白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

SB MNP用新割引の「のりかえ割」適用条件 大幅値引きも寝かせ不可

見落としていましたが、ソフトバンクの「のりかえ割」が9月19日から新しくなってますね。

9月以前も全く同じ名称の「のりかえ割」がありましたが、内容と適用条件が変更されていますので、新適用条件と割引額を確認しておきましょう。

まず、新のりかえ割の割引方法は「3種類」あります。
d0262326_91455.png

以前の特典はソフトバンクカードへのチャージやお父さんロボット掃除機なども選べたのですが、今回は「契約プランに応じた金額×12回の値引き」のみとなっています。

割引額は3段階で、

・大容量パック時 1836×12=22032円分
・標準(5GB)時 864×12=10368円分
・ホワイトプラン時 934×12=11208円分

割引の適用は、契約の翌月から開始です。なので、上記の最大割引額を受けるためには実質13ヶ月のプラン維持が必須となります。

のりかえ割特典はデータパックのシェアオプション(子回線)は対象外なので、最低でもスマ放題ライト(1700円)+標準5GB(5000円)をキープし続ける必要がありますので、維持費を安くするためにプランを変更してしまうとのりかえ割は対象外になり、いゆわる寝かせ回線には使えません。

スマート値引きとの併用は行けるはずなので、Softbank Airなどのスマート値引き適用回線とセットにしてメイン利用なら、お得感はあります。

iPhone6s 16GBを大容量パック契約でMNP購入すれば最初の12ヶ月は、

-1836円(のりかえ割分)-2522円(スマート値引き分)-月サポ-2835円=毎月7193円の値引き

こうなりますね。スマート値引きを適用させると「iPhoneの購入サポート」は対象外になります。あとは「家族の学割」も「スマート値引き」+「のりかえ割」を適用していると併用不可です(スマート値引き+家族の学割、の2種類は併用できます。3つになるとダメです)


新のりかえ割の対象機種はiPhone6s/6s+だけではなく、XperiaZ4, AQUOS Xx, AQUOS CRYSTAL2, そして旧モデルのiPhone6/6+も入っています。


各キャリアやっぱりこの時期にあわせてキャンペーンを次々と出してきます。上記ののりかえ割のように購入時の割引だけでなく、購入後に継続して割引されるタイプのキャンペーンも増えていますので、契約前に維持費計算をする場合には、割引を受けられるプランを考慮しながら試算してみてください。

☆「ソフトバンク キャンペーン一覧


by ke-onblog | 2015-09-22 09:33 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。