白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

どれでも5万円で買えるようになったiPhone,Xperia,Galaxyの最新スマホたち

前回記事からの続きです。

さて、次はSony Xperia Z3 SO-01Gの相場です。こちらもこれまで何度もブログで白ロム価格の動向について分析してきましたが、8月も安定した高値が続いていますね~。
d0262326_20194881.png


直近の高値では、新品が57000円!!!過去には3万円台でいくらでも白ロムが買えた時期もあったのに、驚異の価格アップが続いています。

落札相場として、5万円台前半くらいまで到達している出品がほとんどですね。

Xperia Z3は2014年10月23日の発売でした。iPhone6より1ヶ月遅れで登場した機種ですが、今の白ロムの価値はiPhone6 16GBモデルとほぼ同等になっています。

2015年3月~6月頃までは白ロム在庫が増えていたおかげで安く変えたZ3も、7月頃から値上がり続けて気付けばこんなことに。


iPhoneはゆっくりと値下がりつづけて、Xperiaは値下がった後の価格上昇で同じ価格帯になりましたが、最後のサムスン、2015年4月に発売したGalaxy S6 SC-05Gは「急落」で仲間入りです。
d0262326_20205774.png

この機種は7月から端末購入サポート機種対象になり、一気に価格相場が下りました。6月頃までは7万円以上の高額で売買されていたSC-05Gも、今では幾分リーズナブルに。

新品でも55000円はもう厳しいようです。今回のテーマにしているiPhone6, Xperia Z3に比べて半年ほど新しい現行機種ですが、「デザインで最終勝負」というGalaxyシリーズにさらなるテコ入れを行ったドコモ。

端末購入サポートでMNPの一括0円機種になったわけですが、販売形態がXperiaZ3とほぼ同じになったため、白ロムの価値もZ3と同じくレベルに収まるのは予想通り。

しかし、XperiaZ3は在庫不足感があるので今の高値を今後もキープ出来そうですが、Galaxy S6はまだ在庫が有り余っていそうなので、これから安売りが進むとまだ価格相場は下がりそうな気配です。


Xperiaはすでに後継機のXperiaZ4が発売済みですが、Galaxy S6は今しばらく自身が最新機種、iPhone6はまもなく型落ちと、それぞれのシリーズとしての販売段階も異なります。

普通に考えれば型落ちが待っているiPhone6,Galaxy S6は今後の値下がりが懸念されるところですが、後発機種が失敗する、仕様変更によってZ3のように逆に古い機種が持て囃されることもあるという事例を見てしまうと、「値下がる前に売るのが正解」とは断言しづらいところでもあります(笑)

それぞれの機種をキープしている、あるいはこれから買おうとしている方は、どのタイミングで売買をするとお得なのか戦略を考えながらチャレンジしてみるのも一興です。まぁ、それほど短期間で相場が変わるわけではないので、本当にスマホが必要な方は値動きを観察しているヒマなど無いでしょうけれども(´∀`;)


もし私がそれぞれの機種を白ロムで買うなら、

iPhone6 → すでに十分買い時は来ている。この先急落することは無いので、欲しい時が買い時
XperiaZ3 → 買いどきを逸していて、勿体無いと感じてしまう。でもZ4ではなくZ3が欲しいなら買うしか無い
Galaxy S6 → もう一歩の値下げを期待したい

こんな感じです。どの機種もヤフオクで5万円前後で白ロムが買えるわけですが、それぞれの価格に感じる印象はかなり違います。

スマホは欲しい時に欲しい機種を買うのが一番幸せだとは思うのですが、価格がめまぐるしく変わっていく状況を見続けていると、いろいろと考えてしまいますね~

夏休みはスマホを買い替えて使い慣れたいという方も多いと思いますが、今買うのがお得なのかどうか、よく考えてみると良いかも知れません。


by ke-onblog | 2015-08-12 20:51 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン