白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[クーポンあり]RAM6GB+スナドラ820搭載DSDAなファブレット LeTV Max2 X820

この機種は海外利用に最強クラスの一台です。
d0262326_6193539.jpg

LeEcoまたはLeTVと呼ばれる企業の正式名称は「Leshi Internet Information & Technology」と言い、中国の大手ITメーカーなのだそうです。「LeTV」というのはこの企業がやっているオンライン動画サイトが有名だからなんだとか。

スマートフォン事業を始めてからはまだ1~2年程度で、Le 1, Le 1 Pro、Le Maxというノーマルモデル・ファブレット・超大画面モデルというシリーズ展開をしています。

そのうちの「LeEco MAX2(X820)」は2016年4-5月頃に発売開始された最新モデルで、5.7インチのハイエンドモデルファブレットです。

型番は「X820」のひとつだけ?ネットでは「X821」というモデルがあるっぽい情報もあったのですが、現在ショップで購入できる在庫のバンドを見る限りでは1種類しかありませんでした。

ただ、RAM,ROMが異なるモデルがあります。組み合わせは「RAM4GB/ROM32GB」「RAM4GB/ROM64GB」、そして「RAM 6GB/ROM64GB」の3種類です。

CPUはすべて同じで、Snapdragon820クアッドコア。Xiaomi Mi5ではエントリーモデルだけ動作周波数が落とされていたのですが、Le Max2ではそういうことはないそうです。Antutuなら13万台のスコアを記録しています。

RAM 4GB/ ROM32GBモデルを買うならアリエクが非常に安く、今は300ドルを切ります。

☆「AliExpress New Original Letv Le Max 2

価格は出品者によって多少ばらつきがありますが、最安値クラスで295ドル=約3万1千円が相場です(本体は安いのに送料がめちゃくちゃ高く設定されていたショップもあったのでご注意)。

eBayのほうが安心という場合は、eBayにも複数の在庫が見られました。

☆「eBay LeTV LeEco Le Max 2 X820

こちらは4GB/32GBモデルで336ドル、およそ3万5千円です。

ディスプレイサイズは5.7インチで、フルHDを超える2K(2560×1440ピクセル)。バッテリー容量は3100mAhなのでそこまで大きくはないです。でもQuick Charge 3.0の急速充電には対応しています。本体重量は185グラム。

デザインはファブレットサイズということもあり、あまりスッキリした印象はありませんが、縦156.8mm×横77.6mm×厚み7.99mmでフツーです。指紋センサーは背面にあります。

LTEの対応バンドはグローバルモデルとしても販売されているので結構豊富。
2G: GSM 2/3/5/8; CDMA (BC0 / BC1)
3G: WCDMA B1/2/5/8; TD-SCDMA: B34/39; CDMA (BC0 / BC1)
4G: FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/25/26, TDD-LTE:38/39/40/41

しかも、4G+3Gのデュアルスタンバイ・デュアルアクティブが可能。(日本の技適は当然無いので、ゴニョゴニョ…)。CDMA (BC0 / BC1)対応ということは・・・a,,, americaのVerizonで使えますかね(・∀・)

メインカメラは21.5Mピクセルのソニー製(IMX230 Exmor RS)カメラユニットを採用。フロントも8メガピクセルでまずまずの高性能っぷり。

RAM4GB/ROM32GBとい十分にハイスペックなモデルで3万円です。Paypalが使いたいのならGeekbuyingあたりが良いでしょうか。

☆「Geekbuying LeTV LeEco Le Max 2 X820 5.7inch 2K Screen Android 6.0 OS 4GB 32GB Smartphone

現在の価格は約330ドル。新規会員をすると全商品に使える2%OFFのクーポンが貰えるはずです。

☆「Geekbuying $10 OFF LeTV LeEco Le Max 2 Pro

コスパを考えると4GBモデルでも十分かな~というところですけれど、4GB/64GBモデルを買うなら2%OFFではなく、「VHURINSA」というクーポンを使ってみてください。6月30日までの有効期限で10ドルオフになります。2%OFFクーポンだと9ドル弱なので、10ドル引きのほうがちょっぴりお得です。
d0262326_6173969.jpg

10ドル引きクーポンを使って430ドル=約4万5千円です。Snapdragon820+RAM6GB+ROM64GB+5.7インチ2Kディスプレイ+Quick Charge3.0対応+指紋認証ありで、4万円台です。

バッテリーの持ち具合(動画再生・ネット利用で連続8時間、通常利用で2~3日)という点はディスプレイの大きさ・解像度を考慮すると少し弱いですが、その他は問題無さそうです。

LeTV Max2はまだほとんど並行輸入品も国内に入ってきていないようなので、買いたいなら自力で輸入する必要がありますけれど、コスパはハイエンドファブレットの中ではトップクラスでしょう。
by ke-onblog | 2016-06-21 06:22 | 端末輸入 | Comments(2)
Commented by 一括 at 2016-06-21 20:03 x
こんばんは〜
こちらのメーカー?の端末は評価高いっすね。
X820よりは下位モデルのLeEco Le2 proなんかはコスパが良くて魅力的です。デザインもいいですね。
こちらもa… ゴボッで使えそうですね(笑)もしかしてソフ…ゴホッ〜柔らか銀行のiphone simでAXGPも掴みますか?不勉強ですいません。
Redmi note3proもa…ゴボッで使えそうですし、こんなのが国内で2万円以下で販売されたら大変な事になりますね。
半額セールの端末は差額は技適代と考えれば納得の価格ですね。
Commented by ke-onblog at 2016-06-21 20:33
>一括さん、こんばんわ^^

そうですね~、やっぱり国内モデルと全く同じレベルで使えるとはいえないのかもしれませんが、やわらか銀行の顧客でも家にお庭があればドコでモ使えるのではないでしょうか。銀行員になると一番繋がりやすいかもしれませんね(もう何がなんだかw)

中国メーカーの2015年後半から16年モデルは本当に魅力的な機種が多いですよね!安心して使うには国内MVNOに頑張って技適をとってほしいところですが、Bandをしっかりと国内向けに調整するのってやっぱり大変(予算的にも)なのかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。