白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンクエアー契約までの注意点 初月の料金と日割り計算

ソフトバンクの自宅向け固定回線の一つ、Softbank Air(ソフトバンクエアー)を申し込むにあたり、気になって知らべた内容を記録しておきます。

今回は料金請求に関する話題です。

格安SIMを契約するときなどは初月が無料になったり、割引キャンペーンの適用時期などを考えて少しでもお得に、安く申し込めるタイミングを考えるのが常識(?)です。ソフトバンクエアーでも同じように、申し込みの時期を調整する効果があるのか調べてみました。


結論から書きますと、現状では「開通日を調整するメリットはほぼ無い」です。

ほぼ、とちょっと奥歯に物が詰まった表現にしたのは申し込む日によって契約のタイミングがずれることもある、という意図があるのですが、、、まぁ、普通に使いたい時に申し込めばOKです。


では調べた内容の詳細解説を。

まず、現状ではソフトバンクエアーの契約に無料期間キャンペーンなどの設定はなく、月のどこで使い始めても初月の料金は日割り計算されるため、ネットが早く使いたいなら月の途中だろうが月末だろうが関係無いです。

YahooBB加入特典の料金値引きは契約月を含めて25ヶ月効き、初月も日割りで適用されます(締め日は月末)。月末利用開始でも、2年縛りの最後までちゃんと割引適用されますので、問題ありません。

契約月の割引も日割りで「1ヶ月目」として消費されます。エアーターミナル2の場合は3ヶ月目分まで-1,184円の値引きなので一応月初めに使ったほうがお得といえばお得なのですが・・・もちろん使った日数分の基本料金が掛かるので、やっぱり使いたい日程で自由に使えば良いと思います。

ちなみに解約月は日割り計算はされず、解約月分満額請求され、解約手続き後もすぐに打ち切られるのではなく月末までサービスが有効になっているはずです。ということは解約のタイミングも月が切り替わる前に手続きを済ませておけば、細かい日程調整は不要ということですね。

関連:YahooBBヘルプ 開通月、解約月の利用料金

一方で、契約期間に関する仕様からはタイミングによって「2年縛り」の日数がずれます。
”SoftBank Airの契約期間は2年間(SoftBank Air の課金開始日の属する月を1ヵ月目として、24ヵ月目の末日まで)です”

こうなっていますので、課金日が月末に近いほど2年契約の日数は短くなります。例えば2016年2月1日に使い始めても、2月29日に使い始めても、どちらのケースも契約期間の最終日は2018年の1月31日となるはずです。

このあたりを詳しく考えると複雑なことになるのですが、契約日=課金開始日ではなく、
”サービスのご利用料金は、契約成立日の翌日を1日目として8日目より発生し、翌月に請求します”

となりますので、課金に関する日数を調整したい方はこの「8日間」も計算にいれて下さいね。


開通日の調整方法は簡単です。ウェブから申し込んでエアーターミナルを出荷させておき、宅配の受け取りをしなければいつまでも開通しません。出荷から30日を過ぎると契約がキャンセルされてしまう仕様なので、それまでに受け取ればOKなはずです。

これはネット回線工事が無いソフトバンクエアーの利点の一つと言えるのかもしれないですね。普通は工事日が決まってしまえば、混雑期であれば簡単には次の予約を取りづらくなりますから。

☆「SoftBank Air

*上記の内容は2016年2月に問い合わせたり、公式サイトの記述を参照しています。ルールが変わる可能性もあるので、気になる方はご自身で最新情報を確かめてから申し込んで下さい。


by ke-onblog | 2016-02-04 11:22 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。