白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

au HTC J Butterfly HTL23の白ロムが買い時 MVNO用非VoLTE機

いくつかのAndroid機種の白ロムは買い時シーズンです。

キャリアによる携帯安売り規制が進んでいますので、これまで激安で買えたはずの白ロムも値上がりの危機を迎えています。4月中旬の今はまだ2-3月に蓄えられた在庫がオークションサイト・フリマサイト・買取店に続々と放出されていますので価格は安定しています。

今後、3月までに収穫された白ロムが値上がりしてくる可能性も十分にあります。値上がり具合は機種人気とこれからの安売り次第です。前者はブランド・製品としての完成度・買いやすい価格、後者はすでにキャリアがお上に屈しているので心配しなくていいでしょう。


安売り終了後の値動きについては、昨年のXperia Z3 SO-01G, Z3C SO-02G, AQUOS ZETA SH-01Gあたりの白ロム相場情報を振り返るとよいです。このブログの過去記事を漁っていただいてもよいですし、ツールを使うならこれも以前に紹介したことのある「オークファン」が便利です。

ちょうどZ3の白ロムの売買で一緒に紹介していますね。

過去記事:[オークファンの使い方]もしもSO-01Gの価格上昇が予見出来たなら

昨年の3-4月頃、Xperia Z3 SO-01Gを100台買っても370万円くらいで買えました。さすがに今はちょっと値下り・頭打ちになっていますが、昨年後半くらいには1台5万円以上で売れたことを考えると・・・


さて、今回タイトルに書いた「HTC J Butterfly HTL23」を第1弾としてピックアップしたいと思いますが、この機種は「価格の安さ」+「在庫の豊富さ」+「評価の良さ」を兼ね備えています。「人気」・「ブランド力」は今一つですが、白ロム転売用商材としては悪くないです。

2016年4月の新品・未使用品の価格相場はオークションで24000円-26000円といったところです(制限△を除く)。

2016年3月頃には24000円前後が相場だったので、若干の価格上昇が観測されており、今が白ロムの底値になっていると言って良さそうです。

☆「ムスビー

白ロムのフリマサイトで今の最安値は新品制限○で26400円。

あとはヤフーや楽天系ショップの白ロム買取店出品で、ポイント還元を狙うのもよいでしょう。

☆「Yahooショッピング HTL23本体在庫

プレミアム会員・YJカード会員になっていれば実質ですが25k以下も狙えます。プレミアム会員には今は1500Tポイント還元もあるので、買う前には一時的にでもプレミアム登録をしてから買うべきです。

関連記事:Yahooプレミアム会員登録新CP 1500Tポイントが貰える2種類の方法

上記の記事で書きましたが、登録画面にキャンペーンバナーが出ていれば対象になるはずです。


HTL23のスペックについては公式サイトでもwikiでも適当に見れば十分ですが、5インチのフルHDディスプレイ、スナドラ801 2.5GHz クアッドコア、RAM 2GB, ROM 32GB、防水・ワンセグ・フルセグ・おさいふケータイ全対応。バッテリー容量2700mAh,重さは156グラム。

このスペックで新品が25kなら安いです。安すぎるくらいに。


最後にどの程度までHTL23の価格が上がるかという個人的な予想を書いておくとしましょう。

2016年2-3月 24000円前後
2016年4月 26000円前後
2016年5月~夏前 28000-30000円を予想
2016年夏~秋 32000円前後を予想
2016年秋~冬 30000円前後を予想

2016年末頃には、新品の在庫はもうかなり減って価格相場はブレ始める頃でしょう。

HTCの新スマホはすでに「HTC10」が発表済みです。au向けにローカライズモデルが投入される可能性もあり、HTL23はもうHTV31によって型落ちしていますので、いつまでもHTL23の人気が続くことはないでしょう。

旧モデルのHTL21,HTL22も白ロムは非常に安価で買える時期があり、HTL23も同じ流れで来ています。国内におけるブランド力ではAppleやSonyに遠く及ばず、需要が高いわけではありません。しかし、他の白ロムが今後値上がっていったときに、相対的に割安になったHTL23に行く人も出てくる・・・と期待したいです。


HTL23はVoLTE機種ではなくSIMロック解除にも非対応ですが、通常のMVNOのLTE SIMで使えます。今後はVoLTE SIMが標準になってくるはずですけれど、まだ通常SIMで使える白ロムの需要は続くはず。

とはいえHTL23は2014年夏モデルなので、auの白ロムとして4万円を超えることは無いと予想します。今後の極大値はせいぜい35kといったところでしょう。

1台当たりの利益はそれほど大きくなりませんが、現在25kくらいで大量に購入することも出来るという点で「リスクが小さくお手軽」なターゲットとして、HTL23を買い集めてみるのも悪くないかもしれませんね。

by ke-onblog | 2016-04-18 11:42 | 白ロム転売法 | Comments(3)
Commented by いの at 2016-04-18 16:52 x
底値は19kくらいですね。
確か去年の七月頃だったかと。
Commented by ke-onblog at 2016-04-18 20:16
>いのさん

私調べだと昨年7月は22-24kですが、19kでも買えたタイミングがあったのですね!それから思えばすでに値上がりは結構進んでいるのですね~
Commented by ななし at 2016-04-19 00:22 x
個人的にはHTL23がもう2年前のモデルということが驚きです
名機というのもありますが現役で普通に使えますし
HTL23の2年前機種(HTL21?IS13?くらいですかね)程の差は現行機種とはない気がします
スマホのカタログスペック的なのは14-15年頃に頭打ちになった感じですね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン