白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ノジマの中古在庫がデジカメメインにシフトし始める 中古コンデジが安い

私のお気に入りショップの一つだったノジマのウェブショップが最近元気がないです。

やっぱりもうスマホ値上げの影響が出始めているのでしょうか。

まだ毎日のように中古スマートフォン・白ロムの入荷自体はありますし、日々売れ残っている在庫の値下げ調整が行われることもあるのでお買い得品を見つけることも可能なのですが、1月以前はもっとドバっと在庫が入る日が多かった気がします(昨晩は80件くらい増えたみたいですが)。

その代わり、最近は中古・アウトレットコーナーに中古パソコンやカメラの入荷が目立ちます。しかも安い。
d0262326_6383495.png

気付いた方もいるかもですが、ノジマのウェブサイト上でタグが変わっているのですよ。以前は「中古カメラ」なんて書いてなかったはずです。

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧

カメラの種類はエントリークラスのデジタル一眼レフ・ミラーレスと、コンパクトデジタルカメラが多いです。交換レンズだけ、レンズフードなどのアクセサリーもたまに入荷していますね。

一眼レフの場合は安いと言ってもそれなりに新しい機種だと3~4万円くらいはするので状態如何ではお買い得かどうかは判断しかねますが、とりあえず撮れればいいや、というレベルのコンデジはかなり安くてよさげ。

今在庫があるものだと、

・LUMIX (ルミックス) FS25 光学5倍ズーム・1210万画素 2480円
・ミラーレス一眼カメラ E-P1 レンズキット 9800円
・サイバーショット T200 レッド / 光学5倍 / 810万画素 2980円
・IXY DIGITAL (イクシ) 3000 IS 1470万画素 5280円
・FinePix HS30EXR   光学30倍 /1600万画素 11800円

1000万画素超えのカメラが5000円以下でゴロゴロしています。

いずれも数年前の型落ちモデルであり本体やディスプレイにも多少傷があったりしますが、コンデジはいつでもカバンの中に入れておき、多少乱暴に管理しても気楽に使えることが最大のメリットでしょう。ならば最初からある程度傷があったところでも気にしないというのなら、こんなにカメラって安く買えるものみたいです。

画素数が高ければ綺麗な写真が撮れるというわけではないですが、たぶん中古5000円のコンデジでも最新スマホには負けないでしょう。

ただ、古い機種の場合は気になるのはバッテリーです。日本メーカー製でも低価格な互換性バッテリーはアマゾンにいっぱいありますので、予備電池だけは追加で買った方が良いかもしれません。純正だと4000~5000円くらいするかもですが、廉価品なら1000円くらいで買えるはずです。


低価格なコンデジなんて新品で買ってもたかが知れていますが、とにかく安くカメラが買いたい、いざというときの2台目・3台目のサブデジカメをカバン用・仕事用・プライベート用に欲しいという場合は値下げ在庫・新着在庫をチェックしてみると掘り出し物があるかもしれません。


最近私が考えていたのは、ここで安くいろんなマウント規格の一眼レフ・ミラーレス機の本体を手に入れて、そこにジャンクで買い集めた交換レンズの修理・メンテナンスの動作確認に使えないかな・・・なんて。カビだらけ・ホコリだらけのレンズをメインのカメラに付けたくないですし(´∀`) 

by ke-onblog | 2016-02-09 06:46 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。