白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

これも2万円!6月下旬発売Blackview R7 RAM4GB 5.5インチファブレット

もうこのクラスのスマホはアジア圏では2万円で当たり前なのでしょうか?凄すぎますね~

昨晩チェックした「UMI Super」が尋常ではないクラスのコスパの高さで驚いていたのですが、それと同クラスのスマホが海外ではいくらでもあるようです。

過去記事:AliExpressフラッシュセール UMI Super 4GB RAM+4000mAhのスマホが2万円

d0262326_1622212.jpg

「Blackview」というのは香港のメーカーでしょうか。私はほとんど聞いたこともないのですが(苦笑)、そのブラックビューの最新端末「R7」の事前販売セールを昨日UMI Superを扱っていたショップと同じ所が販売しています。

☆「AliExpress Blackview R7

Flash Dealで送料無料、現在の価格で18,325円となっています。

この機種もXperia XAと同じSoC Helio P10 (MT6755) , RAM 4GB, ROM 32GBを搭載、5.5インチのフルHDディスプレイに3000mAhのバッテリーが積まれています。指紋センサーあり。
d0262326_16421927.jpg

ディスプレイは2.5Dガラス。UMI Superだけでなく、これは今季夏スマホのAQUOS ZETA(SERIE,Xx3)やXperia XPも同じです。エッジ部分が丸くなっていて、指あたりが優しいのが特徴的ですね(その代わりフィルムが張りにくそうw)

ベゼルが1.6mmと非常に狭く、ディスプレイの占有率が大きいですね。ボディ背面はアークデザインではないですが握りやすいようにフレームのサイドがカットされているあたりはHTC10っぽいです。

バッテリー容量は3000mAhと普通ですが、9V/2Aの急速充電に対応とのこと。5分の充電で90分の通話が出来るとされています。

*Blackviewのサイトにはニュースリリース時3500mAhと書いてあるように思うのですが、3000mAhに変更されたっぽい?です。

メインカメラは13M,サブが5Mピクセル。メインカメラでは0.3秒のオートフォーカスが可能。

最近国内でも3万円程度で比較的高性能・ハイセンスなスマホがで出てきてはいますが、中国ならもう1万円安いですね。日本で使うためのカスタマイズ費用が+1万円で今の格安スマホが作られているのかな~というのも納得できるレベルです。

デザインはやっぱりちょっと似たり寄ったりなものが多いですが、かつての中華端末で良く見られた野暮ったいものではなく、高級感のあるメタル・ガラス素材を使い、薄く・ムダのない構成をしているSIMフリースマホがここまで安いというのは、スゴイですね。

今季のP9 lite, Freetel REIあたりがこのクラスになるのでしょう。ハイエンドモデルは若干停滞気味な業界ですが、「低価格で高品質」なジャンルはまだまだ進化の余地がありそうで興味深いです。

R7はeBayでも180ドル(約1万9千円)でかなり安いです。

☆「eBay Presale Blackview R7


【クーポン・セール情報】

・「TOMTOP Blackview R7」/6月30日まで10%OFF(169.99ドル)
・「Geekbuying」/6月30日までR7に使える10ドルクーポン  
by ke-onblog | 2016-06-15 16:57 | 端末輸入 | Comments(6)
Commented at 2016-06-15 17:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 肉巻きみたらし団子 at 2016-06-15 18:19 x
いつも有益な情報ありがとうございます。
質問なのですが、日本国内でも対応可能なデュアルスタンバイの機種は現在どれくらいあるのかなと思ってます。
xiaomi mi maxも気になってるのですが可能なのでしょうか?
日本語化はやはり難しいのでしょうか?
素人の質問ですみませんが、よかったら教えてください。
Commented by ke-onblog at 2016-06-15 19:08
>一括さん、情報ありがとうございます!

このくらいの価格なら気に入らなければ取っ替え引っ替え売買を繰り返してもいいですよねw 開封済みでもそれなりの価格で欲しい人はいると思いますし(ΦωΦ)フフフ… 輸入自体が面倒なので一発でお気に入りの端末に出会えればそれに越したことはありませんけども(笑)
Commented by ke-onblog at 2016-06-15 19:13
>肉巻きみたらし団子さん

あ~・・・「日本国内でも」と言われてしまうと、今のところ通常利用可能な機種は一台もないとしか答えられません。Zenfone3の登場を待つのが良いと思います^^;

Xiaomiの端末の日本語化はそんなに難しくありませんでした。ネットで調べればいくらでも情報があり、細かい操作方法も解説してくれているサイトがありますので、それほど心配しなくても大丈夫だと思います。日本語化の操作自体も、Mi5の場合はほんの数分程度で終わっちゃうくらいです^^
Commented by 通りすがり at 2016-06-16 01:40 x
2万円前後なら Xiaomi redme note3 proが性能が言いんじゃないのでしょうか?バッテリー4000つんでるしantutuで7万は超えてますけど.....
Commented by ke-onblog at 2016-06-16 12:03
Redmi Note3 Proを始め、Xiaomi端末は最強クラスですよね。R7はぶっちゃけこの程度のCPUでRAM 4GBも要らないと思いますし(苦笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン