白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

AliExpressで海外のSIMフリースマホを激安で輸入する方法

1週間前にXiaomi Mi5を購入した際に利用した中国のショッピングサイト「Aliexpress」の体験談&使い方解説です。

AliExpressは中国で最大規模を誇るeコマース企業「アリババグループ」が運営するグローバル向けの通販サイトです。日本で言えばヤフーショッピング・楽天市場クラスでしょうか。中国国内では「淘宝網(taobao」がメインっぽいですが、中国以外の国との売買をメインに扱う通販サイトが「AliExpress」だと考えれば良さそうです。

サイトを見てくれば判ると思いますが、見た目は普通の通販サイトです。一応日本語への翻訳表示も出来ますが、自動翻訳任せみたいでイミフな箇所も多数ありますので英語での表示で確認したほうが判りやすいです。

その代わり、中国系の怪しくて激安なアイテムがいっぱい出品されていますので、他国の通常通販に比べて圧倒的に安く商品を仕入れることが出来る可能性があり、見ているだけでも結構おもしろいです。

中国の通販を使うのはちょっと怖い・・・という人も多いでしょう。私も怖いです(笑)でも、その怖さを乗り越えたくなるくらい、安く買える魅力的なアイテムもあるので、今回は私のつい最近行った輸入体験談をまとめておきます。

購入したのはこちら→「AliExpress.com Hong Kong Dreami Xiaomi Mi5

海外通販の初心者向けにかなり細かく書いていきますので、興味がある方はじっくり読んでみてください。


【ご注意】以下の体験談では何のトラブルもなくすんなりと買えてしまいましたが、中国サイトではやはりトラブル発生率も高いでしょう。問題が発生した時に自分で対処できる・損をするリスクを取れる人だけが使うべきだと個人的には思っていますので、覚悟のない人は高くても安全な方法で買うことを推奨します。


さて、では実際に私が購入した時のスクショを使いながら注文方法を紹介します。まず最低限必要なものとして、支払いにはクレジットカードが必要です(口座からの海外送金でも良いですけど、手数料が高いのでオススメしません)。代引きはありません。

アリエクスプレスで使える決済方法は以下のようにいろいろありますが、日本で簡単に使えるのはVISAかMASTERCARDになるでしょう。私はマスターカードで支払いました。
d0262326_1759275.png

(一覧にWebMoneyというものがありますが、これは国内で提供されている株式会社 ウェブマネーのWeb Moneyとは別物です)

基本的な購入の流れはごくごく一般的なネット通販と同じです。トラブルさえなければ、特に英語が話せる・書けるという必要も無いです。

通販サイトに入り、欲しい商品を検索やカテゴリーから探します。今回はXiaomi Mi5を検索から探しています。
d0262326_1814861.jpg

同じ商品でも複数の販売者が出ますので、自分で商品説明や評価を読み、信頼できるかどうかを良く確かめましょう。怪しい出品者、詐欺出品者もたくさん混じっているそうです(苦笑)
d0262326_1844310.png

今回は「Dreami」という出品者から購入しています。もともと私は読者様にこの出品者の存在を教えて頂いていたのですが、同サイト内の出品の中でも価格が安く、評価も非常に高かったことが決め手です。

商品画面では商品の仕様を選ぶことが出来ます。上記画像ではスマホの容量として32GBモデル・64GBモデル・128GBモデル、カラーの選択、そしてオプションとしてヘッドホンやスマホケースがセットになったバージョンも同じ画面から選ぶことが出来ます。アマゾンの通販でもこんな感じですよね。

この画面で配送方法を選ぶことが出来ます。多くの商品は日本へも無料で送ってくれるものがありますが、無料配送だと非常に時間が掛かる(この商品の場合は15-34日)ので、私は有料でDHLを指定しました。画像の赤丸の印の「V」のところをクリックすると、ポップアップが出ます。
d0262326_181118100.png

これでDHLの方にチェックを入れると、料金表示が変わるはずです。それからページに戻って「カートに入れる」または「今すぐ購入」を選んで、実際の購入を進めていきます。

私は事前にアリエクのアカウントを作っておいたのですが、作らなくてもここでカートに入れた段階で登録が出来る?そうです。以下の手順はアカウントにログインしていない場合だと表示が少し違うかも知れませんが、臨機応変に対応してください^^;

先に住所登録の方法ですが、アカウントにサインインした状態で、以下のメインメニューを表示します。
d0262326_18223763.png

左のメニュー一覧に「Shipping Address」というところがあるので、ここをクリック。
d0262326_18233016.png

表示された空欄に、上記のようにそれぞれ住所や電話番号を入力していきます。書き方は一般的な海外サイトの場合と同じです(中国なのでもしかしたら漢字で書いても良いのかもですが、ローマ字・英語で書きましょう)。電話番号はTelとMobileの2つの欄がありますが、どちらか片方でもOKです。

では購入手順に戻ります。
d0262326_18142898.png

ログインした状態で購入画面に進むと、まず配送先情報が表示されます。名前・住所・電話番号が表示されるので、確認してください。その下にカートに入れた商品が表示されます。
d0262326_18155398.png

出品者にメッセージを伝える必要がある場合はここで入力も出来ます。Mi5の場合だとグローバルROMが焼かれて届くので、もしオリジナル未開封のまま欲しい場合はここで書いておきましょう。
問題なければ一番下の「Place Order」を押して次に進みましょう。
d0262326_18174774.png

続いて支払情報の確認です。支払いの国と方法を選んでクリックします。
d0262326_1819098.png

カード番号、有効期限、名義、セキュリティコードなどを入力します。カードによってはここでオンライン認証などが行われることもあります(私の使ったカードではありました)。

入力後に「Save&Pay」を押すと、支払い登録手続きが完了します。
d0262326_18201159.png

この画面が出たら、もう注文が完了していることになります。ここで「Save the Card」をクリックするとカード情報がアカウントに保存されますが、保存しなくても注文は出来ていますので、登録の必要性を感じないのならしなくても良いでしょう。

ここでホーム画面に戻ると「My Order」のところに注文状態が表示されるはずです。
d0262326_18334469.png

「Order Status」の欄に注文直後は「Payment being verified(支払い確認中)」と出ます。この表示は通常24時間以内に確認され、「Awaiting shipment(出荷待ち)」に変わります。

AliExpressではこの支払い確認後に一定期間内(在庫アリの場合通常は8日?)に発送されることを販売者に義務付けており、その残り時間がステータスでカウントされます。私の場合は注文から3日目で出荷されました。
d0262326_18411258.png

ステータスが「Awaiting Delivery(配送待ち)」に変わっています。

この時点でステータスの横にある「Track Order」をクリックすると、DHLの追跡番号が書かれていました。ただし、このアリエク上の管理画面には5-10日ほど経過してから配送情報(何時に出荷され、どこを通過した~という履歴)が反映されるので、今回は手元に商品が届いてからウェブ上に表示されるというお粗末な状態でした(苦笑)
d0262326_18441295.png

ただ、DHLのホームページではすぐに追跡が出来るようになっているので、配送が始まってからはアリエクのマイページではなく、配送業者の追跡システムをチェックしましょう。
d0262326_18452638.png

DHLの場合はこんな感じで登録され、詳細情報が下に反映されていきます。荷物を受け付けた~DHLの配送センターに到着した~通関手続き中~とか、そんな感じです。
d0262326_1848268.png

DHLのサイト上ではすでに出国→日本に到着した状態にも関わらず、アリエクのサイト上では4日目になっても国を出ていないことになっていました。

私の場合では、注文日を含めて5日目に最寄りの業者として佐川に引き渡しが行われ、その翌日到着しました。DHLから佐川に引き渡すとき?に登録した番号に電話が掛かって来て、配送の時間指定も出来ました。

そして商品が到着し、先日書いた「Xiaomi Mi5(1.8GHzモデル) 購入しました&開封の儀 」に繋がるというわけです。

最後に、商品を受け取ったあと、アリエクのマイページから「受け取り確認」を実行します。これをしないと何度もシステムから受け取ったのかどうかのメールが来るそうです。
d0262326_18525553.png

My orderのところにある「Confirm Goods Recieved」をクリックして上記の画面に入り、ショップの評価とコメントを書いて送信します。そうすることでAliExpressのシステムに預けられていたお金が、販売者に渡って取引が完了するということになります。


以上で中国からSIMフリースマホの個人輸入が完了しました。トラブルさえ無ければ普通の通販と全く同じ感覚で買い物が出来ちゃいます。

今回購入したスマホであれば現地で直接買えば35000円くらいの商品です。今回は有料の配送オプション・ケースオプションをつけたので4万1千円ほどの請求が来ていますが、本体だけならば38000円弱で購入出来たことになります。旅費を考えれば中国まで行って買うより断然安いのです。

日本でもMi5は並行輸入品で比較的安く買えるようになってきていますが、少し前までは5万円を超えていました。中国から輸入するというリスクを負って、1万円くらい安く買ったということになりますね。

ぶっちゃけこのくらいの価格差であれば、たった1回、初めて注文する人にとっては苦労に見合った節約だったかと言われると微妙という感想です(笑) 

海外の通販も慣れてしまえばリスクの潜んでいるポイントを見極め、便利にお得に使えるはずなので、根性のある方は試してみると新しいビジネスの道が開けるかもしれませんね。

