白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Xiaomi Mi5レビュー 実際に使って気に入らない7つのポイント

国内スマホの半額程度でハイエンドクラスのスペックを誇るXiaomi Mi5。コストパフォーマンスは確かに最強クラスだとは思います。しかし、かと言って完全無欠のスマホというわけでもないです。
d0262326_6231445.jpg

まだ使い込むというほど使っていないのですが、私が実際にMi5を弄って感じた不満なポイントを幾つか紹介しておきましょう。

Mi5の魅力から知りたい方はまずこちらをどうぞ → 実際に使って感じたXiaomi Mi5の魅力をとりあえず10項目紹介

幾つかの点は設定や使い方で回避できるので、それも合わせてチェックしてみてください。

【不満点その1】:日本の技適が無い

一番はコレですね。レビューし辛いったら無いです(苦笑) 

でも、それだけです。

【不満点その2】:高負荷を掛けるとバッテリーががっつり減る

電池の持ちが悪いというわけではありませんが、高い処理能力が必要とされるアプリを動かすと急激にバッテリーが減りますね。4K動画はちょっと別としても、カメラやゲームアプリなどを連続動作させつづけると1時間で最大15-20%くらい持って行かれます。

電池容量が3000mAhなので、Mi5が特別早く電池が減るというわけではないです。4Gスタンバイ(国際ローミング)で0.2-0.3%/hくらいの消費ですね。SIMを挿したままデータ通信を遮断しておくと0.1-0.2%/hくらいまで伸びます。

【不満点その3】:タッチバイブレーション設定にバグがある

これはMIUIのバージョンによる不具合かもですが、購入直後はGoogleキーボード入力のタッチに関するバイブレーション設定にバグがありました。

もともとGoogleサービスをサポートしていないUIですし、ここを求めるのは酷かもです。

通常バイブレーションは設定画面からオフ・弱・中・強の4段階で選べるのですが、「弱・中・強」は変わるのにオフにすることが出来ず、キーボード画面にてタッチするたびに振動しちゃってました。

たぶんMIUIのシステム設定がキーボード側の設定に反映出来ていないことが原因です。

でもバイブレーションがオフに出来ない現象は対象方法を見つけたので問題ありません。

タッチ時のバイブを消すには、バイブの設定(Sound & vibration)ではなく Additional Settings→Language & Input→Google Keyboard→「Preferences」→表示されたメニューの「Vibrate on key press」をオフにすればOKです。

【不満点その4】:ホーム画面からMiアプリが消せない

プリインストールされているXiaomiのシステムによるアプリケーション(Contact,Message, Musicなど)は初期状態でホーム画面にアイコンがあるのですが、これが消せません。アイコンの場所を移すことは出来るのですが、非表示には出来ません。

iPhoneのようにフォルダに突っ込むことは出来るので、消せないMiシステムアプリは一つのフォルダにまとめて隅に寄せておくくらいしか対処出来ません(苦笑) アプリ自体のアンインストールも通常出来ません。

他にバグっぽい現象としてスマホでアラート表示が出るとき、ポップアップで出ている四角い領域の背景が濃いグレーで、文字が黒なのでほとんど読めないです。これは表示テーマと色の配色指定が可怪しいのかも知れません。

【不満点その5】:バックキーが右側にある

Android6.0では通常左から「戻る・ホーム・アプリ履歴」の順番でメニューキーが配置されている機種が多いと思いますが、Mi5では左右の機能が逆になっているのがデフォルトです。

変更は・・・多分出来ないかな?慣れれば良いのかもしれませんが、複数端末を一緒に使っていると1台だけ戻るキーが異なるので違和感がすごいです^^;

【不満点その6】:USB Type-Cであること

表裏のないUSBケーブル Type-Cはこれからのスタンダードになるのかもしれませんけれど、正直に言って現時点では他機種との互換性を考えれば不便でしかありません^^;

Mi5の標準同梱品にはUSB-TypeC-USBのケーブルがついていますし、microUSB→Type-Cの変換アダプタも無料プレゼントで貰ったので環境は整っているのですが、自宅・職場ではやっぱり基本的にmicroUSBかLightningの充電機器しか常備してないので、毎回変換アダプタを差し替えて~とやらないといけません。

1台しかスマホを使わないから関係ない? 

またまたご冗談を(・∀・) このブログの読者層は1人平均5台くらい持っていると思います。

ケーブルを他人に借りようとしても、Type-Cで充電できるアイテムの所持率も低そうですね。

【不満点その7】:非防水・防塵

iPhoneだって防水はないのですけど、個人的な好みとしてメイン端末にするなら防水・防塵が欲しいところですね~。また、本体がセラミック+ガラスで構成されているので落とすと簡単に割れそうな感じもします。

ディスプレイガラスはGorilla Glass 4コーティングがされているのでとても滑らかで操作性が高く、「傷つきやすさ」に対する強度は高そうですが、ひび割れに対する強さは別でしょう。どのスマホでも割れるときは割れます(´∀`)


他にも日本語化・FOMAプラスエリア化が思った以上に面倒くさい、セキュリティ面が怖い、対応アクセサリーが国内では少ない・買いづらいといった点もあります。このあたりはグローバルモデル共通のデメリットですね。Mi5は海外では大ヒットしている端末なので、比較的情報は多いのですが・・・

今回はデメリットを敢えて挙げてみましたが、Mi5はそれ以上にメリットが多く仕上がりの良いスマートフォンだと思いますので、良い点・悪い点も楽しめる人には向いていると言えるでしょう。





by ke-onblog | 2016-05-26 06:30 | 端末輸入 | Comments(14)
Commented by SsS at 2016-05-26 10:55 x
購入したmi5のROMは何のバージョンでしたか?
既に前記事で紹介させていたらすみません。
Commented by ke-onblog at 2016-05-26 12:47
>SsSさん

MIUI 7.2.8.0のグローバル版(Stable)と書かれていたと思います。今手元にないので、帰ってからまた調べますね^^;
Commented by ブラックサンダル at 2016-05-26 19:44 x
こんばんは

Hong Kong Dreami さんのxiaomi mi5は香港からの発送ですが?
Commented by ke-onblog at 2016-05-26 20:57
> ブラックサンダルさん、こんばんわ~

はい、そうですね、香港発送でした。
Commented by ke-onblog at 2016-05-26 21:02
>SsSさん へ追記

今調べたところ、「MIUI Global 7.2.8.0.0(MAACNDB), Stable」と書かれていました。 購入後のソフトウェア更新などはしていないので、届いた状態でコレだったと思います。
Commented by SsS at 2016-05-27 01:42 x
ke-onblogさんありがとうございました
Commented by ブラックサンダル at 2016-05-27 10:11 x
Hong Kong Dreamiさんで送料無料でmi5を注文しました。日本で利用してる人の数の多さ(交流)とソフトウェア面の改造し安いさ考えるとmi5にしました。アンドロイドは人気ある方が無難。送料無料で15日かかるですか、丁度これから2週間旅に出るので、全然平気。
Hong Kong Dreamiは香港から発送なので、中国大陸郵政と掛かっわないと思います、ひと安心
Commented by ke-onblog at 2016-05-27 12:55
> ブラックサンダルさん

おぉ~!Mi5にされましたか!珍しい機種を楽しむのも良いですが、Mi5なら現状でかなり安定して使えることがわかっているのでストレスが少ないですよね。

あとは無事に届くのを祈るばかりですね。ご旅行も帰宅後も楽しみですね^^
Commented by ブラックサンダル at 2016-05-28 05:12 x
xiaomi 5電源入れた後、残りRAMいくつですか?
Commented by ke-onblog at 2016-05-28 06:34
>ブラックサンダルさん

1.6GBですね。
Commented by haruno1997 at 2016-06-07 23:54
バックキーは入れ替えが標準で出来ますよ(*'▽')
Commented by ke-onblog at 2016-06-08 05:45
>haruno1997さん

調べてみたのですが、私の所有する端末のバージョンだと出来ないようですね~。海外のサイトで設定方法を見たのですが、ボタン割当メニュー表示が違っている(キーの入れ替えが表示されない)みたいなのです。これもv7.2.8.0.0の不具合のひとつだったのかもしれません^^;
Commented by Yes at 2016-06-16 22:35 x
【不満点その5】:バックキーが右側にある

これについては設定で変更できますよー
Commented by ke-onblog at 2016-06-17 00:00
> Yesさん

ひとつ上のコメントでも教えて頂いたのですが、v7.2.8.0.0の時にはおそらく不具合で選択肢が出なかったのです。最新のver 7.3.5.0を焼いた後には変更できるようになっていましたので、今はバックキーを左にして快適になりました^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。