白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

話題のハイスペック格安中華スマホXiaomi Mi5 注文後の途中経過

今週月曜日に注文をしておいたXiaomi Mi5、もう日本まで来ています。

到着まで半月~1ヶ月くらいまでは覚悟の上だったのですが、どうやら「注文日を含めて5日」で届きそうですよ~。

今回は無料配送ではなく、DHLを指定して1600円くらい余計にお金を払いました。無料配送だと発送後15~34日掛かるとの表示でしたが、DHLなら3~6日とされており、2週間以上短縮出来るのならたかだが2千円くらいは払っても良かろうと思いまして。

DHLを使うのは初めてではないですが、商品がどこで、どのような過程にあるのか細かく判り、安心感があります。今日の朝、日本のDHLのサービスセンターに届き、すでに税関を通過して搬送処理中に変わっています。

到着予定は明日、5月20日。香港からの購入なので到着も早いですね~

今回購入したXiaomi Mi5のエントリーモデルは中国での定価が3万円強、今回の輸入コストが4万円強(有料のフィルムとケースオプション付き)。

国内の某ショップでは5万円ほどで売られていますので、もちろん個人で輸入したほうが安く手に入るのは間違いないと思います。1万円浮かせたことが輸入のリスクに見合っているかどうかはさておいて、ですが。


話は少しズレますが、海外から電化製品・家電製品を輸入する場合、製品に電池やバッテリーが含まれる場合は空輸に制限が掛かることがあったかと思います。

スマホの場合はどうなのかな~とちょっと心配もあったのですが、特に問題なかったようですね。スマホ1個が送れないなんてことは無いと思ってましたが、DHLでは2016年4月からリチウム電池輸送に関する規約が変わっているらしいという情報があったので(DHL:リチウム電池の発送について)。製品に内蔵されるものはOKで、単体だとダメ?みたいな話でしょうか。面倒くさくて細かく読んでいませんけど(笑)

スマホ関連ではないのですが、以前同じように業務用の製品を海外から仕入れた時に電池が原因で一緒に発送できず、電池だけをパッケージから取り外して別途輸送するという面倒な事態になったこともあります^^; 

日本でも買えるものはお金で解決すればいい話ですが、海外からしか買えない製品もいろいろあるでしょうから、いろんなものを輸入したい場合はジャンルごとにルールを良く把握していないと輸出入規制・輸送規制で時間が掛かったり損をしたりすることがありえるので、難しいものですね。

あとはMi5が不良品・偽物でないことを祈るばかりです(´∀`)



by ke-onblog | 2016-05-19 16:55 | 端末輸入 | Comments(3)
Commented by 肉巻きみたらし団子 at 2016-05-19 17:58 x
お〜楽しみです。
Commented by ブラックサンダル at 2016-05-20 21:52 x
届いたら、xiaomi mi5をメインでデュアルスタンバイで使ってた場合のバッテリー持ちをチェックして欲しいです。悩みに、台湾台北でhonor6 plusでデュアルスタンバイした時バッテリーあまり持たないでした。
Commented by ke-onblog at 2016-05-20 22:20
>ブラックサンダルさん

デュアルにするとバッテリー消費が激しくなることもあるのですね!確かにそれは気になります。

が、前にもドコかで書いたと思いますがデュアルスタンバイの検証は国内ではやりませんので、いつか海外に行ったときにでもやってみますね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。