速度や利用制限



では行きます。

【ネット回線は使い放題かどうか?】

これは過去記事の方にも追記で書いたのですが、2015年4月頃にSoftbank Airの利用規約が改定されており、ネット通信に対して【絶対に制限が掛からないわけではない】という状態になっています。

なお最新の利用規約は7月29日に更新されていますが、これは先日公開されたWindows10での利用状況についての注意事項が増えたようです(一部使えない、未確認の機能があるようです。Windows10に関するSB Airの注意事項詳細はこちら)。通常利用では問題なさそうですが、新ブラウザMicrosoft Edgeでネットワークの設定が出来ない可能性があるっぽいです(IEを使えばOKだそうです)。

通信制限について、説明重要事項の記載は以下のようになっています。
本サービスの安定提供を目的として、当社の判断により、お客様の本サービスのご利用にかかる通信について、当該通信に割り当てる帯域を制限します。その結果、伝送速度が低下する場合があります
現在は毎月○GB・短期(1日や3日)で○○GBを超えたら速度を絞る、というものはないようです。

7月時点でのクチコミや利用体験談を調べた限りでは、速度制限に引っかかったという事例自体がほとんど見つかりません。まだ利用者自体が少ないせいかもしれませんが(笑)、1日に数ギガ使ったくらいでは制限はかからないようです。

WiMAX2+が3GB/3日という短期制限がありましたが、現時点では格段にSoftbank Airの制限基準は緩いようです。

制限時の速度についても情報がありません。通信多寡による制限よりも、時間帯における回線混雑で速度が落ちる・ネットワーク的な安定性の影響の方が大きいため、はっきりしたことはユーザーの方でもわからないようです。

【実測度や受信感度はどうか?】

これは以前と変わりがないようです。Softbank Airではスマホにも使われているSoftbank 4G(AXGP)を利用していますので、スマホのネット速度が遅くなる時間帯・繋がりにくい場所では速度の低下・不安定化が起こります。

下り速度は最大110Mbpsの仕様で、実測度で20~40Mbps程度は普通に出るようです。50Mbps以上のデータもあるようですね。詳しい傾向は過去記事を参照して下さい。

混雑時の速度低下についても、数Mbps程度は出ているため、ウェブ閲覧や動画試聴くらいなら何の問題もなく出来るとのこと。これもやっぱりソフトバンクのスマホと同じようなものです。

格安SIMのように低速時間帯は1Mbpsを切るような自体にはまずならないようですが、1~2Mbps程度まで落ちる時間帯・地域もあるようなので、通信品質の優れない地域では厳しい可能性があります。

ちなみに、利用住所がSoftbank4G圏外の場合、電波が届かなくなる超高層マンションなどでは契約自体が出来ないことがあるそうです。契約してから通信が入らないことが発覚した場合は、8日以内に解約を申請することで契約解除が可能です(詳しくは重要事項詳細を参照して下さい)。

【料金&キャンペーン】

価格も以前と同じです。加入特典の割引(月額-500円×24ヶ月)なども変わっていません。

料金体系はYahoo! BB基本サービスについて、1.スタンダード、2.プレミアム(+500円)と、Softbank Air本体のA.レンタル利用、B分割購入利用の4通りの組み合わせです。
d0262326_6423045.png

スタンダードとプレミアムでは保証の内容や特典に違いがあります。例えば、

・Yahooショップでの買い物で常時ポイント10倍
・オンラインストレージが100GBまで利用可能
・ヤフオクの出品も可能に


ヤフーのプレミアム会員相当の機能が使えますね。2年間は+200円でプレミアム化出来るので、通常のヤフーIDでプレミアになっていない人は追加しても良いかもです(通常のプレミアム会員月額料金は380円)。あとはSoftbank Airターミナルの破損補償なども追加されます。


前回調査時に無かったものとして、2015年7月17日~10月31日までの期間に申し込むと10万円分のAmazonギフト券が10名にあたるというキャンペーンが始まっています。

抽選条件は11月末時点で利用を継続していることとなっています。そもそも2年未満で解約すると違約金(9500円)がありますので、ここはクリアする方がほとんどでしょう。

当選人数が少ないですが、当たれば2年分のソフトバンクエアーの基本料金がほぼすべて賄えます(笑)


現時点ではこんなところですね。本体を分割購入・スタンダードプラン契約で月額4千円弱という維持費用は固定回線としては高くはありません。通信に関しても接続状況の悪い場所でなければ、どうしようもなく使えない回線という評価では無いようです。

一時期「利用規約が改定されて制限がきつくなった」という噂も聞いていましたが、ネット上の情報を見る限りではそこまで実害は無かったようですね。今後のことは判りませんけど^^;

ただ、つい最近の事情ですがSoftbank Airのライバルとして、モバイル回線のWiMAX2+のギガ放題プランが制限時速度を5Mbps前後までアップしているため、外でも使いたいならWiMAXの方が良いかもしれません。

WiMAX2についてはこのあたりの記事をどうぞ→ WiMAX2+の時代がキタ!制限時速度が大幅アップで固定回線の代わりになりそう

WiMAXをほとんど家だけで使い、3GB/3日の制限に引っかかり続けていて、5Mbps程度では満足できないという方はSoftbank Airの方が気楽に使える可能性がありますので、どんなふうに使いたいのかをよく考えて検討してみてください。


by ke-onblog | 2015-08-01 07:21 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン