白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

割れたノートパソコンのディスプレイ交換修理が完了しました

先週のシルバウィーク明け直後に愛用しているノートパソコンのディスプレイを割ってしまいましたが、ようやく直りました。

皆さんにいろんなアドバイスを頂いたおかげで、かなり格安で済ませることに成功ですv(´∀`*

最初はもう今の機種は諦めて新しいPCに買い換えることまで覚悟していたのですが、結局ディスプレイのパーツだけを仕入れて交換することにしました。

ノートパソコンのディスプレイとキーボード部分にイヤホンジャックを挟んでしまって、割った直後はこんなでした。
d0262326_1426088.jpg

そして、そこから1週間くらいそのまま誤魔化して使い続けたところ、黒く変色している箇所が少しずつ少なくなっていき、代わりに縦横に線が入ってしまいました。
d0262326_14271674.jpg

上記は交換直前の状態ですが割れた部分に漏れだした液晶が、画面中に線にそって広がってしまったという感じでしょうか^^;

交換用のパネルをインターネットやオークションでいろいろと探したのですが、どうもちょっと怪しげなショップしか出てこなかったのでどうしようか迷っていたのですが、偶然にも知り合いのさらに知り合いが近所で個人でPC修理業をやっており、そこに問い合わせたら使えるパネルの在庫があるということで、仕入れ価格でパネルだけ売ってもらうことが出来ました(´∀`)

ただ、個人でパネルを仕入れているということで、どこから買っているのか聞いたらメジャーなものは直接中国から買い付け、それ以外のマイナーなパネルは普通にヤフオクから買ったりもしているそうです。

なので、今回のディスプレイパーツもぶっちゃけあまりオークションで自分で買っても変わらなかったわけですが・・・。商品が確実にあって、送料が掛からなかった分くらいはお得だったでしょうか。

ついでに修理のアドバイスも聞いてきましたが、ディスプレイ交換の難易度は機種によるそうですが、私の機種の場合はパネルの取り付け時に誤って割らないこと・コネクタを外す時に配線を断線させないこと、といった本当に簡単な注意だけで、ミスらなければ誰でも出来る、と言っていました。

実際に私も交換してみて、あまりにもあっさりと交換できたので拍子抜けでした。

ディスプレイの取り外しはパネルの型番を調べる時にもやっていたので同じように外し、あとは下記のコネクターを1箇所抜き差ししただけでした。
d0262326_10584618.jpg

所要時間はせいぜい10分です。

業務としてPC修理をする場合は修理出来なかった時・壊してしまった時の保証や、パネルの仕入れに対する手数料もあるでしょうから作業工賃として1万円弱というのもわかりますが、節約重視ならやっぱり自分で交換するのが安上がりですね。

今回私の場合はツテを辿って上手いことディスプレイの在庫を手に入れられましたが、ディスプレイの自力修理のハードルはいかにちゃんとした交換パーツを安く・確実に手に入れられるか、これに尽きます。

とはいえ、これだけいろいろと調べるのに時間をかけ、今回は私は上手いこと1発でパーツ入手・交換に成功しましたが、修理で失敗するリスクまで負うのなら、一般のかたは普通にPC修理ショップに頼むのも悪くないと実感しました(笑) 特にコネクタ周辺を壊してしまうと直すのは難しそうですし、交換パネルも割ってしまって2枚目を買うなんてことになれば、確実に業者修理価格を超えますね。

メーカー修理は高すぎですが、安い修理専門店だとパーツ価格+5000円~1万円程度で請け負っているところもあります。フルHDのパネルは少々値段が高いこともありますが、エントリーノートパソコンに良く使われている「1366×768」という解像度のパーツは安く、在庫も多い感じでした。


比較的安くディスプレイを直すことが出来て満足ですが、そもそも自分の不注意がなければこんなに時間とお金を無駄することもなかったわけで・・・皆さんもノートパソコンを閉じる際にくれぐれもご注意ください(´∀`;)
by ke-onblog | 2015-10-04 14:58 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。