世界初 4G 3G 機の Xiaomi シャオミ Mi5 Snapdragon 820 1.8 GHz 32GB 3GB RAM [並行輸入品]

新品価格
¥46,000から
(2016/5/24 19:08時点)



by ke-onblog | 2016-05-24 19:12 | 白ロム転売法 | Comments(8)
Commented by Zoo at 2016-05-24 20:15 x
詳細な情報ありがとうございます。
AliExpressは利用したことがないので、参考にさせていただきます。

個人的に海外サイトではebayをよく利用してました。
日本でマイナーなスマホのケースや保護フィルムなどを買うときには日本のアマゾンよりも安いので利用していたのですが、数度寅ぶりがありました。
商品が送られてこなかったり、袋は届いたけどなかになにも入ってなかったりw
これからも貴重な情報よろしくお願いします。
Commented by ke-onblog at 2016-05-24 20:33
>Zooさん、コメントありがとうございます^^

eBayは個人の出品も多いので、見極めが難しいですよね~。私もどちらかと言えばeBayのほうが安心して利用できると思いますが(笑)、AliExpressでは規模の大きなショップも多いみたいで、商品説明やサポート対応をしっかりと記載している商品は比較的安全に購入できそうな印象でした。

中華系商品はアリエクは相当に安いので、eBayとうまく使い分けられると良いですね^^
Commented at 2016-05-25 12:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2016-05-25 12:46
>ブラックサンダルさん

3ドルは安いですねw 出品地域・配送地域によって多少料金は違うのだと思いますが、私が購入したショップは香港→日本で14.85ドル設定でした。あとは販売者のDHLとの契約状態(個人、小口と大口など)でも差があるかもですね。
Commented by マダオ at 2016-05-25 13:57 x
新しいビジネスの道…(笑)、やっぱり考えることは一緒ですね?
自分もMi4やMi5の国内との価格差は利用価値大だな、
と考えていたところでした。

実は自分も以前話した、Daxian W189をAliexpressで購入しましたが、
普通に届きますよね。
ただ、発送方法を安めの手段を選んだので、
到着までの10日前後かかったような気がしますが、
まぁ許容範囲内ですかね。

でも問題はやっぱり、偽物を掴まされないかということですよね。
中国では、激安のiPhone6Sを注文したら、
「iPhone」と書かれたラベルを貼られたデカいパンが届いたという、
ジョークみたいな話も現実にあったようですしね。
なので、おっしゃれるとおり、販売者の見極めは大事だと思います。
Commented by ke-onblog at 2016-05-25 15:01
>マダオさん

あの折りたたみスマホがアリエク経由だったのですねw 10日で届けばまだ速い方ですよね。今回も無料配送だと最長で1ヶ月以上掛かる可能性があったので、出費の方は妥協しました^^;+1500円でも他の出品者と変わらないくらい安かったので良しとしています。

偽物、発送トラブルが本当に怖いですね。金額が小さいものならまだしも、私は1万円を超えるとドキドキです(笑)特に海外のサイトでのクレカ登録がイヤなんですよね・・・。専用のクレカを作ったり、利用額を下げたりして対策を講じながら少しずつ信頼できる販売者・ルートを確保していくのが良さそうですね~
Commented by momomo at 2016-08-28 19:11 x
AliExpressでクレカで買うかGeekbuyingでPaypalで買うか迷っているのですが、過去記事でke-onblog様はAliExpressでクレカで購入されていましたが、その後使用したクレカで何か不正使用などはありましたか?(笑)
上記のコメントで他の方の怖い中国通販体験談を見るにPaypalで安全をとった方がいいのか、ke-onblog様のAliExpressでの成功例に習いクレカで購入してしまうのもありかな~とも思い・・・。悩みます(^-^;)
Commented by ke-onblog at 2016-08-28 19:43
> momomoさん

今のところクレカを悪用されるようなことは起こっていませんね^^ アリエクスプレスは一応BtoCサイトとしては相当な規模のあるサイトなので、セキュリティについてはそこまで心配しなくても大丈夫なはずです。

アリエクには「Buyer Protection」という表示のあるショップであれば商品不着時の全額返金や記載と違う賞品が届いた場合にセラーとバイヤーの間にアリエクスプレスを仲介して問題解決が出来るシステムはあります。これがPaypalでいうところのクレーム・返金システムです。どちらも私は詳しくはないのですが、手続きさえ踏めばどちらでもちゃんと対応してくれると思いますので、あとはアリエクスプレスをどこまで信用できるかという問題になるのかと思います^^; (違いはPaypalなら操作画面は日本語、アリエクは英語のみというくらいかと思われます)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。