白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

AQUOSケータイ用の格安プラン「パケットし放題S for 4G ケータイ」の月月割は?

ソフトバンクの携帯料金プランを見ていて、よく判らない点がありました。

*答えを探してこの記事にたどり着いた方には申し訳ないですが、現時点で結論は未確認です(´∀`;)

昨年末に発売されたソフトバンク向けのスマートフォンっぽい機能が使える「AQUOSケータイ」という機種があります。ワイモバイルでも同型モデルが504SHとして発売されている折りたたみ携帯ですね。

この機種では維持費がとても安い「パケットし放題S for 4G ケータイ」というプランが選べるのですが、このプランは果たして月月割の対象なのか?と。

スマートフォン用であれば、「ホワイトプラン」+「パケフラ」また「パケットし放題 for 4G LTE」を選ぶことになり、フラットでないプランでは月月割(バリュープログラムを含む)が減りますよね。

ソフトバンクのサイトには料金シミュレーションが出来る公式ページが各機種用に用意されています。

そこで機種変更を選択してアクオスケータイ用の料金を出すと、以下のようになりました。
d0262326_7573212.png

アクオスケータイの機種変更は3年分割という変則的な扱いになるので要注意ですが、基本料金はホワイトプラン 1008円+S!べ 324円に加えて選べるパケットプラン「パケットし放題S for 4G ケータイ」は月額0円から使える格安維持向けデータプランです。

この時、月々割の欄には「バリュープログラム適用で最大月月割830円」と書かれていますが、一番下のシミュレート結果では月月割は324円分(税別300円)として計算されます。これは月月割の値引き対象がS!ベーシックだけだからでしょう。

SBの月額割引はプランによって異なることがあるので、ここまではまだ良いです。公式サイトの表記を見ても「月月割830円」が適用されるのは「スマ放題+5GBプラン」を選んだ場合と書かれています(1GBは月月割対象外、2GBから830円になるようです)。

さてさて、問題はここからです。

我が家ではソフトバンクのガラケーで使っている長期回線があります。家族が通話用に使っているのでMNPさせるのも面倒くさく、養分です(笑)

で、その回線を使って機種変更の確認画面に進めばパケットし放題S for 4G ケータイを選んだ場合の月月割が確認出来るかと思って、購入手続きを最終直前までやってみました。

その結果がこちら。画像の一番下に注目です。
d0262326_87103.png

???

月月割が、1320円になってます。この額はアクオスケータイの分割代金と等しくなっており、いわゆる実質0円状態。

選択しているプランは、スパボ適用のホワイトプランR+Sベーシックに、パケットし放題S for 4G ケータイのみ。他のオプションも全部外しています。特別な割引条件や、ポイントによる値引きも使ってないはず。

・・・と、今ここまで書いてきて、一つこの月月割が増額されている原因っぽいものに気付きました。

申し込みの確認画面に、何も入力せずに進んだはずのクーポン欄に「featurephonechangecp01」というのが入っています(本物の画面には日付のようなものも入ってます)。

フィーチャーフォンからの機種変更キャンペーンが適用されているようで、どうやらこれが実質0円を実現する値引きに反映されているっぽい。

と、さらに調べると(今まさに調べながらブログを書いていますw)、やっぱりこのキャンペーンコードがキーになっているのは間違いないですね。

ちゃんと公式に書いてあるじゃないですか・・・

☆「ソフトバンク ガラケータダで機種変更プログラム

60ヶ月以上ガラケーを使っており、対象機種にスパボ適用で機種変更をすると実質0円で買えるというものがあり、今回試した回線はまさにコレに該当します。

S!ベーシックの分は割引されていないことになり、「本体分割代金と同額を上限」として月月割を付与すると特典内容にも書かれていました。

このプログラム、以前は「ガラケー無料交換プログラム」という名前だったはずです。無料交換は店頭のみで、オンラインショップではやっていませんでした。

無料交換は4月27日で終了しており、その代わりにこの「ガラケータダで機種変更プログラム」が2016年4月28日から始まっているのですね。AQUOSケータイへの機種変更もプログラム対象だったために「月月割1320円」の表示になったというわけです(この変更を見逃していました)。

申込画面の途中には一切そういう話は出てこなかったのですけど・・・プログラム詳細を見ると、条件を満たすと自動的に適用される仕組みになっているとのことでした(スパボの加入条件と同じ適用条件なので)。

問題解決!!(横ピース)


・・・いや、解決じゃないですね(´∀`;)

私は「パケットし放題S for 4G ケータイ」に加入した場合に月月割がどうなるのか知りたかったのであって、「ガラケータダで機種変更プログラム」について知りたいのではなかったのです。

5年未満の回線で試さないとわからないので、もう私には検証不可能ということになりました。あとはプリモバ回線しかないので。

ちなみにこの機種変プログラム適用時の維持費は、

・本体分割 1320円
 +ホワイトプラン 1008円
 +Sベーシック 324円
 +パケットし放題S for 4G ケータイ 0円~
 -月月割 1320円

=合計1332~円+ユニバ料金で維持可能です。2円・3円維持には敵いませんが、機種変でこの維持費はそれなりに安いですね。パケ漏れさえさせなければ。

本題に戻って月月割・バリュープログラムの適用条件を見てみると、「パケットし放題S for 4G ケータイ」は対象に入っていません。
d0262326_847373.png

Sベーシックにさえ入っていれば4G ケータイの場合は月月割が効くのでしょうかね。1つめの画像にある料金シミュレーションで出てきた価格は300円分効いていたので、たぶんそういうことなのでしょう。

AQUOSケータイはワイモバイルの方が実は安いので、あえてソフトバンクで新規契約するメリットは少なかったりします。今回はあくまで「機種変更で維持」を前提としていますのであえて調べていたのですが・・・

関連記事:AQUOSケータイ(504SH) SBとワイモバで契約した場合の維持費とサービスの違いを比較

そうそう、上記の記事を書いた時も同じように新規契約時の月月割の取り扱いがちょっと気になっていました。新規だと機種変プログラムを使わなくてもアクオスケータイは実質0円です。

ケータイ用の月月割は2年縛りの「ホワイトプラン」に加入すること自体が条件となるようなので、たぶん5年未満の回線で最安値プランを選ぶと「S!ベーシック分の料金相当の324円が月月割で値引かれる」(月月割の対象となる料金がもっと多ければ、上限830円分まで値引き)ということになるかと思いますが、SBの安い携帯プランに興味のある方は各自調べて見てください。

☆「ソフトバンク AQUOSケータイ


by ke-onblog | 2016-05-04 09:17 | 白ロムコラム | Comments(2)
Commented by tk at 2016-05-04 22:54 x
ころころ月月割の条件が変る為何とも言えませんが多分対象です。
ちょっと違いますがガラケーのりかえ割を使って4Gケータイを買うとSべやパケット定額に入らなくても月月割の対象になります。
ですのでおそらく対象になると思いますよ。
Commented by ke-onblog at 2016-05-05 08:08
>tkさん

情報ありがとうございます!やっぱり対象になるのですね。3Gガラケーと4Gケータイで適用条件が違うのかなと思っていました。

公式シミュレートで一応適応はされているものの、鵜呑みに出来ない程度の信頼度です(苦笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。