白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

mineo4月末に設備投資で速度改善した?最新スピードテスト結果

4月に入ってからキャリアの割引・キャッシュバックキャンペーンが落ち着きましたが、格安SIM業界は変わらずキャンペーンを継続しているところが多く、人の出入りが激しい状態が続いていそうです。

ドコモ系・au系の両方が使えるmineoでは、ゴールデンウィークに向けて設備増強を行って通信速度の改善を図ったとのアナウンスが出ていたので、スピードが改善したのかチェックしてみました。

今回測定したのはmineoのDプラン(3GB 900円で維持中)、fiimoのaプラン(3GB 無料で維持中)、DMM mobile(1GB 480円で維持中), ついでにSoftbank Air(無制限 税込み4,845円で維持中)も一緒にスピードテストを行いました。測定日は昨日、4月29日金曜日・祝日です。

まずはmineoのdプランのダウンロード速度から。
d0262326_7275430.png

SIMフリーのiPhone SEに挿しての測定です。お昼時に測れなかったのですが、夕方がやや遅く、夜にかけて速度が回復していきました。

平日のお昼時は速度低下が著しいですが、土日祝日はその影響は小さいのが一般的です。

最も速度が遅かった17時30分で3Mbps。通常のウェブサイトを見る程度なら特にストレス無く開くレベル。動画はスマホ用の低画質なものであればギリギリといったところ。

十分妥協出来るレベルのスピードを保っていますが、全体的な速度はMVNO全体と比較して並~やや平均を下回るくらいでしょうか。動画を快適に見たい・テザリングでPCサイトを表示させるには夕方の速度だとちょっと遅いかも。

昔はdプランで混雑時間帯以外は30Mbpsを超えることも多かったのですが、祝日とは言え一日を通して10Mbps以下の時間帯が多いのは・・・ダメとは言わないのですが、他社に比べて速いということもないでしょう。

続いて4月までスタートキャンペーンをやっているfiimoのデータを追加してみましょう。
d0262326_7352478.png

午前中はmineoのdプランより少し早く、夕方でも5Mbpsを保ちました。夜間はちょっと速度低下が起きていますが、まぁこんなところかな?という程度の結果でした。キャンペーン中につき月額維持費は無料なので十分です。

fiimoはmineoをMVNEとした格安SIMサービスであり、そのサービス・速度はmineoの影響を受けているはず。mineoのaプランは先月解約してしまったのでもう確認する事はできませんが、速度の傾向としては似ているはずです。

さらにDMM mobileを追加してみます。
d0262326_7373827.png

もうスピードテスト以外では全く使っていない回線ですが、4月29日時点ではmineoのdプランより全時間帯で速いです。これでワンコイン維持費は良いです。

測定端末はBand1しか使えないF-10Dですが、最新のiPhoneを使ったmineo dプランより2倍くらい速いです。混雑時はDMMは弱いのですが、それ以外の時間は十分に快適。

そういえば、ちょうど1年前にもDMMの速度テストをやったのでした。

過去記事:DMMmobileスピードテスト 2015年4月、休日1日の変動

速度の傾向はほとんど1年たっても変わっていませんね。それで料金が660円→480円まで値下げされているのですね。

DMMにはパケットギフトやフリータンクはありませんが、データの繰り越し可・高速通信残量がある場合は短期速度制限無し・高速オフ時もブースト機能あり。

☆「DMM mobile

mineoの強みは速度面よりもサービス・キャンペーンの豊富さということで納得しておきましょう。速度結果をどうみるかは人それぞれだと思いますが、スピードもこれだけ出ていれば妥協できるという人も多い水準にはあるのではないでしょうか。

☆「mineo

最後にソフトバンクエアーのスピードテスト結果も重ねてみましょう。
d0262326_7452878.png

値段が値段なので格安SIM回線に負けてもらっては困ります。

夜間制限が入る20時-25時は相変わらず10Mbps程度まで制御されてしまいますが、それ以外の時間帯は常時30Mbps超。利用者が増えそうな夕方でも50Mbpsを軽く上回ります。

ソフトバンクエアーはソフトバンク/ワイモバのスマホ回線と同じAXGP方式で接続しますが、基本は固定回線ですので、いくら使ってもデータ通信量による制限は掛かりません(P2Pなどを使った異常な通信は除く)。

☆「SoftBank Air

混雑時を除けばmineo dプランもスマホ用回線としては十分便利に使えるでしょう。

fiimo aプランも結構頑張っています。スタートキャンペーンで3GBプランが無料で8ヶ月ほど使えるのでお試しにはちょうどいいです。パケットギフトやフリータンクは使えないし、高速オン・オフスイッチもなく、管理画面もとても使いづらいですけど。

DMMはお昼時は遅いですが、それ以外はそれなりに早く、料金の安さは業界トップクラスを維持しています。

SBエアーは料金は高いですが、どうしても普通の光回線が引けない事情がある人・短期で引っ越ししたい人・モバイル回線を固定回線代わりに使うには速度・データ量に不満がある人向けです。ギガビットクラスの超高速系光回線ほどではないですが、夜間制限時以外は速いです。

どの程度の量を、どのような用途で、どの程度まで予算を出せるのかを考えてモバイル・固定回線を選んでみましょう。


最後に、私は余ったmineoのパケットデータをTwitter経由でばら撒いています。たぶん今後も毎月あまるので、パケットギフトが欲しい方はツイッターアカウントをフォローしてみてください(´∀`)

☆「https://twitter.com/mobile_hunting

ブログの更新情報の他、スピード重視の白ロム特価情報・値下げ情報などをたまにつぶやいています。


by ke-onblog | 2016-04-30 08:11 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。