白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

プレミアム化は限定的?バットマンコラボGalaxy S7 edge SIMフリー版が14万円台で発売中

思ったほど値上がりしないのでしょうか。

auからも近日中に発売されると見られる、Galaxy S7 edgeの限定コラボモデル「Injustice Limited Edition」のグローバル向けSIMフリー G935FD版がイートレンに普通に入荷しています。

数量限定販売だと聞いていていたので入手困難、超プレミアム化もありえるかな?と予想していたのですが、それほど大した額でもないですね。

☆「Etoren Injustice Limited Editio Galaxy S7 EdgeDual SIM G935FD

現在の価格は税込み145,734円。

ノーマルのS7 edgeでも8万円くらいはしますので、限定モデルでこの程度なら安いでしょう。実際、eBayを見るともっと高い額まで入札があるようです。

☆「eBay Galaxy S7 edge Injustice Limited Edition

eBayの場合は世界各国のモデルが混じっているので型番にはよく注意して下さい。モデルによってスナドラ820とExynos版があり、ネットの評判を聞く限りではExynos版のほうが良さげです。

関連記事:スナドラ820版より性能が高い?Exynos 8890搭載Galaxy S7 edgeが買えるショップ

EtorenにあるのはExynos 8890搭載のSM-G935FDとなっていますね。これで14万円台(送料まで入れると15万近いですけど)なら、かなり安いほうかもしれません。eBayで今一番安い出品がイギリスのG9350版で13万、その次はもう15万円以上です。16万円以上でもまだ入札が入るようですね。

過去の落札歴を見ると13万~26万円くらいまで幅があります。正規品にはシリアル番号が入っているはずなので、もしかしたら良い番号(ゾロ目や若い番号)は高額化するのかもしれません。

Injustice Limited Editionでは本体のデザインが違うだけでなく、VRアプリの購入に使えるクーポンやケース、Gear VRの限定デザインモデルなども同梱されます。なので通常モデルより販売価格自体が多少高いはずなので、正直取引額はもっと高くなるかと思っていました。

日本では限定100台のみがauから発売されます。販売はオンラインショップのみで、店頭での取り扱いが無いことだけ判明しています。

発売開始は6月下旬とのことなので、もう間もなく確定情報が出るのではないでしょうか。

関連記事:au Galaxy S7 edgeバットマンモデルをオンラインで100台限定発売 約1万6千円のクーポン付き

日本のコラボスマホは残念な評判で終わる機種も多いのですが、今回のバットマンモデルは台数が極めて少なく、ターゲットが比較的高い年代層となるアメコミ原作の映画コラボです。競争率がどの程度になるのかはちょっと私には上手く想像できませんが、コアなファンならば14-15万円くらいは安いものでしょう。

au版を狙うか、海外版を買った方が安くなるのか・・・難しいところですねぇ。





by ke-onblog | 2016-06-18 19:06 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン