白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

mineoの新キャンペーン活用時 MNP弾作成コスト試算

先日も少しmineoの新キャンペーンの活用方法について書きましたが、今回は具体的な初期費用・維持費の試算をいくつかのパターンで試算してみます。

新キャンペーンは音声→データに切り替えても特典が続くので、このあたりを使って上手く節約出来ないかなと。

過去記事:mineoの新キャンペーン 特典適用条件や申し込みに最適なスケジュールを復習


ちょっと複雑になるのですが、最初に「音声(3GB, aプラン)→データ(3GB)切り替えバージョン」から行きます。今回はシミュレーション簡易化のため、「朔日(ついたち)利用開始」+「2ヶ月目の1日にデータプラン変更」を前提にします。

【1.非eo光ユーザーの場合】

初期費用:アマゾンでエントリーコード
を手に入れる 約1000円(時間がない場合・面倒な場合は通常初期手数料3千円で登録)

初月利用料金: 1510円-800円(キャンペーン割引)= 710円
タイプ変更切り替え手数料:2000円(翌月の請求)

2・3ヶ月目:900円-800円(キャンペーン割引)= 100円×2

4~12ヶ月目:900円×9

以上、合計 1000+710+2000+200+8100=12010円(税別)。ここでさらに「mineo紹介キャンペーンページ」から申し込むことで、アマゾンギフト券で実質1000円の値引きを考慮すれば、11010円。税込みで12000円弱です。

1年間5GBのデータ通信を使って、初期費用・税込みで約1.2万。5GBが月額平均たった1000円で使えるということになります。

5GBのデータ通信の最安値はおそらくDMMの1,210円ですが、これを下回ります。タイプ切り替えの手間はありますが、それだけで業界最安値プランのはずのDMMより安く使えるのなら、やる価値はあるでしょう。

【2.eo光ユーザーの場合】

eo光ユーザーの場合は始めからデータSIMを選んでも3ヶ月の800円値引きが受けられるのですが、最初に音声を選ぶと800円の値引きが音声なら3ヶ月長くなるため、割引合計2400-変更手数料2000=差額400円分ですが、音声→データを経由したほうがお得・・・

とはなりません^^; 1ヶ月分音声回線を使うなら良いですが、音声とデータプランでは基本料金に差額が610円分ありますので、使いもしない音声プランを1ヶ月契約してしまうなら、最初からデータのまま・プラン変更手数料を無くしたほうが良いです。

なお、プランを月途中で変更した場合は以下のような料金変更が行われます。
ご利用開始日は、弊社がSIMカードを発送した日の10日後の日、または初回パケット発生日のいずれか早い方の日といたしますので、その日からタイプ変更後の料金が適用となります。
変更時も日割りになるのですね。即タイプ変更の手続きをすれば若干お得になるかもですが、かなり際どいでしょう。

ということで、普通にデータプラン(3GB)で申込む場合で計算すると、

初期手数料 1000円
1-3ヶ月目 100円×3
4-12ヶ月目 900円×9
紹介CP -1000円

合計 8400円。 一般ユーザーに比べて3000円ほど安いです。実質5GBプランを12ヶ月維持してこのお値段・・・安すぎですね。

【3.非eo光ユーザーで音声プランのまま使う場合】

将来のMNPも考慮して、1年維持する場合は、

初期手数料 1000円
1-3ヶ月目 710円×3
4-12ヶ月目 1510円×9
紹介CP -1000円

以上合計 15720円。MNP弾として最安値というわけではないですが、1年間5GB付き音声回線を活用した上で弾にもなると考えればコスパは良いですね。

【4.eo光ユーザーで音声プランのまま使う場合】

初期手数料 1000円
1-6ヶ月目 710円×6
7-12ヶ月目 1510円×6
紹介CP -1000円

以上合計 13320円。激安。

【5.非eo光ユーザーで音声→データ→音声でPOさせる場合】

維持はデータで価格を抑え、最後にPOさせるために音声に切り替えると・・・

パターン1の合計 11010円
再タイプ変更手数料 2000円

以上 合計 13010円。ここに13ヶ月目の1日に音声プランに切り替え、そこから即MNP予約番号発行・POさせた場合は掛かった日数分の音声プランの日割り料金がかかります。パターン3より若干安いですが、2回もタイプ変更手続きをする手間が・・・

1年間キープしてもMNP弾としてもなかなか優秀ですね。eo光ユーザーさんは特にお得感が大きいです。即撃ちしてしまう場合はどちらも違約金が11500円掛かるので高いですが、1年キープした方が安いです。

来年相場がどうなっているのかは判りませんが、au/docomo両方の弾をフレキシブルに準備する方法として悪く無いでしょう。



by ke-onblog | 2016-01-23 11:57 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。