白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

SIMフリーの「スマートウォッチ」LG Watch 第2世代Urbane LG-W200 5万円也

スマートウォッチも「LTE対応」の時代です。

これまでにもSIMスロットがあるスマートウォッチ・ウェアラブルデバイスというものはあったと思いますが、LGの Urbane 2nd EditionはSIMフリーでLTE接続に対応しているそうですね。

エクスパンシスからすでに輸入が可能で、お値段はおよそ5万。

☆「LG Watch Urbane 2nd Edition LTE LG-W200icon」/48,955円

高級な腕時計なら5万円なんて安いものですし、Apple Watchのスポーツバンドでも4万円程度からの発売でしたから、この値段も高すぎるとは思いませんが・・・

旧モデルのUrbaneも発売時は5万円弱でした(過去記事:高級感抜群なAndroid腕時計 LG Watch Urbane W150国内在庫到着 )。第2世代Urbaneも、価格設定としてはこんなものでしょう。
icon
icon

見た目はこれもほとんど普通の腕時計でありますが、裏側に nano SIMサイズのカードスロットがあります。竜頭の横に物理ボタンも増えています。

LTEバンドは1,3, 3Gは2100MHzに対応しています(型番「LG-W200」では国内の技適取得はしていないようです)。

時計本体でネットワーク接続ができるため、小さな画面でも簡単に確認できるメールや天気予報・テキストでチェックできる情報を見る程度なら、スマホすら不要でお出かけができるようになりますね。防水機能もあり。

ただ、やっぱりバッテリーの持ちはまだまだ。従来の410mAから570mAhにアップしていますが、スタンバイモードで35時間、通話は120分(エクスパンシスのサイト説明は「12分」となっていますが、誤字でしょう)。

仮に急ぎの用事で通話を長く使ってしまうと、その後は電池切れで時計が見られないという状況がありえますね(苦笑)スマホ・携帯を一緒に持ち歩くならスマートウォッチ側でわざわざ電話する必要もないですし、使いドコロが難しい端末です。

私はただでさえ「スマートウォッチ」自体にまだ魅力を見いだせない人間なので欲しいとは思えませんが、「LTE対応」のデバイスが今後は増えるのでしょうか。

こんな小さな画面で、高速通信が必要か?という疑問もありますけども(´∀`)


by ke-onblog | 2016-04-07 19:21 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン