白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

auがiPhoneSE価格を真っ先に発表 1GBプラン毎月割対象外はマジだった

昨日から予約が始まったiPhoneSEの価格決定は、auが一番乗りでした。

リリースが出たのが夜20時40分になっていますので、価格決定会議はなかなか難航したようですね。

個人的にはiPhoneSEの価格発表よりも、その下にある但し書きのほうに衝撃を受けましたけど・・・
d0262326_67418.png

☆「KDDI au、「iPhone SE」を3月31日より発売

事前にメディアサイトで1GBプランには毎月割が適用されないという情報が出ていました。でも公式の記述は見当たらないな~と思っていたのですが、もう間違いないのですね。

毎月割が付くプランで契約しておいて、そこからプランを変動させてももちろん対象外になっちゃうのでしょう。今はLTEプランでパケフラを外すことも出来ませんし、auで維持費を格安にする方法は3G化以外に広がることはないようです。

今回auは機種変更をやや優遇してきました。3G回線から機種変更すると毎月割が増えてiPhoneSE 16GBモデルが実質720円になります。ただし、auで3G機種の購入履歴があり、かつ16ヶ月以上の利用がされていることが条件なので、このサイトの多くの読者さんには関係ありませんね(´∀`)

あとは、EPARKの2000円キャッシュバックの期限が4月4日まで延びていましたので(終了しました)、iPhoneSEの予約・購入後でも間に合いますね。機種変でも貰えるので、3G携帯から買い換えればそれだけで16GBモデルは実質0円以下です。


auでの定価はSIMフリーでの価格より若干安い設定になっており、無茶な値上げをしてこなかったことは良かったですね。これでd社が9万円に設定したらシュプレヒコールが巻き起こるでしょう。Nexus5X事件の再来はやめてほしいものです。

d社は後追いだろうな~と思っていましたが、S社よりauの方が先でしたね。おそらくS社はauと同じ価格にしてくるでしょう。


あとは店頭での実売価格が気になりますね~。

現状でauのiPhone6 16GBは定価70,200円に、機種変の場合なら毎月割が-52,200円付いて実質18000円、MNPなら購入サポで実質10800円です。

MNPの実質価格はiPhone6とiPhoneSEで同額になっていますので、同じキャンペーンを適用できるのであれば、店頭価格も同じにならなくてはオカシイです。

(同じ値段の商品が、実質何万円も差がついて売られていたらオカシイですよね!!そんなことがあるわけがありませんので、もしiPhoneSEと6に大きな価格差が出るようなら総務省の出番ですよ!!)


さて、冗談はさておきまして、この価格設定ならば購入サポートが適用されれば簡単に一括0円に届いてもおかしくないですね。iPhone6は購入サポ入りする前からMNPなら一括0円だったわけですから・・・発売日一括0円が例年通りであれば、あっても不思議ではなかったところです。

あとはどの程度au、そして現場のショップが頑張れるかに掛かっています。くだらないタスクフォースなど華麗にスルーして、3月31日には街中の店舗で「0円」のポップが出ることを期待しましょう。そういうところこそ、3社打ち合わせして対抗することを多くのユーザーは望んでいるのだと思うのですけども。。。

by ke-onblog | 2016-03-25 06:33 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン