白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

キャリア版iPhone6s Plusの転売額は高値維持、SIMロック解除の付加価値が下がる

1ヶ月前の9月25日、iPhone6s/6s Plusが発売されました。9月~10月はいろいろと話題があったせいか、もうiPhone発売が随分昔のことに感じます。

いつ頃からだったのか気付きませんでしたが、白ロム買取店でのキャリア用iPhone6sシリーズのSIMロック解除済み端末の査定アップ幅が12kに下がっていますね。

以前はSIMロック解除が行われていると+15kという査定を出しているショップが多かったと思うのですが、10月25日時点で幾つかの買取店の6s買取額をチェックしてみても横並びで+12kになっていました。

とはいえ、iPhone6s, 6s Plus自体の価値が落ちたというわけでもないみたいです。

現在最も価値が高いiPhone6s Plus 128GB ローズゴールドでは、90kを超える買取額を提示しているショップも複数見られました。最高額だと92-3kくらいでしょうか。

現状でSIMロックを解除できるのはドコモ版だけのはずですが、ロック解除後端末の価値は+12kで最大は10万円超です。

iPhone6sではローズゴールドの在庫も増えているのですが、6s+の128GBはまだ品薄が続いていて高額買取が続いています。

「SIMロック解除作業の価値が下がる」ということは、そもそもロック解除を必要としないアップルストア版SIMフリー在庫でも増えたかな?と推測されるところですが、アップルのオンラインショップ経由で1-2週間待ちですか。今は128GBは全カラーで1-2週間表示ですね。

一方で店舗では仙台、表参道、渋谷、名古屋の店舗で在庫あり。少なくとも国内ではSIMフリーiPhone6sもプレミア感はなくなりました。

結局海外需要もそこまで伸びず、2015年のiPhone発売フィーバーは終了となりましたね。

SIMロック解除をしても価格のアップが少なくなったのは、やはりキャリア向けiPhoneのSIMロック解除版にそこまで魅力がなかったということなのでしょう。


キャリア版では抱き合わせながらすでに6sはMNPで一括0円案件も飛び出しており、これからは年末・年度末に向けての安売りが始まるのを待つのが良さそうです。

au, SB版のSIMロック解除iPhoneが誕生するのは2016年3月23日あたりになるはずですが、SIMロック解除の価値が少し下がってしまったのはホールド中の方に残念な傾向。

SIMロックを解除したキャリアiPhone=SIMフリーiPhoneの価値になるとは思っていませんでしたが、次年度末頃にはロック解除済iPhoneの希少価値が下がって、さらに付加価値が下がる可能性もありそうです。

iPhoneの白ロムの価値はそれなりの高値でキープしそうですが、今後安売りが目立つようになると昨年のiPhone6/6+と似たような価格変動を起こしそうですね。

今年は去年よりも各キャリアの締め付けが厳しくなっていますので、そのあたりの影響も織り込んで計画を立てていきたいところです。

au版のiPhone6sだけ白ロムの価値が下がる・・・のですかね?むしろau版だけは白ロム状態でもSIMロックを持ち込みで外せるので、オークションでの相場はau版の方が持て囃されたりするのかも。どちらの影響が大きいのか判断が難しいです。


by ke-onblog | 2015-10-25 17:37 | 白ロム転売法 | Comments(2)
Commented by みんくま at 2015-10-26 07:28 x
おはようございます。

この記事とは関係ないですが、auのデュアル化に成功しました。
先週iPhone6 Quatabを一括0円で購入。
昨日Quatabをデュアル化(音声契約)にできました。
これでフラットを外せば1000円で維持できます。

1時間半もかかったので途中諦めかけましたが、できなかったら維持費が大変になるのでよかったですε-(´∀`; )
Commented by ke-onblog at 2015-10-26 12:25
>みんくまさん、おはようございます^^

デュアル化おめでとうございます!あと1ヶ月遅れてしまうとフラットが外せず厄介なことになるので、苦労してでも粘った甲斐がありましたねw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。