白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[40%OFF+クーポン]防水SIMフリータフスマホ Blackview BV6000が1万円台に値下がり

円高効果&クーポン値引きで割安で買えるようになったBlackviewの耐衝撃・防水スマホをピックアップしてみましょう。

日本では防水スマホの需要が強いため、当たり前のように多くのスマホは防水・防塵機能を備えていますが、SIMフリーモデルのスマホではまだまだ防水仕様のモデルは少なめです。

最近ではGalaxy S7シリーズが防水仕様になったのでハイエンドモデルが欲しいという欲求を満たしてくれる一台になっていますが、Blackview BV6000もまた尖った機能を持った端末で面白いです。
d0262326_11473067.jpg

http://www.blackview.hk/

BV6000のディスプレイサイズは4.7インチなのですが、けっして小型スマホではありません。耐衝撃スマホとして京セラのTORQUE, Galaxy S5 Activeのような頑丈スマホがありましたが、このBV6000もその系統です。非常にゴツい作りで重量は247グラムもあります。

でもメタルフレームで剛直さを感じさせるデザインは好きな人は好きかもですね。

-15℃~55℃で利用が可能、標高5000mでも動くそうです。防水・防塵・耐熱など各種の防御力が高いモデルですがそれだけではありません。高性能スマホとは比べられませんけれど、値段の割にスペックも悪くないのです。

まず画面4.7インチのHD仕様。このサイズでフルHDの機種もAQUOSコンパクトなどがありますが、Xperia Z5 compactだって4.6インチでHD解像度です。2万円のスマホなら十分でしょう。

CPUはMediaTekのHelio P10 (MT6755) 。最近このブログでは何度も登場していますが、Xperia XA,Xperia XA Ultraと同じチップです。オクタコアでAntutuのベンチスコアは4万台後半くらいなら出るようです。RAMは余裕の3GB。

バッテリー容量は超大容量の4500mAhなのですが、公式サイトの表記を見るとHD動画再生で8時間、ウェブブラウジングで15時間くらいとされています。普通この容量ならもっと持ちそうな印象ですが・・・まぁ、格安スマホですし(苦笑) 5V2Aの急速充電にも対応しています。

カメラは13Mピクセル/フロント5Mピクセルで特に特徴はないですが、防水仕様と合わせて水中撮影が可能になっています。シャッターは物理ボタンを使うようですが、一般的な「防水スマホ」では水の中に入れて操作することを前提にしていない(通常は静止させて水をかけたり沈めたりする規格)のですが、ハードな使い方をしても大丈夫なようですね。


で、このBV6000は定価は250ドルくらいみたいなのですが、TOMTOPで6月23日~7月23日まで使えるクーポンが出ています。

☆「TOMTOP Blackview BV6000 4G Tri-proof Smartphone 40%+Extra10$ OFF

追加値引きクーポンコードは「10BV6000」です。カートに入れてから適用すると、40%OFFの199.99ドル→さらに10ドル引きになります。
d0262326_1155753.png

クーポン適用時の価格はざっと調べた限りではアリエクより安く、最安値でした。

189ドルとして1ドル102円計算なら1万9千円台です。TorqueのSIMフリー版もかなり国内でも安く買えるようになっていますが、全体のスペックはBlackview BV6000のほうが上でしょう。

対応バンドは以下のとおり。
4G LTE/ 1800, 2100, 2600, 800 MHz
3G/ 1900, 2100, 900 MHz
2G/1800, 1900, 850, 900 MHz

それほどLTEバンド数は多くないですが、B1はあります。海外でアウトドアを楽しむときに持って行くとこういうスマホは便利そうですね~。
by ke-onblog | 2016-06-25 11:59 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。