白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンクエアーは割高?WiMAX2+ 鬼安&So-netキャンペーンプラン維持費比較

大学の合格発表シーズンです。

4月から自宅から離れて初めて一人暮らしをするようになる学生さんも多いかと思いますが、光回線やADSLなどの固定インターネット回線を使うほど家に居ないかも・・・という方にはWiMAXを固定回線代わりにして、全てのネット接続を賄う方法も節約の観点から検討してみるべきです。

最近はWiMAXでも月額料金の安いプランが出てきており、月々の維持費もリーズナブルになってきています。安いところだと月額2980円で使えるサービスも登場しています。

関連記事:So-netが「鬼安プラン」っぽい月額2980円W01マリン限定割引キャンペーンを提供

一方で、私が先月から使い始めているソフトバンクのネットサービス・Softbank Air(ソフトバンクエアー)は月額料金が通常5000円オーバー・・・。最近はちょっとキャンペーンが増えてきたので実質的な負担が減ったとも言えるのですが、まだまだ高いです。

でも、もし今ソフトバンクのスマートフォンを利用中の方が固定回線代わりにソフトバンクエアーを契約する場合、必ずしもWiMAXより割高かというとそうでもないのです。

*ソフトバンクユーザーでは無い場合は、もう特に深く考えずにWiMAXを選べば良いと思います(笑)以下、SBユーザーがWiMAXとSB Airのどちらを使うか迷っている場合のみご覧下さい(´∀`)

WiMAXの契約では数万円のキャッシュバックが貰える案件もあるのですが、今回はキャッシュバックが無い代わりに月額料金が安くなるSo-netとGMOの2つのプランを使って、ソフトバンクエアーの通常料金・スマホセットにした場合の割引料金を比較していきます。

今回は料金だけの話をしますので、各WiMAXサービス内容についてはここでは説明しません。詳しいサービス内容を把握していない方は公式サイトをご覧ください。

☆「So-net モバイル WiMAX 2+

☆「GMO ギガ鬼安MAX2+ キャンペーン

☆「SoftBank Air


さて、上記の2つのWiMAXサービス(ギガ鬼安プランと、W01限定Flat ツープラス ギガ放題)では月額3000円台で月間利用データ上限の無い通信が可能です。

ソフトバンクエアーも同じく1ヶ月にどれだけ使ってもOKなサービスなのですが、ソフトバンクエアーだけを通常契約すると、月額料金は5170円(レンタル・基本サービスのみ、3ヶ月目までは4,486円)。WiMAXの格安プランに比べて毎月2000円もの差が出てしまいます。

でも、もしソフトバンクユーザーであり、おうち割 光セット(旧スマート値引き)が使えるプランでスマートフォンを契約しているのなら、この価格差を埋めることが可能です。

以下のグラフは、GMOの「ギガ鬼安プラン」とソネットの「W01限定プラン(+モバイル会費200円)」、そしてソフトバンクエアーを「単品契約」した場合と各種セット割を適用した場合の料金値引きを考慮した、2年間の維持費+各月における解約金の合計をそれぞれ表しています(すべて税込み計算しています)。
d0262326_18425852.png

(本グラフ作成にはブログ読者様からのご助力を賜りました。ありがとうございます!m(_ _)m)

グラフに入れ忘れましたが、スマ放題+5GB/8GBプランの場合はホワイトプランとのセットと同じ割引になります。

上記のグラフでは初期事務手数料は含んでいませんが、現時点ならすべて3240円で同じです。端末代金も全て0円(SB Airはレンタル)なので、初期コストも同じです。

WiMAXの場合は受け取り月が無料で、翌月から2年縛り。SB Airは契約月も1ヶ月目に含めるので、違約金の発生するタイミングが1月ずれます。

厳密にいうとSB Airの初月料金は日割り&最初の8日間は無料になりますが、面倒なので1ヶ月分まるごとの料金で加算していますのでご了承下さい。また、セット割は本来申し込み月の途中からでも適用開始できますが、そのタイミングによって割引の時期も異なります。セット割の適用時期は以下のようになっています。
d0262326_1846462.png

違約金が発生しない更新月までの料金合計を比べると、

ソフトバンクエアー単品:137,015円
ギガ鬼安:92,315円
So-net:87,911円


ソネットとSB Airの差額は2年分で約5万円。この差は今の春の乗り換えキャンペーンCBを以ってしてもひっくり返せません。10万円CBが当たればいいですけど・・・さすがにそれを前提に入れるのは反則でしょう。

☆「最大ギフト券10万円分が当たるキャンペーンスタート
☆「最大3万円キャッシュバックの公式キャンペーン開始

スマート値引きを考慮すると一気に維持費が下がり、ホワイトプラン+パケフラで利用しているのなら24ヶ月間は割引が増額され1522円値引きされるため、2年間の維持費は実質的に大きく下がります(セット割を適用すると、SB Airの「契約特典による料金値引き」がなくなります)。

SB Air+大容量スマホプラン:103,553円
SB Air+小容量スマホプラン:140,061円
SB Air+ホワイトプラン:115,025円


スマ放題の大容量プランを使っているというところが大前提になってしまいますが、ソフトバンク回線を使っていながらWiMAXを契約してもセット割引はありません。

SB AirとWiMAXでは外に持ち出せるかどうかという根本的な違いはあるものの、スマホとのセット割引を使えるのなら固定回線としてのソフトバンクエアーは、WiMAXの料金と比べて割高ではありません。むしろ、SBエアーでの他のキャンペーンを考慮すればWiMAXより安いくらいです。

ソフトバンクで500円の割引しか受けられないプラン(データ定額パックの2GBプランやケータイ用・シンプルスマホ用、ホワイトプランのフラット以外)を契約している場合、SB Airの契約特典よりも割引額が減ってしまうため、1回線のみをセット割に組み込むのは逆に割高になってしまうため、ありえない選択です。2回線、3回線とある場合はそうでもないのですけど・・・

上記のシミュレーションはあくまで「ソフトバンクの回線も1台だけ」という想定です。もし家族で複数人がセット割引を適用できるプランを使っている場合はさらに話が変わってきて、例えば3人がスマ放題の大容量プランで使っているような場合には、2000円×3台=月額6000円が割り引かれ、ソフトバンクエアーの維持費を超えます。

複数台バージョンをグラフに出すと複雑になりすぎるのでやめておきますが、家族みんながSBのスマホで通信もガンガン使っているような場合には、WiMAXよりソフトバンクエアーを固定回線にしたほうが良いです(ソフトバンク光の場合はオプションが必要になってくるのでまた別の計算が必要)。


ということで、ソフトバンクでセット割引が使える方はWiMAXとSB Airのサービスの違いだけなく、価格面での検討をしてみる価値があると考えられます。あくまで「実質的に安い」だけであって、スマホ回線側の出費は高いですけどね・・・

それ以外の一人暮らしの人はWiMAXにしておきましょう。きっと持ち運べるWiMAXの方が便利です。多少制限があるとは言え、自宅のネットと外でもWi-Fi接続でスマホやタブレットをたっぷり使えるのは学生には本当にピッタリだと思うので。



by ke-onblog | 2016-03-09 19:08 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン