白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ドコモが待望の長期ユーザー純優遇を開始!トラップ無しの2年のみ縛り導入

これはいよいよ携帯業界の契約体系にとって大きな変革ですね~。

どの程度お得感があるのかというのはまたゆっくりと計算してみたいと思いますが、ソフトバンクが先に提唱した「2年のみ縛り(ただし月額料金アップ)」とは異なり、純粋に「2年のみ縛り」が2016年6月から実現します。

これはauはもちろん,Softbankもシステムの改定待ったなしですね。

☆「2年定期契約に選べる2つのコースを新設、「ずっとドコモ割」を拡充、「更新ありがとうポイント」を開始

値引き率が大きくなるのはやっぱり大容量プランの契約が必須となってきますが、利用年月が長ければ小容量プランでも一応の値引きがあります。
d0262326_16395427.gif

フリーコースへの申し出をしないと自動的にずっとドコモ割コースへ割り振られてしまう(2年縛りの継続)ようですが、変更さえすれば今までと同じ料金で縛りのない料金体系へ移行できるそうです。

特にトラップもないということですので、月サポも従来通り継続されるようです。

ただ、このシステムを導入できるということは、「今までの2年縛りは一体何だったんだ?」という気がしないでもないですね(笑) 

これこそ実質0円禁止の効果だといえばそうなのかもですが、、、そうするといよいよドコモでは今後機種変更での一括割引系が出なくなるかもですね。今度は機種代金で縛る必要が出てくるので。

プランに縛りはなくても、「本体購入」ではまだ縛る余地があります。ドコモなら端末購入サポートがその最たる例ですが、今後は12か月維持ではなく、割引解除料発生する期間が延びる可能性があります。購入サポのシステムを変更するのか、それとも新設するのかはわかりませんけど(そもそも契約後2年以内のユーザーには端末購入サポートを利用させなければ良いだけのことでもありますね)。

これはドコモだけなく、追従するであろうau, Softbankにも言えることです。3年目以降をプランで縛れなくなるなら、きっと次の手を考えてくるでしょう。

同じ端末を2年以上使う場合はやっぱり月サポが終わってしまって割高感が出ますし、キャリアにとってはもともと2年目以降の縛りなんてあまり関係なかったような気さえします。MNPしたいユーザーにとっては確かにシステム上は悪くない変更ですが、それに伴ってMNPの金銭的メリットが完全に潰されれば、やっぱり各キャリアの移動は今後起こりづらくなりそうです。

総務省が目を光らせている間はキャリアも安売りをしなくて済みそうですし、このままMNPのキャッシュバックは縮小・機種変更で長期利用がスタンダードになってくるのでしょう。

それはそれでつまらないな~なんて思ってしまいますが、現状ではひとまずドコモの英断を歓迎しておくべきでしょう。トラップばかりの2年のみ縛りが跋扈しなくて良かった、と。

今までのMNPもせずに養分をしていたユーザーには間違いなく朗報です。MNPで節約していたユーザーにとっては、今後の流れをより一層注視する必要があるでしょう。

関連記事:ドコモ長期ユーザー向け「ずっとドコモ割」で割引額アップ 長く使った場合の他社料金比較


by ke-onblog | 2016-04-14 17:00 | スマホニュース | Comments(5)
Commented by 通りがかり1 at 2016-04-14 20:21 x
旧プランでもフリープラン選べたら神だけど
絶対無理だろうな〜w
Commented by ke-onblog at 2016-04-14 21:23
>通りがかり1さん

そうですね~、今回のフリー・長期割プランはカケホ系とデータプラン・ルータープランなどに対象が限定されているので、現行のプラン体系以外だと対象外になっちゃいますね。これを機に古いプランユーザーの切り替えを促したいという裏もあるのかもですね。
Commented by shelablog at 2016-04-17 01:24
競争がなくなると良いことないんだけどなぁ…(´ω`)
古事記にも一般にも、メーカー~ショップ、端末販売に関わる人にも…

こうなる前に携帯の販売してみたかったなぁ…
ショップ側として
Commented at 2016-07-03 21:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2016-07-04 03:28
>フリーコース希望さん、情報ありがとうございます!

子回線のフリーコース変更なのですが、これは公式にも親回線がフリーでない場合は「シェアパック」および「2台目プラス」の子回線の変更不可との記載がありますので間違いないですね。

www.nttdocomo.co.jp/charge/new_plan/bill_plan/discount/

コース変更前後のイメージ画像の下に、赤文字で書かれています。

子回線も「シェアパックオプションに加入=ずっとドコモ割の恩恵を受けている」という判定なのですね。でもこれは気付かない人が多そうですよね~

注意喚起の意味も含めて改めてフリーコース関連の情報をまとめて紹介させていただこうかと思います^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン