白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2016年5月のキャリア下取り金額動向 ドコモはGW増強もauがさらに有利に

4月末にドコモ・ソフトバンク・auの3キャリアは下取りに関するルール・下取り額を一斉に変更しています。

普段は月の切り替わりに合わせて買い取り額が更新されるものですが、先月は変則的だったのでゴールデンウィークを狙ったのか、たまたま4月末に改定を迫られたのかと邪推してしまうところであります。

公式の下取りは状態の良い中古スマホを手放すには勿体ないですが、状態が悪い場合はオークションや買取店より高い評価がつき、割引増・キャッシュバック増につながります。


では、各キャリアの最新下取りプログラムの動向を軽くまとめておきましょう。

☆「ドコモ 下取りプログラム

まずはドコモ。 こちらについては過去記事(ドコモ GW中はiPhone下取り増額!一気に5s/5cは3倍以上の値引き)でも触れましたが、iPhone5s/5cの下取り額が5月9日までというピンポイントで増額されています。

ドコモはこれまで他社に比べて下取りプログラムに力を入れておらず、先月までの下取り額はほとんどの下取り機種はかなり安く見積もられていました。

現在はiPhone5s 22000円、iPhone5c 17000円という額となっており、このレベルなら1~2年通常利用をしてきて本体・ディスプレイに傷があるランクの個体では、買取店査定より多くの割引を受けられるでしょう。

その他の機種は・・・iPhone6 16Gの25000円あたりなら微妙なところでしょうか。ボロボロなら買取店でも2万円は厳しいかもなので。

ドコモはAndroid機種の買取増額はやっていません。au/sbのXperia Z3が3000円とか、そういうレベルなので論外(画面割れ・ジャンクでなく、良品で3千円なのです)。

ドコモの公式下取りは他社・自社端末の買い取り額も低いので下取りプログラム以外の売却方法を検討しましょう。

続いてSB

☆「ソフトバンク のりかえ下取りプログラム

ソフトバンクの場合は、公式サイトに過去の下取り額がすべてリンクとして残されているので変更点のチェックは楽です(笑)

SBの場合は4月29日から買い取り額が変更されました。とくに大きな変更は、これまで「他社Androidスマホなら何でも21600円」という長らく続いてきた買取基準に手が入ったことです。現在2万円割引に使えるのは以下の指定機種だけになってしまいました。
Xperia™ ZL2、Xperia™ Z2、Xperia™ Z3、Xperia™ Z4、Xperia™ Z5、Galaxy S5、Galaxy Note Edge、Galaxy S6 edge、Galaxy S6、Galaxy Active neo、Galaxy A8、Nexus 5X

この中だとXperia Z2,ZL2あたりの傷の多い白ロムだと買取店でも2万円は厳しいので検討の余地があるでしょうか。その他Android機種は10800円割引になるため、化石クラスの古いスマホを安く仕入れて下取りに出した方がいいですかね。

ソフトバンクでは最盛期にはオンラインでさらに1万円分の下取り上乗せが公式施策として行われていたものですが、もうあの頃の下取り額は戻ってこないかも。2014年10月には、iPhone5sが4万円の値引きに使える時代もあったのです(´∀`)

最後にau。今回はauの変更が一番注目です。

☆「au下取りプログラム(のりかえ)

auでは4月末から画面割れが下取りOKに変更されました。これだけでも他社に比べて相当便利になったのですが、買取割引額自体も3社の中では現状トップと言っていいでしょう。

特にauの下取りが強いのはiPhoneシリーズです(機種変更で比べるならドコモの方がちょっと強い?)。

ドコモが期間限定で5sを22kにしたところですが、auでは5sは最大22,680円。本体がボロボロかつ画面が割れていなければ、どちらに出してもたかだか680円の差ではあります。

しかし、画面が割れたiPhone5sでもauは22680円満額行けるそうですよ~。docomoでは画面割れは減額対象で最大6,600円に急落しちゃいます(先月までは良品ですら6千円だったのですけど)。

iPhone4sの15,120円割引もいいレベルですね。SBから撃つ場合は画面割れ4sなら5000円以下で手に入れられるかな?

auのAndroid下取りはソフトバンクの下取り額に似ており、他社Android機種の取り扱いがソックリです。他社その他ケータイ・Android機種は10800円、一部のモデルは21600円というのもSBと同様になりました。


ここまで書いてきたのは、キャリアの公式下取りです。店舗で下取りを使う場合は一部独自施策でさらに買取額アップ(という体の値下げ)を行っているところもあるみたいですね。

4月末に3社が揃って下取りのルールを変更したのが総務省の指示によるものであると考えるのなら、今の下取り水準は長く続かない可能性もあります。逆にこのゴールデンウィークの水準が「上が許すレベル」なのであれば、今後しばらくは現状レベルが続くと見ることも。

連休中は「お役所仕事」で監視が緩まっていることを期待してか、一括0円にキャッシュバックを盛り始めているショップが散見されます。

連休明けにまた総務省から呼び出しを喰らうキャリアが出るかどうか注目しておきましょう。5月に回線を動かしたい人はもちろん、次の大型連休である夏・お盆時期の安売り傾向を予想する需要なバロメーターになるでしょう。

by ke-onblog | 2016-05-02 05:57 | 白ロム転売法 | Comments(3)
Commented by 俄古事記 at 2016-05-04 14:37 x
2年間寝かす古事記はもう儲からないですねぇ~。

今月が解約料のかからない月でしたが、格安運用はもうできないみたいで、解約ですかね。。。
Commented by ke-onblog at 2016-05-04 15:15
>俄古事記さん

今はもう購入サポ・一括割引きがキャッシュバック案件には必須になってきちゃいましたので、格安維持が本当に難しいですよね(´Д`;) 不要な回線はもうキープするメリットが・・・。たまに美味しそうな案件もまだあるみたいなので、最小限での運用が良さそうですね~
Commented by 俄古事記 at 2016-05-04 21:00 x
親用に基本料だけの電話専用SIMにするつもりでしたが、番号が変わるのがダメみたいで、そのまま解約ですね。

6月でUQモバイルも1年で縛りが解けるので自分用に卸す必要もないですし。

iPhone7?が欲しければUQからドコモ系のMNPすればいいですからね。

ここまで格安SIMが広まると通信費節約で素人が、古事記をする必要がないですね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン