白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

株価・円相場急落続く iPhone6c(5e?)の値下げもあり得る?

株も為替もチャートが悲惨なことになっていますが、まだこの流れは続くのですかね。。。

さっきドル円は115円台に一瞬突っ込んだようですが、円高が進むとiPhoneやSIMフリースマホが値下がるので、個人的には下がるなら下がっても・・・なんて対岸の火事を見守る気分です(日本経済全体が傾くのならそんなことも言ってられないですけど)。

日経平均は2万円台が遥か彼方へ・・・。今年は25000円まで届くとかどこかで見かけた気もしますが、2万円→1万6千円ということは、この数ヶ月で平均しても資産が2割ぐらい吹き飛んでいるということですよね。怖すぎる((´д`)) ブルブル…

まぁ、逆にこの流れに乗れた方は大儲けも出来ているのかもしれないですけど。


今、円相場が1ドル116円くらいだとして、過去のiPhone発売時期に比べて「円高」になっていたり「円安」になっていたりするわけですが、スマホは輸入製品なので為替によって価格が左右されます。

発売時期に値段が決まるわけでもないのかもですが、たとえば・・・

・iPhone6s/6s Plus発売時 2015年9月25日 120.58円
・iPhone6/6 Plus発売時 2014年9月19日 109.05円
・iPhone5s/5c発売時 2013年9月20日 99.31円
・iPhone5発売時 2012年9月21日 78.17 円
・iPhone4s発売時 2011年10月14日 77.21円
Investing.comより)

こんな感じです。5sの時って100円切ってたんですねぇ。5の時は1ドル70円台って・・・でもたった3~4年で、為替ってこんなに動くものなのですね。

製造コストが同じで、為替相場だけによってiPhoneの値段が決まるわけでは絶対に無いと思いますが、かつてiPhoneは為替相場の変動を理由にSIMフリーモデルが1万円近く値上げされたこともあります(2014年11月頃)。

まだ1ドル116円ですから、まだ6s発売時に比べて5円/ドル。iPhone6s 16GBモデルのアメリカでの価格が確か649ドルなので、3000円分くらい為替差だけで輸入価格は安くなっているはずです。

最近は原油価格も下がっているので、輸送コストなども下がっているのかな?よく知りませんけど。

で、過去にiPhone6が値上げされた時には同じく1ドル116円くらいです。発売日から5~6円くらい円安になった状態で1万円近い値上げをしたのですから、逆に考えればもう少し為替が円高方向に進めばiPhone6s/6s Plusは1万円くらいの値下げがあっても・・・


アップルが自社製品をそんなに簡単に値下げするとは思ってませんけど(´∀`;)

来月発表が噂されているiPhone6c(iPhone5eという名称だという話もありますね)は現行の6sよりはスペックを落とした機種ということですが、5cが出た時にも思ったほど安くない・・・ということもありました。

でも、今6sがSIMフリーモデルで軽く10万円を超えてくるモデルがある中で、製造コストの安さと為替相場の相乗効果でちょっとは割安感を感じられる価格設定になることを期待したいですね。

iPhoneだけでなく、スマホアクセサリーもこれから値下げされる可能性もあります。最近は輸入関連の話題は旨味が少なさそうだったのであまりチェックしていませんでしたが、輸入でお得な商品が増えるのも楽しみなところです。




by ke-onblog | 2016-01-20 19:53 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン