白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

amazonの送料有料化で、出品者・ウェブショップ運営者にとって何が変わるのか?

すでにネットニュースに出回りまくっているので情報を目にされた方も多いと思われますが、いきなりアマゾンの送料に関する変更があったようですね。

これまで送料無料で購入できた商品が、2000円未満の場合だと送料が一律で350円掛かるようになっています。

プライム会員になっていればこれまでどおり送料無料の範囲は広いですし、合計で2千円以上買う・本・ギフト券の有料化対象外の商品を一緒に買うなどの回避方法もあるので、頻度高く買う人にとってはあまり影響が無いようにも思われますが・・・
d0262326_1856245.png

年に数回程度の頻度でしかアマゾンを使わない人にとっては、年会費もちょっと勿体無いかと思ってしまいますよね~

購入者側としてはプライム会員になれば良いか、で終わりなのですが、この送料有料化は出品者側(マーチャント)にとってはどうなのでしょうね?

アマゾンでは「マーケットプレイス」として法人でも個人でも、結構簡単に商品を売ることができるサービスがあります。利用したことがある方はご存知だと思いますが、アマゾンの出品送料は例外を除いてカテゴリーごとに配送料が決められており、実際の配送方法には依存しないルールがありました。

アマゾン本体が販売する場合は送料無料でも、マケプレから購入すると送料が高くなるため割高になりやすく、これまでであれば低価格な商品ほど小口出品者としては売りづらいカテゴリーだったはずです(決められた配送料と実際の送料負担の差額を利用して稼ぐ方法もあるみたいですけど)。

そうなれば、個人レベルでの出品ではむしろ売りやすくなる可能性が出てくるのではないかと。薄利多売ではアマゾンにはやっぱり勝てないとは思いますが、ジャンル次第では穴場の商品カテゴリーも出てきたり・・・しないかな?私はあまり詳しくないので判りませんけれども^^;

個人的な印象かもですが、「マケプレ=送料が掛かってなんだかんだで割高」という固定観念があったので、初めから価格リストをチェックすらしないことの方が多かったです。


今回の2000円未満の送料有料化で、アマゾンとしては「プライム会員が増える」ことでの増収を想定しているでしょうし、非プライム会員からは送料が徴収出来れば、やっぱり儲かるのでしょう。送料が有料になったからといって、その分のコストを仕入先に還元するわけもないでしょう(もともと無料化自体をアマゾンが勝手にやっていたのでしょうから)。

ライトユーザーなどは離れていく人も少なからず居そうですが、そこはアマゾンのマーケット手法と規模を考えたうえでの、このタイミングということでしょうし、勝算はあるのでしょうねぇ。。。小さな小売店・ウェブショップがやれば悪影響の方が大きそうですが、「アマゾンだからできる」ことですよね~。

いち利用者としてはもちろん有料化は残念ですが、この戦略を採れるアマゾンはすごすぎです。巨大なマーケットを構築する事自体が誰にも真似できないですし、一見改悪にしか見えない有料化も、「常連ならプライム会員になって付いて来てくれる」という自信が見て取れるのも、驚嘆。

個人で真似できるレベルのマーケット戦略では無いことは判っていますが、それでも何か見習うべきところはないか・ネットショッピング関連で付け入る隙はないかと今日のニュースを聞いて、つい考えてしまいました(´∀`)


by ke-onblog | 2016-04-06 19:24 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。